プロフィール

鈴木 ゆり子(すずき・ゆりこ)
1950年、群馬県生まれ。東武伊勢崎線の羽生駅西口前に、不動産の賃貸・売買・仲介・管理を行う店舗をオープン。

2007年8月ダイヤモンド社より「専業主婦が年収1億の大家さんに変わる方法」出版

INDEX

カテゴリ記事一覧

月別アーカイブ

リンク


BlogTOP > ふと思いついた独り言

2017年05月23日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.474
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】
アパートの入居者様が出すゴミ箱を見たことがありますか・・・

アパとのゴミ箱の掃除をしていますか・・・

アパートの中で汚れているところを大家さんが掃除をしている・・・
それを見ている入居者さんがいます、
そして、そこを通りかかった入居者に声をかけましょうね・・・

「おはよう」「おかえりなさい」と、
そこから立ち話やアパートの情報がもらえるときもあります、

もちろんゴミの出し方などの情報もありますよ・・・
その一つ一つがアパートの良い流れを作ります。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=02357&mail=yuriko@suzuyosi.org
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。


※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際は、
「鈴木ゆり子によれば、」と、必ず出典を明らかにしてお使い下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴木ゆり子の「大家塾」
http://www.ooyajyuku.net/

Email:book@ooyajyuku.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿者 yuriko : 13:40 | コメント (0)

2017年05月04日

5月の連休真っ只中・・・・

お部屋床の間のお花です♪♪Ю―(^▽^o) ♪今日も元気でいきましょうρ( ^o^)b_♪♪
5月の連休真っ只中・・・・どこに行っても人でいっぱいなので家でのんびりです・・・

投稿者 yuriko : 10:45 | コメント (0)

2017年03月20日

NO3 おばちゃん大家の鈴木ゆり子です。

 そして、これから新しくたてて10年くらいはそんなに心配しなくても満室に近い状態を保てるのです・・・物件設備も新しく、もちろん新築物件ですから、建物もお部屋もきれいですから・・・10年たったところからが勝負なのです・・・。新築から10年もたつと、回りに賃貸物件が増えています。1年に3棟新築が立つと、10×3=30・・・10年で30棟の競争相手ができるのです、そこに今までの古くなっているアパートとの競争もあります。賃貸物件に人気の場所は特に賃貸建築営業が「人気エリアで満室になります」と言って営業攻勢をかけますて、そのためにたくさん建っているように感じます・・・。
 これからの日本は人口がへってきます、羽生の田舎ではお年寄りが多く、若い人の人口割合がなかなか増えません・・・。お部屋を借りてもらえる人は若い方が多いです・・・70~80歳の方では少し心配ですし・・・羽生ではお年の方が田舎ですので持ち家が多いのです。そんな中で新築から10年後をどうするのかを考えておいてくださいね、甘い見積もりではなく、きつめの見積もりで行きましょうね?。

投稿者 yuriko : 16:29 | コメント (0)

2017年02月28日

NO2 おばちゃん大家の鈴木ゆり子です。

少し時間が空きましたが続きを書いていきます。
NO2
アパートの草取りや掃除をしていて少し入居者さんと親しくなってくると「大家さんていいね、すごい儲かって?」とよく言われます・・・そこで自分の身支度を見てください・・・高そうな車に乗って、アパートの点検や用事を済ませに行っていませんか・・・入居者さんはそれを見て「アッ、俺の家賃がいい車になった。」とか「大家さんはいいよな・・・家賃であんなにいい生活ができるんだ。」とおもわれるのです。そうすると、トラブルが起きた時にうまくいく話がうまくいかなくなることもあるのです・・・だからそれなりの身支度で行ってください。入居者さんと同じくらいの身支度・・・格好をしていくかちょっとしたくらいの身支度が一番です。私みたいに「割烹着」に「麦わら帽子」が一番です、この支度ならただ立っていているだけでも仕事をしているように見えます。トラブルの時も割烹着で行きます。割烹着で入居者さんのところに「どうしたの・・・何かあったの?」と行くだけでも「アッ、おばちゃん」となってわりと話がスムーズにいきます。・・・NO3に続く。

投稿者 yuriko : 11:55 | コメント (0)

2017年02月08日

鈴木ゆり子のチョコット一言

【今回の一言】
ご縁を大切にと言いますね・・・

ご縁を大切にと言いますが・・・
ご縁ができてもそのままにしておいて、
いつの間にかご縁が切れてしまうことは多々あります・・・

ご縁(5円)を10円.15円(2倍3倍)にするのか・・・
5円を0円(縁が亡くなる)してしまうのかは

あなたの心がけ次第です・・・ご縁を大事にできたらよいですね。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際は、
「鈴木ゆり子によれば、」と、必ず出典を明らかにしてお使い下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴木ゆり子の「大家塾」
http://www.ooyajyuku.net/

Email:book@ooyajyuku.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿者 yuriko : 07:57 | コメント (0)

2017年02月05日

おばちゃん大家の鈴木ゆり子です。

 「皆を幸せにするー幸せけちの大家業ー」
皆さんこんにちわ・・・おばちゃん大家の鈴木ゆり子です・・・。会場拍手

割烹着だけは新しいのを着てきました。この帽子は昨日も草取りの時に使っていました。
いつもこんな格好で、大家としてアパートを回っています。もっときれいな格好をして、指輪もしていたいんですけど、入居者さんとあまりかけ差がつきすぎると・・・・・。

よく思うんですね、大家業って確かにお金がいっぱい入ってくる方もいるし、うちの方の羽生(埼玉県羽生市)みたいに、2DKで一番安いところで2万9000円ですよ。そういうものですと、あまりもうけは出ないのです。だから自分で体を動かして、それで何んとかやりくりしているっていう感じなんです。入居者さんとあまりかけ離れた格好をしないことも、大家としての心がけの一つなのです。


思いつれづれに講演や取材の時のことを書いてみます。

投稿者 yuriko : 13:54 | コメント (0)

2016年10月26日

我が家の庭にも秋真っ盛り・・・

我が家の庭にも秋の七草の萩が真っ盛りです・・・・
暑い暑いと思っていましたらいつの間にか秋です・・・ハロインが終わり(10/31)すぐにクリスマス・・・お正月と続きます・・・早いですねー1年が立つのは・・・今日は暖かい一日になっていますが明日は寒くなるようです・・・今年の気候は暑くなったり(今日は25度)急に肌寒くなったり(昨日は17度)体がついていくのが大変です・・・それでも四季は回っていますのでこれから冬に向かっていくのは確実ですね・・・人生も重ね合わせて考えてみると、良いことばかりではなく、自分にとっていやなこともあります・・・でも、悪いことばかりでなく、良い(幸せ)こともあります、春が来て・夏が来て・秋が来て・冬が来る・・・お釈迦様の教えにあったような気がします・・・。

投稿者 yuriko : 15:25 | コメント (0)

2016年10月04日

♪お昼です・・・

先日のことです・・・
今から♪お昼です。(><*)ノ~~~~~たぺ終わったら勉強会へ出発♪♪Ю―(^▽^o) ♪きょうは相続の勉強での実務についてです・・・


いいね!他のリアクションを見る
コメントする シェアする

投稿者 yuriko : 07:01 | コメント (0)

2016年04月26日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.418

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.418
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】

アパートの入居者さんとの距離(関係)は
遠い親戚の関係が一番ですよ・・・

遠い親戚は普段は連絡などないのがほとんどですが、
何か困った時に頼ってきます・・・

入居者さんもそうですが、それでよいのです・・・
その時には、こちらが親戚の心(親しみの心)で対応すると
うまく心が通じます。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=02322&mail=book@ooyajyuku.net
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。


※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際は、
「鈴木ゆり子によれば、」と、必ず出典を明らかにしてお使い下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴木ゆり子の「大家塾」
http://www.ooyajyuku.net/

Email:book@ooyajyuku.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿者 yuriko : 15:13 | コメント (0)

2016年04月02日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.414

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.414
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】
新しいことへの挑戦は破壊から始まる・・・・

新しいことを始めるということは、
今あることの上に積み上げていく事ではなく・・・
いったんあるものを壊して(破壊)
それを土台として新しい力(想像)を作り上げていくなら、
土台が新しくなり、そこからまた新しい力(想像)が始まり、
つながっていきます。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=02322&mail=book@ooyajyuku.net
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。


※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際は、
「鈴木ゆり子によれば、」と、必ず出典を明らかにしてお使い下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴木ゆり子の「大家塾」
http://www.ooyajyuku.net/

Email:book@ooyajyuku.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿者 yuriko : 17:35 | コメント (0)

2016年03月10日

チョコッと一言をお送りいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.411
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
家や土地は天(国家)からの預かりものです・・・。

家を買った(建てた)、土地を買ったと喜んでいますが・・・
本当にそうでしょうか・・・・?

裏側から見てみれば・・・国から名義を借りているだけでは・・・?

買った時は取得税・・・持っているときは固定資産税・・・
払えなくなれば取り上げられます・・・

お国からの預かりものと思いませんか・・・?

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 17:35 | コメント (0)

2015年09月30日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.385

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.385
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net

【今回の一言】
大家業の苦情に生活音の苦情が多いです・・・。

生活音の苦情は受け取る側の「感性の違い」が原因のことが多くあります。
もちろん、朝早くのボリュームの上がった音楽の音や夜中の洗濯機音などは
ご本人へのアドバイス(注意)も必要です。

その中に子供の声や二階から一回への足音などは子供ですから
なかなかうまくいきませんね・・・

そんな時には下の方や、両隣の方とのコミニュケーションを取っていただくよう
大家さんがアドバイスしてみては・・・

同じ音でも「悪がきが・・・」と思ってと聞く音と
「かわいい孫が・・・」と思って聞く音では雲泥の差が出ます。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769

投稿者 yuriko : 17:50 | コメント (0)

2015年09月22日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.382

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.382
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
チョコッと一言をお送りいたします。

【今回の一言】
王道はない・・・成功するまであきらめないことです。

成功した人のまねをしても「必ず成功する」はないですよ・・・。
成功する人と、しない人の違い(スパイス)は努力と知識(勉強)を持つこと・・・
そして実行する・・・失敗しても「なぜ」と問い続けて、修正して・・・又、実行・・・
成功するまであきらめないことが、成功への王道です。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=01335&mail=yuriko@suzuyosi.org
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。


※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際は、
「鈴木ゆり子によれば、」と、必ず出典を明らかにしてお使い下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴木ゆり子の「大家塾」
http://www.ooyajyuku.net/

Email:book@ooyajyuku.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿者 yuriko : 09:53 | コメント (0)

2015年08月18日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.382

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.382
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
〇〇 様

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
王道はない・・・成功するまであきらめないことです。

成功した人のまねをしても「必ず成功する」はないですよ・・・。
成功する人と、しない人の違い(スパイス)は努力と知識(勉強)を持つこと・・・
そして実行する・・・失敗しても「なぜ」と問い続けて、修正して・・・又、実行・・・
成功するまであきらめないことが、成功への王道です。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=01335&mail=yuriko@suzuyosi.org
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。


※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。た

投稿者 yuriko : 17:41 | コメント (0)

2015年05月10日

昨日は武蔵小杉に行ってきました。

昨日は武蔵小杉に行ってきました。
その電車の中での出来事です。電車にお上品な、おばちゃんが乗って来ました。(アッ、私もおばちゃんでした…自分の顔は鏡がないかぎり見えませんのでいつも忘れています。)座るとすぐに私でないおばちゃんは靴を前の壁に押し付けているのです、壁が汚れるので声をかけましたら、睨み付けられてしまいました。同じおばちゃんとしては複雑な心境です、・゜・(つД`)・

投稿者 yuriko : 10:10 | コメント (0)

2015年04月29日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.367

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.367
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】
やらないよりやった方が良い。

やりたいけど、失敗するか成功するかわからないと思い
迷っているなら、やった方が良い・・・。

全力を尽くして、自分の持っている全知恵を出し尽くして成功したら
大きな喜びが得られます。

もし、同じに全力を出し尽くして失敗しても大きな糧となり、
次への力となります。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=02001&mail=book@ooyajyuku.net
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。


※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際は、
「鈴木ゆり子によれば、」と、必ず出典を明らかにしてお使い下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴木ゆり子の「大家塾」
http://www.ooyajyuku.net/

Email:book@ooyajyuku.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿者 yuriko : 08:44 | コメント (0)

2015年04月19日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.365

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.365
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】
努力は報われるって本当ですが・・・・。

無理は他人に任せることも大事ですよ。

できる努力はたくさんすれば自分のためになります・・・
(報われる努力)

できない努力は他人に任せることです・・・
(できる人に任せて自分のパートナーになってもらう)

できる努力をするには、自分の適性を知ることです。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=01335&mail=yuriko@suzuyosi.org
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。

投稿者 yuriko : 18:29 | コメント (0)

2015年02月10日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.356

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.356
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】
わからないことは恥と思わずに何でも聞いてみることです。

最初のころはなんでも、わからないことや疑問に思ったことは聞いたり
調べたりしましたね・・・。

私もそうですが、年齢を重ねてきたり、プライドがついてくるとなかなか
他の人に聞くことができなくなります・・・

初心を忘れないということは本当に難しいことですね。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=01335&mail=yuriko@suzuyosi.org
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。


※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際は、
「鈴木ゆり子によれば、」と、必ず出典を明らかにしてお使い下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴木ゆり子の「大家塾」
http://www.ooyajyuku.net/

Email:book@ooyajyuku.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿者 yuriko : 07:48 | コメント (0)

2015年02月09日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.354

━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.354
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】
人生の時間は平等ではないが・・・一日の時間は平等ですね。

人生の時間は確かに平等にはいかないのですが・・・・
でも考え方では、一日24時間は平等ですね。

その24時間をテレビをただ見て時間を過ごすのと、
一日の少しの時間でもコツコツと勉強(好きなこと)をしていけば
10年後はどのように変わってきますか・・・

その積み重ねです。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=01335&mail=yuriko@suzuyosi.org
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。


※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際は、
「鈴木ゆり子によれば、」と、必ず出典を明らかにしてお使い下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴木ゆり子の「大家塾」
http://www.ooyajyuku.net/

Email:book@ooyajyuku.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿者 yuriko : 19:30 | コメント (0)

2015年02月03日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.353

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.353
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net

〇 〇 様

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
商売とは金を得るものですが・・・それだけではうまくいきません。

商売はお金を儲けなければ商売になりませんね・・・
でも、金・金・かね・・・ばかりでは長く続きませんね?

商売はおかねを儲けることも大事ですが、人とのつながりです。
人と人・・・人を得るのも仕事の一つです・・・一人では何もできませんね。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=01335&mail=yuriko@suzuyosi.org
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。


※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際は、
「鈴木ゆり子によれば、」と、必ず出典を明らかにしてお使い下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴木ゆり子の「大家塾」
http://www.ooyajyuku.net/

Email:book@ooyajyuku.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿者 yuriko : 18:06 | コメント (0)

2015年01月22日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.350

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.350
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】
成功するには・・・

儲かるとか、儲からないかで選んでいるうちはダメ・・・。
チャンスをものにするか、しないか・・・で決まります。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=01335&mail=yuriko@suzuyosi.org
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。


※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際は、
「鈴木ゆり子によれば、」と、必ず出典を明らかにしてお使い下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴木ゆり子の「大家塾」
http://www.ooyajyuku.net/

Email:book@ooyajyuku.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿者 yuriko : 17:24 | コメント (0)

2015年01月20日

朝、4:00です・・・

 今、日テレで朝4:00のニュースが始まりました。
朝一番の私のお決まりごと・・・昨日のニュースのチェックです。
今日は大寒だとニュースで言っています・・・今日はどうにか一日晴れで明日からお天気が崩れてきそうですね。冬山では遭難が相次いでいます・・・大事な一つしかない、自分のためだけではない命・・・大切にしてください・・・。
外はやはり寒いですね。

投稿者 yuriko : 04:00 | コメント (0)

2015年01月19日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.349

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.349
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】
うまくいっている時には教えに飢えることはない。

うまくいかない時にこそ「自分に足りないことは何?」
と思い、教えが心にしみこんでいきます。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


「配信解除」は、下記リンクをクリック下さい。
http://yumehouse.sakura.ne.jp/cgi-bin/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=118680975128769&md=cancel&userid=01335&mail=yuriko@suzuyosi.org
クリックで「即解除」となりますのでご注意下さい。


※「鈴木ゆり子のチョコッと一言からの引用」は著作権により保護されていま
すが、ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際は、
「鈴木ゆり子によれば、」と、必ず出典を明らかにしてお使い下さい。

投稿者 yuriko : 16:30 | コメント (0)

2015年01月06日

新年明けましておめでとうございます♪。

新年明けましておめでとうございます♪。スズヨシのネコの空と海です。今年もよろしくお願いいたします♪♪♪

投稿者 yuriko : 19:23 | コメント (0)

2014年10月27日

花が咲いています。

今日はアパートの草取りをしています♪
草取りをしていて隅に花が咲いています。
塀の隅のゴミのたまっている所にも一生懸命花は咲いています.
種がとんだ所が全て、良くも悪くもその環境ですべてを出しきり、花を咲かす為、全力で生きる.
アーダコーダ言わない。
小さな花を見ていて、少し感傷的になっています。

投稿者 yuriko : 07:26 | コメント (0)

2014年09月16日

電車が人身事故で・・・

先日の野口塾の帰りの電車が人身事故で電車が動かなくなりました!!役、一時間遅れてやっと発車!!羽生駅前に着いたのは12時近く、くたびれました。


投稿者 yuriko : 16:45 | コメント (0)

2014年07月24日

アツいですねー。

 あついですねー。梅雨が明けたと思ったら急に気温が上がって昨日、今日は30度越え・・・。33~35度です。体がついていきません・・・・昨夜はほんとアツかった・・・猫と一緒に部屋の涼しいところを探して猫と枕を抱えてあっちへゴロン、こっちへゴロンと家の中をうろうろしてなかなか寝付けませんでした。今日は今、外は曇りです・・・夕立が来るとよいのですが・・・涼しくなって少しは寝やすくなるのですが・・・・アツくて嫌ですねー、夏は暑くていやだといい、冬は寒くていやだといい、わがままは良く良くわかっているのですが・・・それにしても熱いー・・・・

投稿者 yuriko : 14:29 | コメント (0)

2014年07月14日

夏風邪をひいて・・・

 今日も湿度が高く、気温も上がるようですね・・・(今、午前10:40)まだ梅雨が明けないのでしょうか・・・・蒸していてエアコンが恋しいのですが、まだ、今の時間、午前中はエアコンは我慢です・・・30度過ぎたら考えます、今日は午後からエアコンが必要になりますね・・・私はエアコンの風が嫌いです、温度も外との温度差がありすぎるとその差で体がおかしくなります・・・・。暑い時は暑く、寒い時は寒くないと作物にも悪いですし、大げさに言うと暑い時に涼しく、寒い時に温かくしすぎているから外の空気も変になってきているのですよね。箱の中を涼しくするのは良いですがその冷やした反対の熱くなった空気は外に出して自分のところだけ良ければいいやと最近どこの箱の中(建物)もそうですね・・・・。そうしないとお客様にも来てもらえない・・・・そうして熱くなった空気を外に捨てる(自分のところのお店もそうです・・・)外に捨てるから、また外が暑くなり箱の中が熱くなる、なお一層、箱の中を冷やす・・・の悪循環のような気がするのですが・・・でも、きれいごとばかりも言っていられなく、私のところでもさすがに30度を越してくるとエアコンを入れないと仕事が進みません・・・まだ夏本番前なのに体がついて行かないのはやはり年のせい・・・ですか・・・暑さのせいですか・・・。

投稿者 yuriko : 10:38 | コメント (0)

2014年05月28日

東京電力から電話がありました・・・

 今、東京電力熊谷支社から電話がありました・・・「〇〇さんのお電話ですか・・・」とのこと、私は???となり、「なんですか」と聞きましたら「〇〇さんのお電話でないでしょうか。以前この携帯から〇〇さんの電気の開線依頼があったときの電話番号でしたのでかけさせていただきました。」とのこと、でもその方は2年ぐらい前のことでその時は携帯電話を忘れたとのことで私の携帯からかけたのです、その時に私は「この電話番号は消しておいてね、たぶん東京電力さんは残しておくでしょうから頼みますね」とお願いしています。でもちゃんと履歴で残しておくのですね。やたらと番号は出してはいけないですね・・・そのための非通知があることが今回よくわかりました。なるべく個人情報は(携帯番号や住所など)出さないようにしていても収集されていることがよくわかりました・・・こわいですねー!!

投稿者 yuriko : 09:55 | コメント (0)

2014年05月07日

今日は本当に良い天気ですね・・・

 今日は本当に良い天気ですね。昨日は寒いくらいでしたのに・・・。
昨日は連休最後のお休み日は赤羽で講演をしてきました。おかげさまで満席でした、主催者様のお話では今日も私の講演を聞きたいので立ち見でもよいのでとの電話がありましたとのことでうれしい限りです。昨日のお昼に赤羽駅の近くの中華屋さんでお昼を食べましたらその中華屋さんは中国の方のお店でした・・・何にしようかと迷ったのですが麻婆豆腐定食を頼みました・・・おなかペコペコでしたので食べたのでしたがちょっと味が違っていました・・・日本人好みの味ではなく私には食べられませんでした・・・中華の本場と日本の中華とはやはり味が違うのですね・・・。そういえばお昼(11:50)だったのにお客様が私一人でした、連休の最後の日なのでお客様がいないのかはわかりませんが私は半分も食べられずにそのまま講演会場に行きました・・・。育った環境の味覚は一生忘れないものなのでしょうか?私は田舎の農家で育ったものですから、たくあんなどの漬物が好きです、ご飯と白菜の漬物があればそれだけで何もいらない、できたら塩鮭の焼き物があればもう何もいらないほどです・・・子供のころの食生活がいかに大切か、食について少し考えさせられる一日でした。


写真は自宅近くの道路脇に咲いていました「つつじ」です。春真っ盛りですね。

投稿者 yuriko : 14:32 | コメント (0)

2014年04月30日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.314

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.314
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
大きな仕事ばかりでなく、細かいことや小さい仕事の積み重ねがプロになります。

どんな仕事にでも、大きな仕事(目に見える仕事)や、小さい仕事(あまり目立たない仕事)があります。

大きな仕事ばかりでは安定が有りませ。
大きな仕事と小さな仕事をうまく組み合わせることによって基盤が安定するのです。

石垣と同じです・・・
大きな石の間と間に小さな石を入れて安定させます。

小さな仕事をしっかりすることにより、大きな仕事がしっかりするのでは無いでしょうか。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 14:08 | コメント (0)

2014年04月19日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
その土地の特徴は地元の長老に聞いてみる事。

家(アパート)を建てるときは、昔その土地にどんなことがあったか聞いてみてください。

たとえば昔、そこには家があったが火事で焼けてしまったとか。
大昔、地震があった時には水が出てきた・・・。
昔、ここは山がありそこを削って平らにした・・・。

いろいろなことを、できるだけ調べて参考にしてみてください。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 10:21 | コメント (0)

2014年04月14日

鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.312

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.312
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.n

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
間口を広げると奥行きは浅くなり、間口が狭ければ奥行きは深くなります。

何のことだと思いますか・・・知識・仕事のことです。

いろいろなこと(知識・仕事)を幅広く勉強(手を広げると)すると
どうしても間口は広くなりますが奥行きは浅くなります。

反対にいろいろなことはあまり知らなくても、一つのことだけを
突き詰めていけば、そのことについては奥深くまで突き進むことができます。

広く浅く学ぶか・・・狭く深く探求するか・・・

あなたはどちらですか・・・?

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 18:48 | コメント (0)

2014年03月19日

今は新規お部屋探しの・・・

  この時期は新しく社会人になったり入学のお客様が非常に多いです。私も3人の子供を育てましたから親御さんの心配もよくわかるつもりです・・・・。そんな中でも最近の親御さんは良い言い方ですとと子供のことを思ってのことと思いますが子供さんと一緒にご来店される方が多いですね。多いというより全部と言っていいほど必ずいっよに来店します(未成年の方は当たり前と思いますが二十歳過ぎた子供でもです)。なかには一人の子供さんにご両親やおじいちゃんおばあちゃんなどと、入居者一人にその他の方が4人、5人というときもあります。
 私の子供もお部屋を探しに行ったことはありますが親はついて行っても一人で家族総出ということはなかったように思います・・・最近は(こんな言葉が出るということは私が歳をとってきたといううことですね?)子供さんをかわいがりすぎるというか過保護と言いますか・・・親としては心配でしょうが、子供が世の中で少しぐらいの失敗や間違い、勘違いで痛い思いをすることも必要だと思います(取り返しのつかないような失敗でない限りは、小さい失敗はしてもいいかなとおもっています)それも勉強です。親切にされたり、そうでないこともされたりしながら育っていくというか、それが肥やしになって本当の大人になっていくのだと思います。
 私も若かりし頃はよいことも悪いことも、嫌な思いも、反対に親切にされてうれしかったことなどなどたくさんありました。子供には「何かあったら命かけてお前を守るからここへ帰っておいで」と言って送り出してあげれば、子供は安心して外で活動することができるのではと思っています。
 今日もアパートの退室の方(30歳過ぎました男子です)に、立派なご両親がついてきました。お母様がしっかりした方でご本人様はいなくてもよいように思いました。親があまり、立派すぎると子供は大変ですね、親は少しずっこけぐらいが良いのでは・・・。

投稿者 yuriko : 13:43 | コメント (0)

2014年02月24日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.304

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.304
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net

鈴木ゆり子 様

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
アパートをいつも見て(看て)いましょうね・・・。
満室になると気が緩みどうしてもアパートから足が遠のきます・・・。

アパート経営とはいかに満室を続けるかで収入に大いに影響します。
今の満室を、いかにひと月でも長く続けられるかが勝負です・・・

それには、今いる入居者さんをいかに自分のアパートに引き付けて
いられるかですよ・・・
だって満室になれば次は必ず空室ができることは100%確実
だからです・・・

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 07:25 | コメント (0)

2014年02月20日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.303

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.303
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net

〇 〇 様

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
青色申告をしてますか?

申告の時期ですね。青色申告をしていますか・・・
ぜひ青色申告をしてください。

青色申告を始めるときは、青色申告をしますと届け出をします。

青色申告をすることによって特別経費が認められ、
税金が安くなります。
あとは税理士さんに頼むのが良いですよ。

税理士さんの費用は、安くなった税金で賄えることが多いですよ。

----------------------------------------------------------------------

投稿者 yuriko : 10:30 | コメント (0)

2014年02月16日

スズヨシのアイドル猫「空」です。

 スズヨシのアイドル猫はお店に全部で4匹います。もちろん、全部去勢や避妊がしてあります。
その4匹のねの一匹が猫の「空」です。クウと呼び、オス猫です。
「空」は臆病でさみしがり屋で食いしん坊です。
私の膝が空いて一人でテレビなどを見ているとすぐにそばに来てゴロンとなります。
他のねこ「海」(カイ)と仲良しで最近はストーブがついているときは2匹で毛づくろいをしあいながらストーブの前を離れません・・・・真っ白な美男子(美雄猫)なはずがいつも外に出て行って黒くなって帰ってくるので毛が白から灰色になっていることが多い猫なんです。寝ているところは本当にムチャカワですね。

投稿者 yuriko : 08:00 | コメント (0)

2014年01月28日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.302

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.302
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〇 〇 様

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
お金は使うもので使われるものではないですよ。

お金は使いこなすものです。
お金につかわれてはいけませんね。

お金は道具(働いた代償)です・・・
間違ってもお金に使われるものではないですよ。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 10:43 | コメント (0)

2014年01月21日

「聞くは一時の恥・聞かぬは一生の恥」と言うではありませんか・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.301
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〇 〇 様

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
「聞くは一時の恥・聞かぬは一生の恥」と言うではありませんか・・・

恥と思わず、何でも聞いてみることです。


恥と思わず、何でも聞いてみることです。

どんな仕事でも、少し知識がついてくるとプライドがついてきます。
良いプライドなら、その道をもっともっと高みに上がっていくことが
できますが、それとともに何でも知っていると周りから思われてしまい、
簡単な(小さな)ことは聞きたくても聞けないことが出てきます。

少しのプライドは捨てて、どんなことでも聞くことです。

聞くことは覚えることで、恥ではありません。

「聞くは一時の恥・聞かぬは一生の恥」と言うではありませんか。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 18:48 | コメント (0)

2014年01月16日

朝、4時から仕事をしています・・・

 今日は朝4時から事務仕事をしています・・・寒いですね。猫3匹がストーブの前で陣取って固まっています。何も好きで朝早くから事務仕事をしているのではなく、朝6:30には出かけなければならないからです・・・その前にどうしてもやっておかなければならないことがあるからです。
 私も猫のようになりたいです・・・。一日ストーブの前でほっかりほっかりしていたいですねーーー
今6:10になります。出かけなければ・・・・寒いですーーー

投稿者 yuriko : 06:03 | コメント (0)

2014年01月15日

プラスとマイナスの習慣

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.300
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
〇 〇 様

チョコッと一言をお送りいたします。
【今回の一言】
プラスとマイナスの習慣

最初の一歩をプラスの一歩で踏み出すか・・・・?
マイナスの一歩で踏み出すか・・・
あなたはどちらですか。

「楽しそーだなー・頑張るぞー」と思って一歩を踏み出すのと、
「嫌だなー・やりたくないなー」と思って一歩を踏み出すか・・・

同じ一歩でも天地の開きがあります・・・・

いつも「プラスの習慣」を心がけましょう

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 08:38 | コメント (0)

2014年01月14日

「決めるのは自分。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.299
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
〇 〇  様

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
決めるのは自分。

決める(決断)は自分です・・・。

行く道も帰る道も・・・。
人の言葉に振り回されるのではなく
人の意見(知恵)として聞いて参考にして、決めるのは自分です。

もちろんリスクも自分で取ることになります。


----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


投稿者 yuriko : 18:19 | コメント (0)

2014年01月07日

判断と決断の違いは・・・・


【今回の一言】
判断と決断の違いは・・・・。

判断とは他人ごと(自分以外)です・・・
つまり判断が間違っても自分にはあまり影響が無いことが多いです。

決断するということは自分自身に返ってくる・・・
家族が巻き込まれるかもしれないような大事なことです・・・。

簡単に言い換えれば判断とは他人ごと・・・。

決断とは決断したことが自分自身のことかかわってくることです。
判断できても決断することはむずかしいことなのです。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」


投稿者 yuriko : 09:35 | コメント (0)

2014年01月05日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.298

 開けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.298
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】
好奇心を持つことです。
いくつになっても好奇心を持つことです・・・。
好きなことには「どうして・・・なんで…」と好奇心・疑問がでて・・・
そのことについて考え探求してゆきます。

好奇心が積み重なってその道のカリスマ近づいていくのですよ。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 07:12 | コメント (0)

2013年12月12日

風邪をひいていませんか?

 風邪をひいていませんか?スズヨシでは順繰りに風をひっています・・・・先日から私が風邪をひきました・・・風邪を引いたからと言っても仕事を休むわけにはいかず、点滴をしてもらいながら仕事をしています。スズヨシの大工さんはじめ従業員、や私へと順繰りと風邪をひいています(私は11月の末に風邪を引きこの時も点滴をしてもらい沖縄に講演の仕事に行きました)。
早く治してお正月はよい年が迎えられるようにしたいですね・・・・寝て曜日のお正月では嫌ですものね・・・・。

投稿者 yuriko : 20:22 | コメント (0)

2013年11月19日

今日は何をしたのかなー

 今日は何をしたのかなー・・・今頃の時間になると朝からの一日の行動がぱっと浮かばなくなってくる・・・。本当に1日の仕事はいろいろあります・・・賃貸のお客様・私のところは駅の真ん前ですので道を聞きに来る方の道案内・電話の受け答え・見積書の作成・パートさんからの受け答え・猫の世話(4匹いますがワンちゃんのように甘えてきます)お花の水やり・金魚の世話・掃除・・・・などなど朝6時から夜6時までよく働きます。今18:30でブログを書いています。チョコット一言・毎月の「鈴木ゆり子の二言三言」・・・風邪気味の時は(今、背中にホッカイロをしょっています)少し嫌になります・・・今日は早く寝るぞー・・・・。

投稿者 yuriko : 18:29 | コメント (0)

2013年11月14日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.290

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.290
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net

〇 〇 様

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
大家は人と人との交差点のお巡りさん役ですよ。

アパートの流れをいつも見ていて、危ないと思ったら声掛けや
注意もして、安心して生活でき、お年寄りや子供さんはもちろん
入居者の安全を守る指導員ですね。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 15:06 | コメント (0)

2013年11月03日

盛岡に行ってきました。

 先日、盛岡に行ってきました。
どうしてもあの石割桜が見たくて行ってきたのです。桜の時期にはすごい人人でしょうね?(その時期には来たことがないのでわかりませんので・・・。)盛岡駅前からバスに乗って裁判所までバスに揺られていってきました。バスでも10分ぐらいのところでした。さすがに「石割桜」の周りには誰もいませんでした・・・が30分近くいましたら4~5人が葉の散り始めた桜を見に来ていました。
 長年の思いだった桜にあえて胸がキュンとなり、思い続けていた恋人に会えたようでした・・・今度は一番きれいな時期に会いに来たいと思います。また来た時も胸がきゅんとなるでしょうね・・・そしてその美しさに見とれる(写真で見た石割桜はとてもきれいですので)私を思いながら桜に「また会いに必ず来ます」と声をかけて帰ってきました。
 帰りに盛岡名ぶつの冷麺を食べてきました、おいしかったですよー。

投稿者 yuriko : 12:30 | コメント (0)

2013年10月12日

野口塾長は私の心の師匠です。

 先日、野口塾に行きました。その時の気の会う仲間との飲み会の様子です。もちろん熱く熱くワイワイやっています。
 その数日前の塾長の言葉にカツをもらいました。(塾生皆さんへの言葉です)
その言葉は私に(?)言われているようでした・・・
「何を優先させるか・・・野口塾は年間予定日は決まっている。入塾の時の気持ちを忘れるな・・・知識が業務ができてきて仕事ができてくると偉くなったと勘違いして(?)勉強から遠くなっていく、おごりが出てくる。そして「仕事が・・・」などと言い訳をして勉強会を休む。知っていることでも、今一度勉強すること、一生勉強・・・それを休むとは10年早い・・・(私はそう言われたと受け取ったのです)」ということをあのいつもは穏やかな野口塾長が言いました・・・。本当にそうですんね・・・私のことです。
 仕事が・・・用事が・・・と言い訳して勉強会を休む。ああ、このことはまさしく自分自身です・・・自分のおごりに気が付かずに勉強会に足が遠のく・・・最初のころは知らないことがいっぱいで何もかも勉強勉強と勉強会が楽しかったことが、知らず知らずのうちにおごりが出て・・・勉強会より仕事になっていました。「今回の野口塾のテーマは知っているからそれよりこの仕事が大事」と自分のおごりに気が付かず・・・。そんなふうに選べるほど偉くもないのに優先順位を付けている自分に「カツ」をもらいました。
 ありがたいですね。ここというときにきちんと言っていただける・・・。野口塾長ありがとうございます。野口塾に誘っていただいた時の気持ちを忘れません。また忘れてると思った時にはガツンと言ってください。野口塾長は私の心の師匠です。


コメントする…


投稿者 yuriko : 12:38 | コメント (0)

2013年09月28日

稲刈りが真っ最中です・・・

 今、羽生市周辺は稲刈りが始まりました。本当に良い秋日和です。今日は稲刈りと学校の運動会とで道はどこも混んでいました。田圃の農道を歩いていると昔懐かしい匂いがします・・・・稲わらと耕運器(トラクターと今は言うのですね?)の匂いが鼻の奥をくすぐって・・・昔(子供のころ)のにおいがします・・・今が一番良い季節ですね、今少したつと稲刈りも終わり・・・冬支度に入っていきます・・・季節はまわっている・・・あんなに暑い夏であっても秋は来ました・・・こんなにきれいな四季がある日々が孫の時代・・・ひ孫や玄孫の時代にも変わりなく続くためには今の私たちも少し我慢をしてはとおもっています、消費エネルギーを抑えることを考えていかないと100年後には今のこの素敵な季節がなくなってしまうのではと思っているのは私だけではないですね。快適さをほんの少し我慢して100年後もこのよき地球を残していけたらよいですね・・・。(なんか・・・稲刈りのことが大きな地球の話になってしまいました、すみません・・・)

投稿者 yuriko : 19:45 | コメント (0)

2013年09月25日

雨の朝は・・・

 今日は5:00から仕事をしています・・・今、外は雨です・・・雨の日の朝仕事は特に仕事が進むような気がします。ラジオもつけないで雨音だけを聞いていると雨の音がちょうどよいリズム、音楽に聞こえて・・・雨の朝は静かです・・・音が雨に吸い取られて自動車などの音が静かに聞こえるのは不思議です・・・さて、もう一仕事・・・しますね。

投稿者 yuriko : 06:27 | コメント (0)

2013年09月11日

ある投資家の方がお店に来店しました。

 その方は不動産屋さんがあったのでふらりと寄ったのでと言っていました。よくよく聞いてみますと羽生での投資物件を見に来たとのこと・・・。どちらにお住まいですかと聞きますと羽生ではなく埼玉県南の方です。今、九州に投資物件(アパート)を持っていますがあまりうまくいってはいないようです・・・そこで安くて少し近いところを探しているとのこと。羽生で買うのであれば羽生を少し勉強してからお買いになったほうが良いと私は少しきつい言い方かもしれませんがお話しました。ただ安いだけでなく地の利を勉強してからお買いになったほうが良いですよ・・・・と。他の都市では駅から近ければ駐車場はなくてもよいのでしょうが・・・羽生市はどうかしらとか・・・よきアドバイザーを見つけからのほうが良いように思います。買うのはすぐですが売るときは時間がかかりますし思った値段ではなかなか難しいのです・・・長く持っていて、そこからの家賃での投資になります・・・一人で選ぶより二人です。良きパートナーを探してくださいね。

投稿者 yuriko : 07:11 | コメント (0)

2013年08月11日

チョコット一言

「鈴木ゆり子のチョコット一言です。
読んでみてください。今、一言欄に投稿して8/13日からのメール配信になります。もう今年で6年目になりました08年1/26から始めました・・・・。よくやっています、自分で自分をほめています。誰も褒めてくれないから・・・。同じ言葉はないと思っていますが毎週が大変です・・・頭を振って絞り出しています。「鈴木ゆり子の大家塾」に登録して毎週読んでくださいね。


〇 お金は汚いものですか・・・・
あなたのお金は何色ですか・・・。お金には色がありません・・・お金を黒くするのも、光り輝く色にするのもあなたしだいです。そのお金をあなたがどう使うかできまります。

〇 満室は努力した人へのご褒美です。
満室にするためには(特に古くなってくると)どれだけの努力をするか・・・考えて実行に移してまただめでも他の方法を考え、又、実行すしてみる。
その繰り返しです・・・そして満室になります。だから満室は努力した方へのご褒美ではないでしょうか・・・。

〇 ゆとりの時間も大切ですよ・・・。
「忙しい」との漢字を分解してみると「心を亡ぼす」となります。
 たまーにはのんびりの時間も大切です。
入居者さんとのーびりとお茶のみや立ち話も仕事のうちですよ。

投稿者 yuriko : 15:29 | コメント (0)

2013年06月18日

自殺者数が減少というけれど・・・

 自殺者数が3万人を15年ぶりに下回ったというけれど・・・・。しかも若い20歳代が増えている・・・信じられないようなことです。20歳と言えばこれからが人生と思い感じながら人生を謳歌している時期です・・・。
 先日お店に、若い(20歳です)女性のIさんが来店しました・・・「どんな御用ですか」と聞くと「部屋を退室したいので、手続きを教えてください」とのこと。いろいろと退室の手続きのお話をしてから・・・何の気なしに「どちらに引っ越すの・・・」と聞きましたら、今の会社を(介護)やめなくてはいけなくなってしまったとのこと・・・お父様が仕事中の車の運転中に事故を起こしてしまい(突然発作が起きたそうです)寝たきりになり、食事も食べることはできなくのどを切開しているとのこと、そのため看病などで仕事を休みがち・・・のため会社をやめなくてはならないとのこと・・・住むお部屋もまだ決まっていない、お金もなく、そのうえお父さんのこと、今一つ困っていることは「弟さんがいて今中学生、何とか高校は卒業させてあげたい、これから父と弟と仕事・・・考えると目の前は・・・・」と言っていました。
 お店から帰るときに「何かあったらおいで・・・できることは相談に乗るから」と言って声をかけていました。こんな若い女性が一人で(二十歳ですよ・・・)何もかも背負って考えていく・・・話の中で「でもよかったね・・・あなたが20歳になっていたから弟さんといっよに住むことができる・・・未成年だったら、弟さんは施設での暮らしになる可能性はあるよね」と・・・、少しの幸せにも笑顔がこぼれる・・・「頑張るぞー」の声も明るく聞こえる・・・きっと周りの方に恵まれていて(?)相談に乗ってくれる方がたくさんいるのかなと思いました。
 若い自殺者が増えているとのこと・・・何とか周りの方が見守って相談に乗ってあげられないものかと・・・思い、若いIさんに「がんばれ」を心の中で願った日でした。

投稿者 yuriko : 16:08 | コメント (0)

2013年05月15日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.265

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.265
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net

【今回の一言】
大家業は地場産業です。

たとえば、東京で成功したビジネスプランでも、私の住む羽生市では
必ずしも成功するとは限りません。

家賃相場も、入居者様の年収も違います・・・
洋服のセンスも違うように、賃貸物件の好みも違ってきます。

そこに住んでいる人が考えることが大切です・・・
だから地場産業なのだと思っています。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 09:13 | コメント (0)

2013年05月12日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.264

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.264
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】
ご縁を大切にとよく言いますね・・・。

同じご縁でもそのままのご縁にしておくのですか・・・?

本当のご縁とは「ご縁」(五円)を「重縁(十円にも十五円)
にすることが本当のご縁ではないでしょうか・・・。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 16:14 | コメント (1)

2013年05月03日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.264

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.264
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net


【今回の一言】
ご縁を大切にとよく言いますね・・・。

同じご縁でもそのままのご縁にしておくのですか・・・?

本当のご縁とは「ご縁」(五円)を「重縁(十円にも十五円)
にすることが本当のご縁ではないでしょうか・・・。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 11:29 | コメント (0)

2013年04月27日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.263

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.263
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net

〇〇 様

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
何をしていても良いときも悪い時もあります・・・
 大家業も同じです・・・

何も入居者様のことや賃料のトラブルだけではないですね・・・
自分(大家さん)の心も「良い時も悪い時も」あります・・・。

心の動きが悪い方にぶれそうになった時、あなたは何を以って(心が)
それを止めることができますか・・・。

少し考えてみてくださいね。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 18:16 | コメント (0)

2013年04月20日

「鈴木ゆり子のチョコット一言」はチョコットのことですが・・・

「鈴木ゆり子のチョコット一言」はチョコットのことですが・・・私が1週間に一度メルマガ登録していただいている方に配信しています・・・本当に皆様からしたらチョコット一言なのですがこのことを考えるときは自分が実体験しているときはわからなく寝る前とかお風呂に入ってほっとしているときなどちょっとしたときに思うことを書き溜めています。そんなことが270回近くになってきています。
自分で自分をほめるわけではないのですが「おばちゃんがよく続いた」と思います・・・。その中でも励みは「鈴木ゆり子のチョコット一言」をよんで感想を寄せてもらいますと今少し頑張ってみようかなと思いって今まで来ました・・・。そんな感想が今日も来ました・・・うれしい限りです。
NO262をよんでの感想を送ってもらいました。

「当たり前のことなのですが、はっとさせられる一言でした。
まだ賃貸物件をもっていませんが、今持っている物件(レストラン)を賃貸しようと考えています。

ありがとうございました。」


 私からの一言・・・・よきご縁があると思います、今の気持ちを忘れないでくださいね。私も忘れないようにします。

投稿者 yuriko : 15:05 | コメント (0)

2013年04月16日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.262

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.262
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net
【今回の一言】
あなたのアパートは賃貸収益物件だけですか・・・?

あなたにとってのアパートは、賃貸収益を稼ぐための収益物件でも
入居者にとってそこは「実家」であり、「心いやす家庭」です。

入居者にとってそこが安心して暮らせる「家」であることを忘れないでくださいね。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 13:04 | コメント (0)

2013年04月09日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.259

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.259
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net

鈴木ゆり子 様

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
大家業は一生現役、一生勉強です。

大家業は良い仕事ですよ・・・・
人様のお役に立つことはもちろん、定年がありません。
体が動く間は、いくらでも仕事があります。
体が思うように動かなくても入居者様のお役には立てます、

入居者様と入居者様との潤滑油になることです・・・・

アパートを居心地の良いアパートにすること。
それはあなたが声掛けをして、立ち話やお茶のみのできるような、
居心地の良いアパートにすることができます。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 04:03 | コメント (0)

2013年04月08日

□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.260

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□鈴木ゆり子のチョコッと一言 No.260
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://ooyajyuku.net

鈴木ゆり子 様

チョコッと一言をお送りいたします。


【今回の一言】
お部屋の色を決めるときは、なるべく明るい色にしてみては・・・。

お部屋のクロスなどの色を決めるときは、なるべく明るい色に
してみてください。

特にワンルームなどの部屋全体が狭いお部屋は、明るい色にしますと
広く見えます。

あなたのお部屋を内見に来たお客様は、どのくらいの時間お部屋にいますか・・・
15分~30分位です、他のお部屋も見て回ります。

その短い時間の印象でお部屋を決めてます、お部屋の第一印象が大事になるのですよ。

----------------------------------------------------------------------
大家として毎日、動いている鈴木ゆり子が気がついたことを、
短い文にまとめて皆様に大家としてのお役に立てればと考えています。
「鈴木ゆり子」

投稿者 yuriko : 17:17 | コメント (0)

2013年01月30日

沖縄は桜が咲いています。

宮城 裕さんは沖縄で大家さんのコンサル業をしています。この1/17には羽生市で「鈴木ゆり子の大家塾」で講演をお願いしました。羽生市にも年に2回くらいは毎年来ていただき羽生駅前の「ルートインホテル」に泊まってもらいます。沖縄はもう桜が咲いているそうですよ・・・関東はゆきが降っているのに・・・日本国は横に長い国だとつくづく感じてしまいます。

「宮城 裕」

もう少しで2月!プロ野球キャンプインです。

続々と自主トレの選手も入ってきました。

桜も咲き始めています!

昨日は最高気温が20度に届かず・・・寒い日でした。。。



投稿者 yuriko : 19:20 | コメント (1)

2013年01月19日

ありがとうございました。感謝感謝です。

皆さんありがとうございました。昨日のブログでお願いしました猫さんは何とかなりそうとのことです。
下記のねこさんが幸せになることを祈っています。

「1月21日、処分予定33頭。
どうか助けて下さい!!以下、転載致します。」

本当に世の中は悪い人ばかりでないですね・・・。
 私ももう少し美人にとか頭がよかったらとか考えたことが若かりしときにはありましたが人間に生まれてきただけでも幸せですね・・・優しい皆さんに感謝感謝です。

投稿者 yuriko : 19:27 | コメント (0)

2013年01月17日

猫を助けてください・・・よろしくお願いします

皆さん よろしくお願いいたします。

1月21日、処分予定33頭。
どうか助けて下さい!!以下、転載致します。

どうか転載・拡散にご協力ください <(_ _)>
これがただの多頭崩壊ではなかったのです。
裁判所が猫処分?の執行命令を出したそうです。

緊急に里親を募集します。神奈川県寒川で猫33匹
の行き場がなくなっています。
1月21日までに里親が見つからないと、すべて殺処分
されてしまいます。

猫の詳細は
アメリカンカール 5才ぐらい
スコテッシュ 5才ぐらい
去勢・避妊を怠ったためこの子達からねずみ産式に産まれてしまった子達
全頭数 33頭
顔がまん丸のむっちりしたかわいい子たち
もちろん写真はなし

今回の件ですが、なぜ裁判所は処分決定した際に行政に連絡しなかったのか?
行政を絡めればもう少し時間が延び、ボランティアさんも入ってきます。
まさかそれが面倒なのでしなかったのか?
裁判所の手続きが簡単な方に行っているような気がします。
私が知らなければ全て隠密に執行されてしまうこととなったんでしょうね。
猫についてですが、飼い主の財産ということで私物の押収ということになったようです。
保管場所ですが、行政に全く関係ない一般の人(警察犬の訓練をしている人)を裁判所側が見つけお願いしたそうです。
しかしその方はボランティアではなくただ保管するだけです。

そして保管時間は1月21日まで
裁判所の人間も「猫を死なせたくはない1匹でも助かってほしい」と言っていました。

助けてくださる方どうかご連絡宜しくお願いします<(_ _)>
wannyanrescueok★yahoo.co.jp

from Life にゃんずさん
http://blog.goo.ne.jp/lifenyans/d/20130115


投稿者 yuriko : 20:40 | コメント (0)

2013年01月01日

あけましておめでとうございます・

明けましておめでとうございます♪羽生駅前に羽生駅→ほとさん初詣行きの電車が発車するところです。 今年はこの電車(一昔前の列車のように感じます。写真を撮りに「撮り鉄」の方がカメラを持って撮っていました。)のように明るく元気に力強い世の中になるように皆さん一人一人が心がけていけば景気も良くなるとおもいますが・・・。阿部政権になって株価も1万円を超えて2012年は終わりましたが2013年はどうなることでしょう。来年の今日(2014年1月1日)はよい年だったといえるような年にしたいですね。初夢はどんな夢かな・・・。


投稿者 yuriko : 17:40 | コメント (0)

2012年12月25日

生活保護についての記事がありました。

生活保護費についての記事が新聞に載っていました。
 私のアパートにも生活保護の方が多数います。身近で生活保護の方を見ています。よいところも悪いところも・・・保護を受けていても?の方(私から見て)もいるように感じます。
 今年は保護世帯が多く過去最高とのこと、何とかよい考え、働く場所も増やして保護費でなくお給料で生活できるようにならないといけませんね。
 下記がその記事です、読んでみてください。

「自民の生活保護政策
・ 「手当より仕事」を基本とした生活保護の見直し

生活保護給付水準の10%引き下げ
東京都の生活保護費は、標準3人世帯で約24万円(月額)となっています。他方、最低賃金で働いた場合の月収は約13万円ほどであり※、国民年金は満額で65,541円というのが実情です。こうした勤労者の賃金水準や年金とのバランスに配慮して、生活保護給付水準を10%引き下げます。
※(試算)東京都の最低賃金840円×8時間×20日=134,400円
2. 医療費扶助を大幅に抑制
生活保護費用の約半分は医療費です。生活保護の受給者は窓口での自己負担がないためモラルハザードや過剰診療が起きています。自己負担導入や医療機関の指定、重複診療の厳格なチェック、ジェネリック薬の使用義務化などで医療費扶助を大幅に抑制します。
3. 現金給付から現物給付へ
食費や被服費などの生活扶助(食料回数券等)、住宅扶助、教育扶助等の現物給付を推進します。現金給付にするか現物給付にするかの判断の権限を自治体に付与します。
4. 働ける層(稼働層)の自立支援、公的機関での採用等の就労支援
働くことが可能な受給者(稼働層)に自立支援プログラムを提供し、就労の指導強化、義務化を進めます。同時に、自立時資金のための「凍結貯蓄」を制度化し、働く意慾を高め、国や自治体等も単純事務作業、清掃等の働く場を生活保護者に提供します。また、生活保護に至る前段階の「自立支援プログラム」を充実させ、個別の状況に応じた支援を行います。
5. ケースワーカー業務の改善、調査権限の強化で不正受給を防止
生活保護者を支援するケースワーカーの業務が繁忙化し、不正受給や生活保護の長期化を招いています。ケースワーカーを民間に委託し、ケースワーカーを稼働層支援に集中させることを進めます。また、地方自治体の調査権限の強化などで、不正受給や「貧困ビジネス」を減少させます。
6. 中期的な取り組み(就労可能者の区分対応と貧困の連鎖の防止)
中期的な取り組みとして、就労が困難な高齢者・障害者と就労可能者を区分し、就労可能者には就職あっせんを拒否した場合の給付減額の仕組みや、就労可能者は3年程度で給付を打ち切る「有期制」の導入等も検討します。一方、生活保護世帯の子どもの教育や家庭環境等を改善し、貧困の連鎖を防止していきます。
※上記施策の実施により現在の年間3.7兆円の生活保護予算を大幅削減します。


削減だけでなく、働けるところと保護費より少しでも働いたら喜びがあるような政策があるといいですね。身近にいて感じることは福祉担当者によっても気遣いや心配りが雲泥の差があります。規則道理の方と思いやりのある方。向き不向きもありますね・・・。

投稿者 yuriko : 07:46 | コメント (0)

2012年12月13日

解体した建物のあとをかたず家ています。

 昨日、今日は肉体労働です・・・
解体した家のかたず家をしていますが寒いー・・・寒いーの言葉しか出てきません。そこで今日は一斗缶で暖を取っています・・・そこで解体した建物をかたずけてる木端を燃やしているのです。わたしはあまりの寒さに火の子守りをしています・・・でも他のみんなはかたずけ作業をしていまるのですが足が火のそばからはなれようとしないのです・・・火は暖かく心地良いが取り扱いを間違うと恐いものです・・・でも暖かいですね? 何となく火を見ていると心温まるような感じになるのはどうしてでしょうか・・・今の子供たちに本物の火を触らせて(感じさせて)あげられるようにしてあげられたらいいなーと火の番をしながらふっと思ってしまいました。なぜって、今の最先端の生活になればなるほど燃える火から遠ざかっているように感じてしまいます・・・IHにしても火を見ないで火の怖さや心地よさなどを感じないで大人になってしまったらどうなるのか・・・などなど考えてしまいました。
 でも火の子守は楽しいです。


投稿者 yuriko : 18:33 | コメント (0)

2012年11月13日

羽生市の水道局さんへ

 羽生市の水道局さんへ。
今日の今日での水道の開栓はだめですか・・・当社はアパートのクリーニングなどの仕事もします。
 当社が頼んでいるクリーニング屋さんが羽生市水道局に電話をして今日、水道の開栓をお願いしましたら・・・断られましたとのことで今日は仕事ができなかったのです。
それは私のほうが悪いのもわかっています2~3日前に連絡しておかなかったのが悪いのですから。でも、でもうっかり忘れてしまうこともありますよね・・・・。現地のお部屋に行って「アッ・・・水道の開栓、忘れていたー」となってAM10時ごろ電話したら「今日の今日はだめです」と言われました・・・・。それはないでしょうー・・・どこの市町村の水道課でも少しは時間がかかりますが来てくれます。
悪いのは私です、わかっています・・・・春日部市でも上里町でも加須市でも行田市でも皆来てくれますよ・・・。
 よく聞きます・・・羽生市はサービスがあまり良くないと・・・市民としては悲しいです。

投稿者 yuriko : 10:59 | コメント (0)

2012年11月01日

仲秋ですね・・・・

仲秋ですね・・・・
「仲秋の名月、団子」と連想をするのは私ばかりでしょうか・・・ただ今羽生市近郊の田んぼでは稲刈りの真最中です。先日、大家さんの方が新米を持ってきていただきました。おいしいですね・・・お米大好きな私は、新物が出たら一回はどうしても食べたいものの一つに新米があります。新米を炊いて早速食べさせてもらいました・・・おいしいですねー・・・日本人に生まれてよかったーと思え、「よくぞ日本人に生まれけり」の気持ちです。
稲刈りが終わると冬にましっぐらです。
木枯らしが吹いてきますと風邪なども流行ってきますので健康管理に気を付けて、あと2ケ月ばかりの残り少ない今年を乗り越えましょう。

投稿者 yuriko : 20:54 | コメント (0)

2012年10月15日

今日は失敗してしまいました。

仕事がら、いつも車の運転をしています・・・今日はもう少しで事故るところでした・・・スピードを出しすぎていたわけではなく、道路の合流部分で合流のタイミングがうまくいかず今少しでダンプにぶつかりそうになってしまいました。キキキキーとブレーキを踏む音・・・・「アーーッ」と思ってハンドルをきり・・・どうにか車線変更がうまくいき、衝突は回避できました・・・・。「危なかったー。」と胸をなでおろしてそのままアクセルを踏み走りだしました(あとからあとから車が来るので止まっているわけにはいかなかったのです、盤王は私の後ろをついてきています。しばらく走って信号が赤になりましたので私の後ろを走ってたダンプに謝ろうと思いドアを開け外に出たら相手の方も窓から顔を出していたので深々と頭を下げましたら「こらー」と怒られるかと思いましたら・・・そうではなく、いかつい顔の(?)おじさんがおばちゃん(私に向かっていった言葉が「気をつけて運転してよ、命は一つだから・・・お願いね・・・」その言葉に私はきょをつかれたようで・・・その反対にその言葉にうれしくもあり、ありがたくもあり感謝の気持ちちでいっぱいになりました。そうだ・・・何も自分の感情を相手にぶつけるだけでなくその気持ちを一歩引いてから言葉にしたらこのダンプの「おじちゃん」(ごめんなさい名前を聞いてなかったものですから・・・)みたいに思いやりの言葉が出るのかと・・・本当に深い反省と深い心をもらいました・・・本当にごめんなさい・・・運転には事故を起こさないようにこれからも気を付けます・・・今少し長いきしたいので・・・ダンプのおじちゃんあるがとうございました、感謝感謝です。

投稿者 yuriko : 22:03 | コメント (0)

2012年10月05日

尊敬する仲間がなくなりました。                               

 勉強会の尊敬しいろいろ教えていただいた仲間(先輩)がなくなりました・・・。
 ガンと宣告されて「余命半年」と主治医に言われてそのとうりになりってしまいました・・・
いつも仲間たちに、にこにことそして厳しく、お酒を飲みながら本音で「話し、笑い、怒り、悲しみ」
ありのままの自分をいつもさらけ出し、そしていて押しつけがましくなく、節度をまもる・・・先輩でした。「鈴木さん頑張っているね・・・もう少し力を抜いてもいいんだよ・・・」といわれたことが今も耳に残っています。そんな一言でも声をかけられるとうれしく、それを励みにまた一ヶ月頑張るぞと(月一回の勉強会です)励みにしていました・・・。病院へお見舞いに行くまもなく(他の仲間たちも遠慮して、代表者が行きました・・・仲間みんな、お見舞いに行きたいと思っていたと思います)なくなってしまいました。まだまだやり残したこと、やりたいことはたくさんあったことくを思うと・・・悔しく感じます。
 今一度励ましの声を、笑顔を見たかったでうs・・・すごーくさびしいです・・・。

今までご指導いただきましてありがとうございました。
お別れはしますが〇〇の仲間(先輩)に教わりながら勉強を続けていきます。
ここで一ぢ〇〇さんとはお別れしますがこれからもずっと勉強会を通じて」、みんなと一緒に繋がっていけるような気がします。
 ご冥福を心からお祈り申し上げます。 合掌


投稿者 yuriko : 07:04 | コメント (0)

2012年10月03日

転んでしまいました。

 痛かったー。息ができないほど・・・しばらく動けませんでした・・・。
台風のあった9/30の21:30過ぎ(第17回鈴木ゆり子の大家塾の懇親会が終わってからです)だったと思います。自転車をちょっとそこまでと思い・・・自転車に乗ったらそこへ今まで風がピタッと止まっていたのにきゅうに?吹いてきてバターン、ガシャーン・・・「イターイッ」「膝がッー」息ができないほどに・・・何とか自転車を起こして自転車カバーをかけて家に入りました・・・痛かったー。
次の日の夕方太田整形外科に行ってきました、もちろん、レントゲンを撮りました。おかげさまで骨には異常なし、膝に水がたまっているようだと先生に言われ、注射針水を向きましたら太い注射器に一本で取りました・・・血の入った液体が太い注射器に一本ですよ・・・・色は真っ赤でした。やっと今日は何とか歩けるようになりました・・・それでもまだ足をひきづっています・・・若い若いと思っていても体は歳をとってきていて、思うように動かなくなっていることを実感しました・・・これから歳をとったなーと思うことが多々感じることがたくさん出てくるようになるんでしょうね・・・そんなことをしながら歳をとっていくのでしょうね・・・。何かさびしいです。これも順番ですね。

投稿者 yuriko : 08:52 | コメント (1)

2012年09月22日

年老いていくことは・・・

 入居者さんが20人いれば、20とうりの人生がありますが誰にもいえることは年を取るということです。私のところの入居者さんの中に70歳を過ぎて一人暮らしの方がいます(何人もいます・・・)。この方が入院をしました・・・これで3度目です。一人暮らしですから入院をしても誰も訪ねてきてくれません・・・症状が悪かったため、前の連れ合いに無理を言って来てもらっていました。病院も退院になりその方も帰られました。あまり病状もよくないようでそのうえ一人暮らしです・・・何かあったときは頼むといわれています・・・それでも私も仕事があり毎日伺うことはできません・・・そのアパートに行ったときは必ず声掛けはしますが私より隣のお部屋の方のほうが良いと思い隣の方に声をかけたのですがあまり良い返事はもらえませんでした。でも何かの時は救急車は呼んでもらえると思います。
 これからはこの方ばかりでなくこのような人は多くなると思います。若い時には自由が利き、自分が病気になって体が動かなくなるなどということは考えてもいなっかったようなことが起きます。このことは自分にも起きることです・・・今から少し先のことぐらいは考えておかないと・・・考えてもそのとうりになかなかなりませんが・・・。考えないより考えて置いておいたほうがいいですね。

投稿者 yuriko : 18:05 | コメント (0)

2012年09月20日

皆さん風を引いていませんか・・・

 今、何気に風を引いている方が多くないですか・・・スズヨシのパートさんものどが痛く、風邪味・・・私ものどが痛いです。いつもお願いしています大工さんも熱を出して寝込んでいます・・・扁桃腺が腫れてしまったそうです・・・。ここ何日か朝晩、気温が下がって涼しくなり、寝るときには肌掛け布団はかけないで寝て、明け方寒くなって目が覚め、あわてて肌掛け布団をかけたりするので風を引いてしまうのですね。でも本当に夜は寝やすくなりました・・・果物もおいしくなり栗ご飯の時期ですね、新米も食べましたか・・・私はまだですが・・・。秋になるとすぐ冬がまっていて追いかけてきます・・・それまでの短いですが過ごしやすい季節を楽しみたいですね・・・。厳しい冬が来る前に・・・身も心にもエネルギーを蓄えて厳しい冬を乗り越えましょうね・・・。でも冬は冬でいいもんですよね。

投稿者 yuriko : 08:00 | コメント (0)

2012年08月15日

今日は終戦記念日・・・かわいそうな像のお話」

 今年も今日がやってきました・・・今日8/15は終戦記念日です。いつも聞いている「大沢悠里のゆうゆうワイド」で「かわいそうな像のお話」を今年も秋山千恵子(95歳)さんが朗読しました。去年も、一昨年も私は「ゆうゆうワイド」で聞いていましす(もう何年聞いているのかしら・・・「秋山千恵子の談話室」のころからです。)・・・何度聞いても涙が出泣いてしまいます・・・戦争はいやだ・・・一番弱いところに一番被害が犠牲が行く・・・。秋山千恵子さんは95歳とは思えないほどの力強いしっかりした声で「かわいそうな像のお話」を(ラジオからのお話では秋山さんがお読みしている本は何回も繰り返し繰り返し読んでいるため擦り切れてきていて手直ししてある本のようです・・・でもその本を大切にしていることが聞いている私たちにも伝わってきます。)読んでくださいました。私は車の運転中でも運転しながら泣いてしまいました・・・。今の日本は幸せです・・・戦争もなく、食べるものにも贅沢をいわなければ食べることができる・・・この幸せも、戦争をしてはいけない、しないというう気持ちをいつもしっかり持っていなければならないのだと毎年思いを新たにしています。今あるこの幸せも「かわいそうな像」をはじめ戦争で亡くなった全部の犠牲の上に成り立っていることを忘れないようにしなくては・・・などと偉そうなことを言っていますが誰かが時々頭をゴツンと叩いて(頭に刺激を)くれないと忘れてしまうような私なんです・・・。そこへ毎年の秋山千恵子さんの朗読がこの「戦争はだめ(NO)の気持ちをしっかりさせてくれるのです・・・。今年も車の中で泣きました・・・そうして戦争はNOとしっかり思いました。また、来年も秋山千恵子さんがお元気な声で「かわいそうな像のお話」を朗読していただけますよう・・・・そうして来年も戦争はNOと心に刻めるように忘れないようにしていきます。

投稿者 yuriko : 18:09 | コメント (0)

2012年08月12日

震災の傷跡は・・・

 8月4日に野口塾課外授業の一環として「福島県に3・11震災その後」の様子を自分の目で確かめるために(野口塾生の中に2人の方の実家が震災にあった方がいました、その方が現地に観光でもなんでも来てお金を使っていただくのも復興支援の手助けの一つですと言っていましたため私も出かけることにしました。)30名余りの塾生と出かけました。印象に残ったことは塩谷岬灯台のあたりの家はほとんど土台だけでした、中には2~3元は津波に流されず残っていましたがその家も取り壊されることになっているとのことです。塩谷岬灯台の下の土産物売り場((有)山六観光)の方の震災時と津波の時の様子を写真を見せてもらいながらのお話を聞き、津波は来る時よりも引き潮のすごさ・・・そして津波で亡くなられた方は幼稚園や学校におじいちゃんやおばあちゃんが孫を迎えに来て避難が間に合わずに津波の犠牲になった方も少なくなかったとのことを聞き胸が切なくなってしまいました。
 その夜は土湯温泉に泊まりました。次の朝、帰りの時に旅館の人の話では今年はまだセミの鳴き声を聞いていないとのこと(土湯温泉の周り~福島駅までの間では・・・)毎年蝉しぐれというほどの鳴き声でうるさいくらいなのにと言っていました。福島県の蝶にも羽のおかしな個体や目がない個体が多くみられるとのことを新聞で読みました・・・心配ですね・・・福島や周りの方々の震災はまだまだ終わっていなく、これから長い復興が続いていくのだということがよくわかりました。
 「百聞は一見にしかず」この言葉がいまは一番心にかんじました。

下のハンカチの写真は3.11の震災津波で亡くなりました小学4年生の姫花ちゃんが書いた絵をハンカチにしてその収益全額をいわき市の震災義援金として寄付されます。


また後日続きを書きます。

投稿者 yuriko : 16:30 | コメント (0)

2012年08月05日

ある日のわが机の上です・・・毎月1回・・・

 毎月、書いて(発行)います二ュースレター「鈴木ゆり子の二言三言」を書くときは朝4時から原稿を書くことが多いいです・・・・私が一番苦手な仕事ですからせっぱつまらないと書かない(逃げている)からです。いつも頭が「うに」になっています…毎月、何度やっても頭が「うに」です。 机の上もがちゃがちゃになります。「この状態では良い記事が書けませんね、今少しきれいにしてから書いては・・・」と言われるのですが・・・おばちゃんのやる仕事ですので大目に見てください・・・。

.

投稿者 yuriko : 19:18 | コメント (0)

2012年07月13日

イタリヤ在住の生の声

 ある知人をとうして聞きました。
イタリヤに住んで20年(くらい?)の方からの今のイタリヤの一般の方の話を聞きましたので少し書かせてもらいます。

現在イタリア在住(2?年)の方がいます。

いろいろな手続きのためイタリアから一時帰国され、今日、ある方とのおはなしのなかで今のイタリヤの話を聞いたことを教えてもらいました。


「よい機会だったので仕事の話に入る前に、イタリアの現状をお聞きしました。

〇 イタリア人は非常にポジテブ(前向きで楽天)である。

〇 タンス預金(ウラ金)を持っている人多く、工員さんが山ほど買い物をすることもある。

〇 厳しい時期もポジテブな国民性で乗り切り何とかなってきた。

〇 ところが最近は様子が様変わりし何とかならなくなってきた。

〇 今年に入って自殺者が急増してきた。本来は宗教的に自殺は禁じられているので

  今までは自ら命を絶つ人は本当に少なかった。自殺の原因は経済的事情が圧倒的で

1、税金が払えない。2、失業。 3、自分の経営している会社がつぶれた。

〇 固定資産税や相続税は日本とは比べものにならなほど安い。ゆえに資産家が何代続いても

よほどの道楽者が出ない限り、財産を無くすことはありえない。

〇 土地や家は安いが、家賃はダントツに高い(所得税と人件費が高い関係)。家賃に物価上昇率の75%を上乗せすることを国が

認めているそうです。だから毎年上がり住みきれなくなってしまう。なので持ち家(不動産は割安)率が高い。

相談者も4年ほど前に家を買った(まだ銀行がお金を貸してくれた。今はまず貸してくれない。)

〇 消費税は19%から昨年9月には21%、そして来年は23%になる案が出ているそうです。

〇 給料は上がらない。

〇 医療は無料である。相談者のご主人は高度治療が必要になったが、超一流の医療機関で治療(無料)を受けている。

〇 イタリアも昔は住みやすかったが今は住みにくくなった。

以上 イタリア在住の日本人の生の声です。参考まで。」


イタリヤというと陽気で住みやすいところと思いましたが現実はそうではなさそうですね。

投稿者 yuriko : 17:42 | コメント (0)

2012年07月10日

昨日7/9は私の誕生日でした。

 7/9は私の誕生日でした・・・何か普段と変わったことが起きたかというと何も起きませんでした・・・。昨日が今日になるだけでいつものように仕事に追われる一日ででした。7/8に日本海ガス様で講演をした時にプレゼントをいただきました、うれしく思い、事務所に帰ってきてみんなとおいしくいただきました。
 来年の誕生日にはゆっくりと露天風呂で過ごしていたいですね・・・時間がほしいです。

投稿者 yuriko : 07:45 | コメント (0)

2012年03月24日

今、はまっています。

 今、はまっています・・・。韓国ドラマの「トンイ」と「イサン」です。見るようになったきっかけは友達が見ていたので日曜日に夜に放送されているのを見てはまってしまいました・・・今ではネットで見ています。どちらかというと「トンイ」が好きです・・・女性のトンイの考えがいいですね・・・いつもみんなのことを考えてどんな試練にもめげず・・・前向きに、かといって自分のことだけではなく一歩引いて前に進む・・・歌にもあるように「三歩進んで二歩戻る・・・」そんな歌がありましたよね。
 明るくいつも相手のことを考えてそれでいて、言いなりでなく自分の考えをしっかり持っている、なかなかしっかりした女性です・・・・そんなトンイが好きですね。
 今日もパソコンで夜、見てから寝ます。

投稿者 yuriko : 22:19 | コメント (0)

2012年03月16日

今地震がありました。

今地震がありました。今、パソコンに向かっていましたらゴーッという地鳴りのような音がしました・・・なんだろうと思っていたとき、すぐにガタガタと音がしてゴーと家(お店)が揺れ、地震ありました。今ラジオで群馬、埼玉の広い範囲で震度3と放送しています。
 3/14の18:00~19:00の間にもここ羽生で夕飯のためラーメンを食べていましたら地震がありましたね。この地震は結構、長く揺れているように感じました。あの(去年)3・11の地震から1年がたち私の心のどこかに少し緩みが出てきていたところにこの地震がいくつか続いています・・・「3・11のことを忘れてはだめだよ」と言っているのだと思っています。
 今生かされている・・・自分に何ができるのだろうと・・・できることと言ったら大家業(草取り・掃除)をできることからさせていただくことだけですね・・・。

投稿者 yuriko : 04:21 | コメント (0)

2012年03月06日

久しぶりのブログです・・・

ここ何日か(何か月ですね)は忙しく・・・春の入居シーズンもありブログがおろそかになっていますね?反省しています・・・。
 ブログが書けない理由にインターネットのドラマにはまっているからです・・・夜になると1~2時間ぐらいドラマを見てしまいます。予想外と思っているのですが・・・なかなかやめられません。本当にインターネットの中にはなんでもあるんですね・・・ドラマはもちろん音楽や天気・・・もちろん私もよく使わせてもらっている路線、そのほか」わからないこともインターネットに打ち込むとすぐ答えが出てきます・・・あまりに便利すぎて本当なのと思ってしまうほど便利ですね・・・。
 私みたいなアナログ人間でもあれば便利だと思います。でもプライバシーは守られているのか・・・便利過ぎるため、帰って反対から見ている自分に気が付きます。がんなりすぎることには気をつけなければならないjと思っています。自分を切り売りしないこと・・・自分の立場を考えなければいけないということですね・・・。

投稿者 yuriko : 07:29 | コメント (0)

2012年02月21日

いつも思います・・・

 お家賃をいただっくことについていつも思っていることを少し書かせてもらいます・・・
少ない収入からいただくお家賃をいつもありがたいと思っていただいています・・・いつも言っていることですが30万円の家賃から3万柄の家賃をいただくのなら私もなんとも思わず当たり前のようにいただくと思います。でも7~9万の収入から3万円の家賃をいただく時は本当にありがたいと思います・・・。それに30万の収入があっても毎月の家賃をきちんと支払ってくれる人がほとんどですが何人かは家賃滞納があたり苗で家賃は払うべきものではないと思っているのではと思ってしまうような方もいます・・・70歳くらいのおばあちゃんで家賃を何十万もためてしまい、話し合いの末、家賃を毎月1000円の分割で話がつき、その分割分の1000円のお札を毎月、握りしめるように持って来ていただいています。私たちにはたかが1000円と思うでしょうが家賃のほかに支払うこの1000円は、この方に取って1回外食ができる金額です・・・ましてそのお金は毎月のキツキツの生活費から支払うのです・・・毎月きちんと支払っていただける・・・本当に価値のある1000円だと思っています。また同じ家賃をためている方でも高級車(3ナンバー)に乗っていて家賃が追い付かないとはどうなっているのと首をかしげてしまう人もいます。
 家賃をとうしてその方の生活や考え方、大げさに言えばその方の人生が見えてくることです。
「衣食住足りて礼節を知る」と言いますが今の日本で一番足りないものは住ですね・・・」安心して生活のできるところを提供している仕事だと思っています。

投稿者 yuriko : 23:19 | コメント (0)

2012年01月24日

いま、東京からかえってきました・

 今日は東京八重洲で勉強会があり出かけました。
ウイナーズの勉強会です・・・のでいつもの元気な不動産業の社長さんたちの集まりで、ただ元気なだけでなくみなさん本当によく勉強しますし勉強熱心です。今日はやすらぎの前社長のお話を聞きました。そのあといつものように質問や知れに対しての考えなどカンカンガクガクの時間をすごしました。帰りの他のみなさんより少し早く帰ってきました。
 それにしてもウイナーズノ会員(社長)さんは元気です・・・みなさん順風満帆な方ばかりではありません・・・それどころか順風満帆でなかった方のほうが人間に深みがあるように感じます。
 その中に・・・仲間としていろいろな方の話や考えを聞かしてもらえるだけで宝物です・・・。
いつもですが楽しみな、楽しい(シゲキをたくさん頂けるので)時間でした。

投稿者 yuriko : 21:58 | コメント (0)

2012年01月08日

やっと一年が始まり・・・

 もう今日で(1/8)1週間以上がたち、街の中もお正月気分が抜けて普段の時間の流れに戻ってきましたね。私はというと朝は寒くてなかなか布団から出られません・・・・お店の雨戸をあけるときは外から開けます、その時の外の空気が冷たく、でも気が引き締まりますね・・・そこで目が覚めるというイメージです。今年もどんな年になるのか・・・泣いたり笑ったり怒ったりと・・・でも生きているからできることですね・・・生きていることに感謝しながら自分の持ち分や持ち場を担っていけたらと思っています。

投稿者 yuriko : 07:54 | コメント (0)

2011年10月07日

少しでも皆様のお役に立っていると・・・・

少しでも皆様のお役に立っているということが私の励みです。

「鈴木 先生

志木の○○です。

18日のセミナーと懇親会はお世話になりました。

先生の一言はいつもハットさせられます。

内見の時、お客様に「素敵な部屋・・・」って言ってもらえる準備が足りませんでした。
いつも助けていただき、本当にありがとうございます。

今後もご指導宜しくお願いします。」 


私がいつも思っていて感じることは安い値段だからこんなものでいいや(お部屋の出来上がり方です)高い値段のお部屋だからこのくらいにお部屋をきれいにしておかなければと大家さんは考えている方が多いように感じます。
・・・ではないですよね・・・安くてきれいなお部屋ならどなたにでも借りていただけますよ・・・。そのようにできるようなお部屋(大家経営)にを作りましょうね・・・。

投稿者 yuriko : 10:30 | コメント (0)

2011年09月29日

うれしい葉書が届きました。

数日前にうれしい葉書が届きました。
 この方はもう3年ぐらい前に羽生駅前のお店に突然に訪ねてきまして「ゆり子さんの弟子にしてください」と言ってきた方(Aさん)です・・・。もちろんお断りしました。私のところよりもっとお給料もよいところにお勤めの方でした。その場は丁寧にお断りしてま「奥様に相談しましたか・・・」と聞きましたらまだとのことでしたので「まず奥様のOKをもらってからまたいらっしゃってください」と言っていったんはお引き取りしていただきました。それから何回か「鈴木ゆり子の大家塾」に出席していました・・・そんなこんなとしているうちに連絡がなくなり・・・しばらくしましたら自分の故郷に転勤になり奥様子供さんと生活できるようになったとのこと・・・。Aさんも落ち着けてよかったと思っていました。ときどき近くに仕事で講演に行く機会がありそんな時は時間が許す限り駆けつけてくれましたので少し(おおいに)は大家に対する思いをまだ持っていることは分かっていました。
そんなことをしているときにこの葉書が来ました・・・うれしいですね・・・私は何にもお手伝いはしていないのです。これもみんなAさんと奥様の協力のたまものです。それでもこうして葉書をいただける・・・なんとうれしいことでしょう・・・。神様(Aさん)からのご褒美ですね・・・本当にうれしいです。
 Aさんこれからも奥様とt少しづつ前に向かって歩いて行っててくださいね・・・。
 記念すべき一棟目、おめでとうございます。夢見ていた大家さんに本当になったのですね・・・大家業は買ったら終わりでなく買った時からが始まりですよ・・・。

投稿者 yuriko : 21:59 | コメント (0)

2011年09月22日

今月末にはどうしても・・・

 こんなにも経理が難しいのか・・・毎年今ごろはいつも思うのです・・・私の一番苦手の分野です。
 なんでもそうですが後になると思い出せなくなることがことが多すぎます・・・すぐに処理しておかなくてはだめですね。最近は・・・頭のたんすの引き出しが少ないためか入りきれないのです・・・頭のたんすの引き出しを今から増やすことはむりかなと思って・・・?それを補うためにメモルのですがそのメモッタメモをどこに置いたか忘れてしまう・・・これでは何のためか、そのメモを探すのに時間がかかって自分の頭をよく振って思い出したほうが早いのではと思ってしまうことがたびたびです・・・。
 私は毎晩枕元にメモ用紙を置いて明日やることなどメモしてから寝ます・・・明日やること一週間以内にやること近い将来にしなくてはならないことなどを思いつくままに書き留めます。ご想像のとうり枕元はメモ用紙が散らばっています・・・それよりも半分寝ながら書いているので朝目が覚めてから読みかえすと読めないメモ文字があることです・・・これには自分自身が嫌になりますが仕方ないか・・・自分でしたことなので・・・年を重ねてくるとどうしても若い時のようなわけにはいかなくなります・・・それを補うべく自分流を考えだして補っていきます。それよりも若い時には浅かった経験も厚みがまし、それが役立ち衰えをカバーしてくれます・・・パワーには負けますがパワーだけでなく風に吹かれる柳の枝のようにうまく受け流すことも覚えてきます・・・年を重ねることも悪くはないと思う、今日この頃です・・・
 

投稿者 yuriko : 22:04 | コメント (0)

2011年09月11日

この世の中は人間が一番ですか・・・

 この間、他の用事がありH市のとある所に出かけました・・・。出かけた理由は入居者さんのトラブルのためのそうだんででかけました・・・。出かけたその場所の隅に犬を保護(?)する所があり、一匹の小形犬がつながれていました・・・その犬は怖さと不安で吠えているのだと思うのですが側に行ってみましたら吠えるのを辞めてしっぽっをふるのです・・・が・・・よその犬は怖いので鎖の届かない距離で話し掛けましたがわかるのかくーンクーンと甘えるのです。そうしたらその建物の奥から(厚そうなドアの向うの中から何匹かの犬の声が(悲しそうな声に聞こえました)聞こえてきました・・・私は「ああ、明日あたりガス室で殺処分と思うとその建物の前にしばらく立ち止まっていしまいました・・・どうしょうかと・・・全部連れて帰りたい・・・が現実的には無理・・・もう一週間もの時間がたちますが今でもそのことにどうしても気持ちがいってしまうのです・・・犬だけではないです、猫もです。もっと広く言えば熊でも鹿でも野生の動物が畑を荒らすといいます・・・私も山奥の出身(沼田市)ですから畑を荒らされて困っていることも子供のころありましたし今も現実にとうもろこしなども食べられて困っていることもわかります・・・私も今は山の中でなく少しは町の中のところに住んでいるから思うことなのか知れませんが熊が荒らすのも昔は熊が生活する所(山や森)が広かったから食べ物が何とかなったでしょうが今は山奥も開発されてテーマパークになってしまっています、人間のテリトリーになっています。熊(野生の動物から見れば)から見れば人間よりもっと前から俺たちのテリトリーだった野田から返せーと思っているのでは?、熊には所有権を主張することも登記も出来ない、この制度は人間が作った制度で人間中心の考えだと思いますが・・・(間違っているかなー・・・)といいたいと思っているのではないでしょうか。人類が一番偉く自然も他の生き物も人類の好きなよう支配して今は人類が地球上では繁栄を謳歌していますが地球の年齢46億歳から見れば人類は(ホモサピエンスの現代人につながる祖先)20~30万年前くらいからだといわれています。地球の歴史から見ればまぶたを閉じている間の時間です・・・まして私たちの寿命など地球から見れば一瞬の時間にもならない時間です。その人類が作った法律(決まりごと)をたの生きとし生けるものに当てはめていることに疑問を感じます。犬のことでも保健所に連れてきた犬はほとんどが殺処分されると思います、ではその犬を飼っていた飼い主(人間)は始末書を書くだけで終わりですか・・・片方は死んでいく、死んでいくほうには犬からすれば何の落ち度もないと思います・・・飼い主の都合・・・野良犬でも同じです、犬からすれば野良でも飼われていても同じだと思います。狂犬病になるというなら、なられては困る側が予防注射をするべきではないのではと思うのですが・・・今は人類(ホモサピエンス)が地球を守っているというより駄目にしているように思います・・・この先地球をよくするのも駄目にするのも私たちの考え次第ですよね。先ずできることから・・・せめて自分で飼ったペットは最後まで責任を持つことは当たり前でそれでもどうしてもと言うことならこのペットが寿命をまっとうできるまでの餌代を負担して里親を探す(制度をつくる)ぐらいの責任でペットを飼ってもらいたいです。片方は死んでいかなければならない・・・片方の人間は何もお咎めが無し・・・人間を殺したら前科1犯ですよね・・・犬は・・・自分の家族がそうなったらどうしますか・・・ペットは家族と思って飼うのでしょうから命を最後までまっとうさせてやってください。もっと制度も法律も厳しくしてもよいのではと思うのは私だけでしょうか・・・。
 今日もまだこの犬達の鳴き声を引きずっています。

投稿者 yuriko : 09:03 | コメント (2)

2011年08月31日

昨日は楽しい飲み会でした・・・

 昨日は新宿で18時ごろから気のあった方と飲み会をしました・・・メンバーは徳島の木内先生と三鷹市の大川先生、と八重洲の上野弁護士さんと私の4人での飲み会です。
 何を話すのか決まってはいません。ただただ色々なことを話します・・・もちろん話の中心は大家業のことがほとんどをしめます・・・大家さんの話にカンカンガクガクの間(あいだ)間(あいだ)に他の話が入り、又もとの話に戻り・・・また人生問題になっりとあっという間の3時間半でした・・・何でも言えることは・・・友とはいいものですね。

投稿者 yuriko : 16:37 | コメント (0)

2011年08月22日

今日はくたびれています・・・

 ここに来てトラブルが続いていて・・・今日も朝5時おきで伊奈に寄って掃除をして、それから春日部に朝8時に待ち合わせてお客様のご案内です。本当はお客様も、もう少し遅い時間がよかったのでしょうが私が11時には他の用事が入っていまして無理を聞いてもらい、朝8時の時間での内見になりました。
 おかげさまで気に入っていただき借りていただくことになりました・・・「〇〇さん有難うございました、朝早くから私の都合でスミマセンでした。」
 次は今、手をつけ始めた物件に泥棒が入りエアコンや銅線を盗まれてしまい、警察を呼びました・・・。これだけの被害ですまなく、ドアも(てつの厚みのあるドアです)こじ開けられてしまい、ガラスも割られて大損害です。これからはおとうちゃんと交代で泊り込みをしなくては・・・・ならないかな。
今ひとつは何とか良い方向に進むかな(被害を最小限に納めることが出来そうです)と思っています・・・
借主が去年になくなっていてそこに他の人が借りていた言うお部屋の件です。連帯保証人や借主(亡くなった人)の奥さんに(ボリビヤ人です)何とか連絡をとったりして・・・又連帯保証人が日本人だったので話を理解してくれ、何とか解決に向って?いると思います。裁判をして今の入居者に立ち退きをしてもらうにも時間とお金がかかるため話し合いで何とかしなくてはと頑張っています・・・。
 今ひとつ、退室したのはよいけれどリホーム費用を払ってくれない前入居者の件です。お金がないことはわかっているのですが・・・支払えないのならすみませんと言う態度でしたら私も何とかしてあげたいと思うのですが、前借主(本人)には会う事も出来ずにいます。引越し先に訪ねていっても子供だけしか出てこないのです。朝、昼、晩と訪ねていっても留守にしていると家族は言うのです、電話をしてくれるとの約束をしてきても一度も(子供やおばあちゃんに伝えてくるのですが)かかってきません・・・。
 こんなことが続くと・・・いろいろ考えると嫌になってくることもありますが・・・できることから一つづつと思っています、又、こんなことをしているとくたびれます、くたびれたときは寝ます。エネルギーが減っているからくたびれてやる気がおきなくなると私は思っているのでエネルギーをためることです。エネルギーをためるにはいろいろあるでしょうが・・・私の場合は寝ることです・・・。今日は布団をかぶって寝ます。
 明日になれば気分も変わって又元気が出てくるかな・・・・?

投稿者 yuriko : 16:58 | コメント (0)

2011年07月23日

今日は一言三言を書かなければいけないのに・・・・

 今日は朝からなんだカンダ仕事が入ってきて忙しく今の時間まですぎてしまいました。朝からご来店のお客様がいらしてお部屋の案内をして・・・次の方は前からの約束のしていました方と地主様へのご挨拶・・・その後はご入居している方からのご相談があり、お昼休みに大家さんの所に行って相談して又取って返し入居者さんの所により・・・問題解決に一歩近づいて・・・よかった・・でもまだ半分かな・・・その次は前からご挨拶に行こう行こうと思っていたお客様のところに寄ってお茶を入れてもらい2時間も話をてしまいました(ただ私がおしゃべりなだけですね。)おしゃべりだけで一日が終わってしまいあっという間に夜の7時です・・・なんでこんなに忙しいのでしょう???(忙しいと言うのは嫌いです・・・忙しいと言う漢字は心が亡ぶと書きますので嫌いです)でもやることがあることはよいことなのですか・・・タマーには温泉でノンビリとしたいといつも思っています・・・。
 それどころではないんです・・・毎月のニュースレター「鈴木ゆり子の二言三言」を書かなければいけなく、お尻に火がついているのですが・・・気が乗らなく忙しいことにかこつけているのです・・・書くことやお知らせしたいことはたくさんあるのですが・・・明日は絶対に書き上げます・・・清書をしてもらっている〇〇さん・・ごめんなさい。いま少し待ってくださいんね。あなたに時間的しわ寄せが行くことはよくわかっているのですが・・・・ごめんなさい・・・。

投稿者 yuriko : 17:48 | コメント (0)

2011年07月18日

なでしこジャパン・女子サッカーを見ていましたか・・・

 夜中からなでしこジャパンを見ていましたので・・・眠くて・・・眠くて・・・試合を見ていて興奮して昨夜から今朝にかけて90分ぐらいしか寝ていません・・・そのお陰で本当に感激を感動をたくさんいただきました・・・昨夜はハラハラドキドキと「ヤッター」「ソコソコ・・・頑張れ」「アーもう少し・・・頑張れ頑張れ」「イケー」の言葉を一人で布団の中で声を出して・・・最後は起き上がって・・・それでも足りずに布団の上に立ち上がって応援していました。
 本当におめでとう・・・アメリカ選手と日本選手との体の大きさの違い・・・前半はこれは駄目かなと思っていましたが後半からPK戦のときなど布団の上に立ち上がっていました・・・自分がボールをけるような気持ちになっていました・・・「USA選手にも勝たせてやりたかったですね・・・両国の選手達は本当に良い試合をしてもらいました・・・そう思っていても「なでしこジャパン」の優勝は最高に嬉しいです。
 「なでしこジャパン・・・おめでとうございます。感動を有難うございました。しばらくは「なでしこエネルギー」をいただきそれをパワーに変えて頑張ります。

投稿者 yuriko : 12:44 | コメント (0)

2011年06月03日

今日は久しぶりの晴れ・・・

 今日は久しぶりの晴れですね・・・洗濯物が外に干せました。でも湿度が少しあります・・・
雨の日は気持ちも湿ってしまいます・・・でも少しでもお日様が出ると気持ちもルンルンしてきます・・・
 まだ主婦を全部辞めてはいないので(?)洗濯物が外に干せるのは助かります。子供さんのいる家庭では洗っても洗っても洗濯物が減らず梅雨の時期には干す所がなくなるようでした(私が子育てをしているころは・・・)。でも今はコインランドリーがあり乾燥機も値段が手ごろになり、便利になりましたね。
 子供達も昔ほど外で遊ばなくなり着ているものも汚さなくなったのでしょか・・・そんなことも考えると今が幸せとはあまり思えないこともありますね。そしてこの震災での原発事故を考えると今、自分が子育てをしていたら子供達を守るためにどうしているのだろう・・・小さい子ほど心配ですね。
 何でも便利になるということはよいこともあるでしょうがその分リスクもあるのだと言うことを普段は忘れてしまっていました・・・東京のビルの10階で地震に遭って帰宅難民になったときのこと、ガソリンが震災で入れられなくなったとき・・・電気が計画停電になったとき・・・のことを考えるとその不便さは便利さと引き換えに手に入れた今のガソリンや原発です。そんなこんなとない頭で考えるに地球上に自然にないものは人間が科学で作り出したものはよくよく考えて使わないと今回のようにしっぺ返しが来ますし自然はやさしくもあるが残酷なときもあります、人間に都合がよいようにはいかず、なかなか人間が使いこなせないと思うようになりました・・・。それにしてもこの狭い日本に原発が何箇あるのでしょう・・・54基です。世界第3位の数です。すごいですね・・・この狭い日本に・・・でも今の日本にはなくなっても困るのが現実です。計画停電の時を考えたら・・・難しいです・・・ね・・・この問題は・・・


投稿者 yuriko : 14:35 | コメント (0)

2011年05月02日

かずら橋へ行ってきました。

 4/28は朝から良い天気でした。今日は夜6時過ぎの飛行機で徳島空港から羽田へかえります。
朝9:00にホテルを出発して(もちろん木内さんの車での案内です。私の為に一日車で四国を案内していただきました。お手数かけました、感謝感謝です)どこに行きたいかとのでかずら橋へ行ってみたいとお願いして案内してもらいました。「祖谷のかずら橋」「大歩危峡の遊覧船」に行ってきました。
木内さんに「大歩危小歩危の意味を知ってるかい」と言われ教えてもらったことが「大歩危(大股で歩くと危ない)小歩危(小またで歩いても危ない)だから這って歩くような危ない峠なのだそうです)」この峠はかの坂本竜馬も越えたそうです。夕方、木内さんの事務所(徳島)に案内していただき、奥様と従業員の方にお会いしました。17:30頃に徳島空港へ送ってもらいました。本当に楽しい2日間でした。今度木内さんとご一緒できるのは東京のビックサイトでの(7/12・7/13)賃貸住宅フエアーで又、今年も「鈴木ゆり子の大家塾」のブースを手伝ってもらいますので又皆さん東京にお出かけください。

DSCF0026.JPG

DSCF0027.JPG

DSCF0028.JPG

DSCF0029.JPG

DSCF0030.JPG

DSCF0031.JPG

DSCF0032.JPG

DSCF0036.JPG

DSCF0050.JPG

DSCF0058.JPG

DSCF0061.JPG

DSCF0048.JPG

投稿者 yuriko : 19:52 | コメント (0)

2011年04月17日

震災の影響は住んでいる方だけではないです・・・

 私は不動産会社のよき仲間達の集まりである勉強会に入れていただいておりいろいろと勉強をさせていただいています。その仲間である不動産関係の会社がこの原発の問題で仕事が立ち行かなくなっています。
会社や地元の方には何の落ち度もありません・・・と思っています。でも真面目に落ち度無く仕事や暮らしをしていてもどうにもならなく地元を離れ無くてはならない、知らない土地でどうしたらよいのか・・・生活が出来るのか・・・・私にはどうしてあげることもできません。せめて震災後には原発問題もあり、こんなことも起きていることを皆様に知っていただくことしか出来ません、もちろん私も自分の仕事は一生懸命やります。その仕事をやりたくてもやれない、生活の場を離れなくてはならないことの悔しさ、切なさやりきれなさ・・・この先のことを考えると心配と不安で・・・今の私に出来ることは限られています。


「先日私達の仲間の岩槻の〇〇さんのお話をお聞きしました。
 社長さん、ご覧になっていれば失礼します。

ニュース等で御存じのことと思いますが、岩槻市は原発に近くで、避難
勧告も今だに出ていないのにも係わらす、風評被害のお陰で物資が入ら
ず生活が出来なくなりゴーストタウンになった街です。

〇〇さんは、岩槻市で売買仲介を中心に素晴らし実績を残していらっ
しゃる会社です。
しかし、現在の状況、そして原発が治まったとしても売買仲介だからこそ
暫くの間は仕事が出来ないのでは・・・
支店の多くの社員の方々は、他の別の全国の加盟店の皆さんの御好意で
一時的に雇用され全国に散ったそうです。

私達に何かお手伝いすることはないでしょうか?
△△さんのおっしゃる通り、私達に出来ることは仕事を頑張り、各々の街で
その責務をまっとうすることと思います。
しかし、それすらも出来ない立場に追いやらられている仲間を・・・

〇〇さん、出すぎたことを書いて申し訳ありません。

しかし、何かできないかと思い・・・
こんなときこそ私たちのパワーを、何て鼻の穴おっぴろげて考えてしま
しました。
理事会及び会員の皆様にご一考いただければ幸いです。」


何を私に私たちにできるのか・・・今の私には考えてみてもすぐには思い浮かばない状態です。辛いです、切ないです。


投稿者 yuriko : 15:44 | コメント (0)

2011年04月12日

震災に寄せて・・・その後

先日、震災に遭った方からのメールが届きました。現地ではここ埼玉では想像できないほどの困難に立ち向かっている方々が沢山いることが伝わってきます。またそれと同時に善意の方も沢山いてありがたいと心底思います。有難うございます・・・自分のことだけでなく他の人のことも考えていただける方が沢山いるから光が見えてくる・・・感謝感謝です。

「いつも、お世話になっております。 夫の勤務先社長さんが行方不明のうえ遺体で発見された他、親類知人も大なり小なり被災しているところ、お陰様で我が家は浸水被害も寸でのところで免れ、家族全員無事でおります。そして大震災から20日目、今年1月に当方の営業妨害をしていた近隣の会社が競売で購入の以前所有していた賃貸不動産の屋根が、9日ぶりの救助劇の報道の折りに映し出されたことで思い切って現地を久しぶりに訪れました。 街そのものが凄まじく変貌しており、購入者の自宅兼事務所なども元ある位置から500 メートルほども流され当該物件もボロボロになりながら100メートルくらいずれていたでしょうか、この惨劇を目の当たりにしたことで入居者をゼロにしたことは必ずしもマイナスではなく、結果として直近の避難場所が大火災に見舞われたあの場所で、当方と縁があった店子さん方から被災者を出さずに済んだことにも繋がったと思っているところです。 幸いにも自宅のプロパンガスだけは震災当時から使え私が住んでいる地域は先週から電気が復旧しましたが水汲みや買い出しなどに時間を費やさなければならない合間を縫って、微力ながらボランティアにも少しずつ参加しています。 避難所にいる皆さんは、疎開先や移動先などを探さなくてはいけなかったり大変だと思うので、少しでもそのサポートになればと夫の難色を半ば無視する形で(苦笑)。自宅から少し先に行くと、凄まじい地獄絵図の傷痕がまだまだ残っていますし復興には程遠い感じがしますが、警察や消防、自衛隊の皆さんはもちろん遠方の水道企業団や民間の方まで、様々に沢山の方々の善意と応援に支えられ立ち直る予感はあります。私は里親認定も頂いているので、子供達がこの困難を乗り越え成長できる何らかの手助けもしていきたいと思っています。
 頑張ろう東北、そして日本! また、今後も何卒よろしくお願いします。」


本当ですね・・・頑張ろう東北、頑張ろう日本・・・目の前の自分が出来ることを精一杯やることが東北しいては日本の力になると思っています。
 一人一人が一握り分の力を震災の為に使ったら未来は開けてきます・・・頑張りましょう

投稿者 yuriko : 10:11 | コメント (0)

2011年04月04日

あっという間に4月が4日もすぎて・・・

 今日であっという間に4月が4日もたってしまいました・・・早いですね・・・後何日かで入学式があちらこちらで始まりますね。今年は入学式のときが桜が満開のところも多いいと思います。
羽生でもソメイヨシノの桜が咲き始めました・・・でも少しさびしい気持ちですね・・・桜が満開になったら世の中のことを考えながら今年は花見をしたいです・・・します。毎年使用し様と思いながらもしたことが無かったのですがこんなときだからこそします・・・この桜を見たくても見られなかった方の分まで・・・生かされていることの幸せを感じながら今年は花見を送別の気持ちでやりたいですね・・・。
まだ桜の蕾が少し開いてきました・・・花見もあと数日ですね。

DSCF0031.JPG

DSCF0032.JPG

DSCF0033.JPG

DSCF0035.JPG

DSCF0036.JPG

投稿者 yuriko : 19:29 | コメント (0)

2011年03月29日

入居者様との関係・・・

 今、アパートを浄化槽から本下水への工事をしています。前もってチラシをドアポストに(2~3日前)にポステングしたとのことです(工事会社様が・・・)。いざ工事が始まったら入居者様から苦情がきました・・・もちろん入居者様からすれば苦情が言いたくなるのもわかります。
 工事は朝8:30頃から夕方4:00迄の2日間はコンクリートをはつるためにどうしてもドリルの音がすごいためお部屋に一日いる方には苦痛です・・・ましてもう一つ我慢があります、工事をしている間はトイレがつかえません(夕方4:00からは使用できるようにはしています)・・・ほとんどの方は仕事や学校に行っていますがお一人の女性の方が(私より少し上の方です)お仕事をしていないので一日お部屋にいます、その為、騒音とトイレの問題は大変です・・・工事の業者さんからどうしたらよいかとの電話があり,
次の日に急いでアパートへ駆けつけました。もちろん電話のあったその日に電話で娘さんに(ご近所に住んでいます)これこれのわけですのでご協力くださいとお願いしておきました。そのときの娘さんの話でこの方は胸にペースメーカーを入れていることがわかり、そのことで気持ちが落ち着かなく辛く当ってしまったのかなと私も思いました。日ごろ穏やかな方が変な態度や考えを(これはこちら側から見た言い分です)言ってきたときは何か変わったときですね肉体や経済的になど・・・このことを見落とすとこれからこのアパートの運営はギスギスしてトラブルがつきまといます。こんなときは早くご本人と会って話を聞いてお願い(聞くことが大事)することです。お話しをしましたら何とか工事の間は外出先を探して出かけていただけることになりました。本当にありがたいです・・・私からの気持ちでお花の鉢をお持ちしました(この方はお花が好きですので)。アパートに入居者様が いてこそ経営が出来るし続けていくことが出来る・・・もちろん入居者さんもお部屋があるから寝ることが出来る(生活が出来る)どちらも大切です・・・入居者さんはわがままも言いますがその中にも納得と思うこともいっぱいあります・・・出きることはなるべく聞いてあげたいのですが原則は入居者さん全員にしてあげられることはOKですが、この方にはOKであちらの方にはNOということは駄目です。又、一人一人考えも違いますし体の状態や心もちがいます・・・入居者さんとの関係は遠い親戚の関係が一番と思っています・・・都合のよいときだけ連絡がきます(入居者さんも親戚も)。たとえば自分の娘が東京で受験をするとき「あー、そー言えばどこそこに親戚の〇〇さんがいたっけ、一晩泊めてもらえないかな・・・電話してみるか」となって電話がかかってくる、こちらは「〇〇ちゃんはそんなに大きくなったのー、この間までよちよち歩きだったのにー」となってこちらも一晩ぐらいなら大切に扱う気持ちになりますね。こんな気持ち(関係)が一番良いと思いますがなかなか理想どうりには行かないときが多いです。「大屋業は人間業です。御部屋を貸していても人間相手の仕事ですから」・・・・

投稿者 yuriko : 08:39 | コメント (0)

2011年03月22日

心に残った一言・・・

今私の尊敬している心の師匠、野口先生の勉強会のグループでこの地震について皆さんの思いやりの言葉や考え、出来ることなどについてなどいろいろなメールでのやり取りがあります中に心のありようなどについても皆さんの意見がありました・・・その中で私の心に残った言葉をここにのせさせていただきたいと思います。

『あしあと』

ある夜、わたしは夢を見た。
わたしは、主とともに、なぎさを歩いていた。
暗い夜空に、これまでのわたしの人生が映し出された。
どの光景にも、砂の上にふたりのあしあとが残されていた。
ひとつはわたしのあしあと、もう一つは主のあしあとであった。
これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、
わたしは、砂の上のあしあとに目を留めた。
そこには一つのあしあとしかなかった。
わたしの人生でいちばんつらく、悲しい時だった。
このことがいつもわたしの心を乱していたので、
わたしはその悩みについて主にお尋ねした。
「主よ。わたしがあなたに従うと決心したとき、
あなたは、すべての道において、わたしとともに歩み、
わたしと語り合ってくださると約束されました。
それなのに、わたしの人生のいちばんつらい時、
ひとりのあしあとしかなかったのです。
いちばんあなたを必要としたときに、
あなたが、なぜ、わたしを捨てられたのか、
わたしにはわかりません。」
主は、ささやかれた。
「わたしの大切な子よ。
わたしは、あなたを愛している。あなたを決して捨てたりはしない。
ましてや、苦しみや試みの時に。
あしあとがひとつだったとき、
わたしはあなたを背負って歩いていた。」


マーガレット・F・パワーズ

 私は不信心な人間ですが・・・これを読んだとき不覚にも泪が出てしまいました・・・。

............................................................................

投稿者 yuriko : 17:19 | コメント (0)

2011年03月21日

今日、衝撃の写真を見ました・・・

 今日、知り合いの方からの3/11の地震のすごさがいかにひどいものか・・・今まで経験したことのないような光景が写っていますとメールがありました・・・ほんとにこうして震災前と後の写真を見てみるといかにスゴイことだったのかがわかります。
 未曾有の被害です・・・皆様の暖かいご支援をお願いします。


「これは友人がアメリカに住む昔の上司から送ってもらった写真です。
日本にはこういうものがまだない。現実をしかとご覧ください。

下のサイトに入っておのおのの写真の右側の黒
い線を左にドラッグすると2まいの写真の比較が出来ます。驚くべき写真です。


 http://www.abc.net.au/news/events/japan-quake-2011/beforeafter.htm

涙、涙の〇〇 〇〇でした。

 皆様・・・ぜひぜひ皆様の暖かいお力を手を被災者の方々に差し伸べてあげてください、よろしくお願い致します。

投稿者 yuriko : 08:58 | コメント (0)

2011年03月20日

メールが届きました・・・

昨日メキシコの〇〇さんからメールが届きました。今の日本は幸せなのですね・・・


「鈴木さん、日本も戦後の貧しかったころ、安保闘争とか、デモとか、ストライキとかありましたよね。エネルギーを外に発散させる時代が。私の家は貧乏でしたから、なんか屈折した気持ちをもっていました。豊かになると、失うものができると守りに入り、おとなしくなりますね。世界の人が尊敬する日本人は実はそんな姿もしれません。40年前メキシコは、東京のつぎにオリンピックを開催した国ですから国力はあるはずです。石油もでますし。相続税がなかったり、通関士など一部の職業で世襲制があるなど、金持ちはずーっと金持ちのようです。一方で1日60ペソ 420円の賃金で働いている工員さんもいます。私の社宅の周りはひとつ5ペソ35円のタコスを売っている庶民の店が多いですね。」

今、震災にあっていられる方達は本当に大変な辛苦を体験していると思います・・・震災に遭わなかった私たちは幸せなのです(普通にあることの幸せ)・・・その幸せを少しでも他の方たちにおすそ分けして下さい・・・出きることをやっていきましょう・・・目の前の出来ることやっていきましょう。

投稿者 yuriko : 08:59 | コメント (0)

2011年03月19日

これからのこと・・・

今は地震に見舞われている被災者の方たちはまだ目の前のことに対応することに精一杯で先のことを考えることは出来ないと思います。でもその先のことを考えることや知人、肉親や大事な方のことを思い出したとき(今はまだ心の中にしまいこんでいるのです)相手を思いやることが出来るようになったときが心配です・・・今はまだ夢の中にいるようでしょう(私もそうでした)・・・現実を家族や家、その他を失ったことを受け入れるときがきます・・・そのときが心配です・・・全員の方が力強く前に向って前進しようと思う方ばかりではなく、心が壊れてしまわないように・・・そのことを受け入れることが・・・なかなか受け入れることが出来ず病気になってしまう方も出て来ると思います、(私がそうでしたので・・・とくに真面目な頑張りやさんがなるそうです・・・これからの周りの方々のお手伝いが長いお手伝いが必要です・・・その方の側で見守る方も一人では辛すぎます・・・物資とともにそれ以上に精神的な面での手助け・・よりそってあげられる方が周りにいてあげられればよいのですが(私のときはおとうちゃんと家族がいましたので私は助かりました・・・)時間もいつになるのかわかりません・・・半年先になるのか・・・1年先なのか3年先なのか・・・もちろん本人も大変です苦しいです・・・が寄り添っている方ももっと大変です・・・親が子供を見るときはまだ良いです親の情があります、兄弟や親戚が悪いわけではありませんがこの病気は外から見てもわからないため・・・」なかなか難しいのです・・・理屈では・・・頭ではわかっているのですが・・・被災している方のこれからを考えると難問山ずみです・・それでもみんなで何とか力を合わせて出来る人ができることをお手伝いしていかねば・・・一時的で無く長い時間がかかることです。ふんどしを締めて(私は女ですからふんどしはしませんが)気持ちを引き締めてお手伝いを(手伝いでなく自分が本人と思って)して行こうと思う気持ちです。かといって頑張りすぎると長続きしませんので出来る範囲(出来る限り)の応援します。

投稿者 yuriko : 11:38 | コメント (0)

2011年03月16日

上里に行ってきました・・・

 上里町に行ってきました・・・すごいですね・・・・なぜ・・・噂には聞いていました・・・おとうちゃんが「ガソリンが無いー、ガソリンを入れたくてもあんなに列を作っていたのでは・・・」とぶつぶつ言っていました。
そのぶつぶつの意味がよくわかりました。上里町の国道がばかにいくらなんでも車が進まないのでなんだろうと車を運転していましたら(前の前、その前からの車がノロノロ運転なので仕方が無いですね・・・・)原因はガソリンを入れるため国道沿いのガソリンスタンドに入るための車の列でした。ガソリンスタンドの反対側でしたのでそれでも30分ぐらいで通ることが出来ましたが・・・しかしスゴイです。
 そこで問題が発生・・・仕事が終わって我が車のガソリンメーターを見たら一メモリの4分の1しかガソリンが残っていません、これでは羽生に帰ることが出来るかどうかの残量です。仕方なく先ほど並んでいた(車が)ガソリンスタンドの列と思われるところに並びました(国道の車の列の一番最後です。)ガソリンには関係なさそうな一般のトラックもこの列に巻き込まれて1・5~2キロは列がつながっています。私の番に来るために3時間かかりました・・・・。それでもガソリンを入れることが出来ましたのでまだよかったですが3時間待って目の前でガソリンが終わッて入れることが出来なかったら本気で泣いてしまいますよね・・・。それでもいつもの通り、ガソリンは満タンの半分をいれてきました(本当は満タンにしたかったのですが他の方にその分がいきますようにと思ってグット我慢しました・・・我慢と思うことがあさましい我が心根ですね)どうにか羽生に帰って来ることが出来ました。
 その列に並んでみるとどうしょうかと思っているときは入れてしまいますね・・・そこを何とか他の人の為に被災してる方のためと思って協力しま省ね・・・よろしくお願い致します。

投稿者 yuriko : 19:14 | コメント (0)

2011年03月15日

地震の地、仙台市の方からのメールです・・・

 3/11の地震に見舞われた仙台の方から今朝メールが入りました。皆様にぜひぜひ皆様の出来る範囲でお隣や被災地の方々に援助をしていただけますようお願い致します。
 「たらいの水」です。自分の方へ水をかき集めると脇から逃げてしまう・・・相手のほうへどうぞどうぞと押しやればはね返って戻ってくる」
 ぜひぜひ皆様にお願いです・・・東日本大地震に被災された方へ手を差し伸べててあげてください。
そして出来る範囲で節電、節水、節ガソリン、節ガスをお願い致します。ガスやガソリンは電気を作るために少しでもまわせるようにご協力をお願い致します。
 献血にもご協力をお願い致します。献血でしたら体一つを献血会場に行っていただければどなたでも協力出来きます、皆様のお役に立てますのでよろしくお願い致します。
 出来ましたら食料や他のものの購入のときも一人でも多くの方に商品が行き渡るように必要分だけの購入にしていただけましたら嬉しいです・・・ね。ご協力を重ねてお願い致します。

 鈴木様、おはようございます。初めてメールいたします。

今回11日に未曽有の地震を体験したものです。私はなんとか命も家も失うことなく無事でしたが、海沿いの方達は命も家ももろともに失った方達、命は助かったものの、津波で家が流されてしまった方達が数多くいらっしゃいます。

そこで鈴木様にお願いがあります。

鈴木様はきっと不動産関係者の方や大家塾の方達、たくさんの方達とお知り合いかと思います。今回の地震津波の被災地救済のためにそのお知り合いの方達や鈴木様のブログで何らかの発信をして頂けないでしょうか?

直接鈴木様が動くことができなくても、鈴木様の発信でどなたかがきっとアクションを起こしてくれると思うのです。

突然のメールで失礼なのは重々承知の上、メールさせて頂きました。どうぞよろしくご検討をお願いいたします。
宮城県仙台市
庄子より

同じ日本人、親戚です(大きい意味で)・・・出きる範囲でよいのです。無理をしない範囲でよいですから地震の被災者の方々へのお手伝いをお願い致します。
 多分この地震から被災者の方々が普段の生活に戻れるためには5年10年の時間が必要と思うのです(心の傷も含めて)・・・長い時間の被災者の方へのお手伝いをしていただきたくお願いします。そのためには出来る範囲で長い時間のお手伝いをしていただけましたら鈴木も嬉しくお思います。小さいお手伝いでも一つ一つが集まれば大きなことが出来ますし大きな力になります。
 よろしくお願い致します。

投稿者 yuriko : 09:07 | コメント (2)

2011年02月18日

今日は私の心が貧しかったり?ビックリしたり・・・

 今日は一日お店当番でした・・・午前8時前にお客様のところに行って(おうちを購入していただく方のところです)お家のクリーニングや畳の話しをして(お茶を出していただきましたのでお茶を飲みながらです)AM9時過ぎには保険の方が来て待っていますので慌てて帰りました・・・それでも30分も待たせてしまいました(ごめんなさい)。それから今日は一日お店にいますので机の上に溜まっている書類を片付けましょうとしてもなかなか進みません・・・そんなこんなをしていますとお客様が見えられてお部屋を案内しましたら気に入っていただき入居申込書に記入してもらい少し(?)お茶のみ話をしていましたらもう3時過ぎ・・・お客様もお帰りになりお昼を食べて書類の片付けと思ったら・・・またまた電話が鳴って風で窓の一部が壊れてしまいしまらなくなったとの事・・・急いで主人に行ってみてもらいました(今日、羽生市は強風が吹いていて外に出してある看板などが風邪の為に飛んでいってしまう程の風邪です、そのため旗や看板をしまってしまいました)ら窓を開けたときに丁度、強風が吹いてドアがバタンと勢いよく開いてしまいストッパーが壊れてしまったとのこと・・・そこで保険で何とかならないのか保険会社に電話をして聞いていたりしていたらまたまた時間がたってしまいました・・・今度こそはとパソコンの前に座って仕事をはじめました・・・ら今度は営業の人が来ました。私が大の苦手なパソコンと格闘しているときにです・・・この方は少し前に電話をかけてきて「少し時間をください」といっていましたので「今日は無理・・・今は増して仕事の苦戦中なので」といってお断りしていましたのに来店しましたので私もむっとなって「今日は無理といったでしょ・・・今日はかえってください」といってしまいました・・・貧しい心になってしまいました。そんなことをしていたら今度はPM6時過ぎに入居者さんから電話があり「隣の叔父さんが倒れて救急車で運ばれた・・・スズヨシさんに知らせたほうがいいと思って」と連絡をもらいましたのでビックリして・・・急いで契約書を出してみて(この方は独り暮らしの80歳前の方です)親戚の方のところに電話をしたら留守電になってしまったので一言留守録をいれて急いで病院へ飛んでいきました。
 病院に付いて「救急車で運ばれました〇〇さんはどこでしょう」と受付で聞きましたら「待合室に通されて「ここでお待ちください」といわれ長椅子で待っていました。今日は何組も救急車で運ばれてきた方がいて(今の時間だけで3組いました)長椅子はいっぱいです・・・。1時間以上待っていてやっと処置室から〇〇さんは出ていました・・・思っていたより元気そうで安心しました。
 少しの時間(?)着替えや子供さんへの連絡話しその他を聞いて帰ってきました・・・お店のついて時計を見ましたら9時半をすぎていました。私も今日は少しどこかたくさん疲れました・・・年ですかねーー今日は娘がお休みでしたのでこんなときは娘のありがたさが(仕事を手伝ってくれる)身にしみますね・・・一人では仕事は出来ませんね・・・皆さんのお陰です。

投稿者 yuriko : 20:55 | コメント (0)

2011年01月26日

体が二つほしいです・・・

 皆さんは体が二つほしいと思ったことは無いですか・・・今、私はそんな気持ちです・・・・
アパートには掃除に行かなければならない。上里で今度購入したところの事もやらなければならない・・・熊谷のトラブルも何とかしなければ・・・県に電話して(県庁に行くのがが一番良いのですが)聞くことも沢山あります。合いに行きたい方もいます(駐車場の大家さん)。お店番もしないといけません。大家塾のしたくもあります。やることがありすぎます・・・
 こんな時は少しノンビリとお茶でも飲んで・・・一休み・・・一休み・・・それから、やらねばならないことを書き出してどれを最優先するか考えます・・・
 これからお茶を飲んで書き出します・・・やらなければならないことを・・・

投稿者 yuriko : 17:37 | コメント (1)

2011年01月19日

今日はお店での仕事です。

 今日は一日お店にいる予定です。久ぶりに書類や手紙の整理をしていましたら沖縄の宮城さんからお礼の手紙を開いて見ています。宮城さんからは沖縄のお土産店ではなく宮城さんおすすめのお店の(沖縄に講演に行ったときに車でよって買ってきたのですがどこだか忘れました・・・でも小さいお店で地元の方が買っていて人気のあるお店の雰囲気でした)アンダギーと写真のお手紙が入っていました。嬉しいですね・・・羽生市の片田舎にいても沖縄から四国からもちろん本州、北海道まで一緒にがんばっている、何かあったときには力になってくれる同士(私はいつも教えてもらってばかりです)がいるということはありがたいです・・・私には宝物です。これからもよろしくお願い致します。

DSCF0006.JPG

投稿者 yuriko : 10:21 | コメント (0)

2011年01月04日

今年の一年は・・・

新年の3日間はいかがでしたか・・・今日までお休みという方も多いと思います。明
日からは本格始動ですね・・・お休みはすぐ終わってしまいます・・・私はというと
年末(12/31)から今日(12/4)までは宿直で何かあったときのためにお店に泊り込
んでいました。皆さんは(入居者)お休みでも私のところは年中無休で緊急のときの
ためにお店は閉めていても実際は働いています。今年も元旦早々に1件電話がありま
した(緊急ではないナーと思うことでした)・・・1/30日の夜中には主人の宿直で
したが五階建てのマンションの水道が止まってしまい緊急出動となりました。今日
(1/4)までお店は休みとなっていますが(それでも今日から私と主人は仕事をして
います、お店もあけています、お客様もいらっしゃいました)・・・明日から本格始
動です。
 今年はどんな年になるでしょう・・・ウサギ年ですのでピョート躍進したいですね
・・・景気も良くなるように・・・などと思っていますが・・・現実を見てみると・
・・相続税の引き上げ・・・所得税の引き上げ(高額所得者)・・・扶養家族の見直
し・・・年金額の引き下げ(物価にあわせて)・・・などなどといろいろと厳しい現
実も待っています。
 そう遅くない将来には消費税の引き上げがあるでしょうね・・・
でも私たちがやることは一つです・・・それはお客様(入居者)のためにあるという
ことです。お客様(入居者)がいて私たち(大家)があると思っています。
 これからますます大家業も差別化がハッキリしてきます。
勝ち組大家と負け組み大家のどちらになるか・・・数字ばかり追っていても駄目・・
・かといって草取りだけでも駄目(私のことかな?)・・・両方大事です現場の声を
聞きましょう・・・今の状態を正確に見てどうしたら満室になるのか・・・その満室
を維持していけるのか・・・少しの努力では駄目ですね。
 今年も「ありったけの努力と情報と勉強をして・・・そのことを顔に出さないで
悠々としていましょう。
 湖をおよいでいる白鳥は水面を泳いでいる姿は悠々としていますが水の中の足は
チョコチョコと一生懸命動かしています。
今年は・・・「悠々と・・・白鳥のように」を心に秘めていきたいと思っています。
 今年一年「鈴木ゆり子の大家塾」をよろしくお願い致します。

                               2011年1月4日
               

投稿者 yuriko : 17:53 | コメント (0)

2011年01月01日

あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。
今日はお店当番です・・・なぜかって・・・大家業はいつ何時事件(事故が)が起きるのかわかりませんのでスズヨシでは交代で電話当番をしています。おとといの日は(12/30)おとうちゃんが当番で泊って居ましたら夜の10時過ぎに電話があり水道がでない(5階建てマンション)と電話があり緊急修理で帰ってきたのが夜中の2時ごろだったといっていました普段はめったのありませんが年に何回はあります。そのために泊っています。前は自宅がお店のときは夜中に電話が鳴ると家族全員がビックとしていましたが今は泊り以外の人はゆっくり眠ることが出来ます。
今、携帯に電話がありました何事かが起きたのかと思って電話に出ましたら「家賃をいつ入れたらよいのか?」「網戸ががたがたして動きずづらい」と言うことと戸「お風呂の詮が調子よくないとのこと」の電話でした。中には明日でもいいのでは?と思うことでも電話が入ります。大家業をしていると常識は人によって違うということが良くわかります・・・そー言う私も娘に「お母さんの常識は少し違う」といつも言われ怒られています・・・今年はどんな年になるのか・・・6?回も松の下をくぐってくると少しのことでは驚かなくなりますし初めての経験もすくなくなってきます。今年も初めての経験に挑みます・・・何をするのかはこれから考えます。去年の年初めに「今年はブログに写真を載せられるようになること」と書きましたが今はブログに写真を載せることができるようになりました・・・少しの進歩ですね(誰も誉めてくれないので自分で自分を誉めています)今年も少しの進歩を考えます。
 今から久ぶりに日帰り温泉に行ってきます・・・温泉に入りながら「少しの進歩」を考えてきます。
皆様今年も良い年でありますように・・・今年も「鈴木ゆり子」をよろしくお願い致します。
お風呂にいってきマース・・・・

投稿者 yuriko : 16:52 | コメント (0)

2010年12月03日

いつも思います・・・

 今日も東京の半蔵門までセミナー(勉強会)に出かけました。その電車の中のことです。いつものことですがあたりを見渡しても座れる椅子がなかったのでシルバーシートにかろうじて座ることが出来ました。シルバーシートですから携帯電話の電源は切りました・・・が私の両隣と向側のシルバーシートの方達も(若い方と中年の叔父さん、シルバーシートに優先的に座れるくらいのおばあちゃん)携帯電話を見ているのです(メールをしているのかな・・・)最近はシルバーシートであろうとなかろうと若い方であろうとお年よりであろうと車内放送でシルバーシートのそばでは携帯電話の電源をお切りくださいと放送していてもあまり気にせず知らんぷりで携帯を使っていますね。あまりにみんなが気にしなさすぎに真面目に考えている私などはばかばかしくなるときもあります。自分だけよければよい、回りは気にしない態度しぐさ、日本はこれからどうなるのでしょう・・・漫画であった{意地悪おばさん}と意地悪叔父さんがいなくなってしまったのでしょうか。私も今日は注意する気がなく(少しくたびれているのかな)静かに携帯をしている方を見ている自分にも嫌気が時間でした。
 今日は雨と風と雷のため半蔵門線が遅れて久喜で乗り換え北千住から千代田線で大手町から半蔵門へ行きました。いつもきちんと走っている電車が当たり前と思っている私は乗りかえが違ってくると田舎ものの私は目的地に着くことが難しくなってきます(頭の中に電車の地図が出来ていません)アクシデントがあると駅員さんや近くの知らない方に聞いて何とか目的地に着くタイプのおばちゃん丸出しの私です。でも何とか半蔵門駅に着いて無事セミナーを受けられて無事に羽生駅まで帰ってきました。
風邪が(インフルエンザかな)流行っていますねなるべくではなく絶対に風邪を引かないようにしないと私の仕事が回らなくなります・・・でも風邪を引いて2~3日ゆっくり寝てみたい・・・のがほんねです。

投稿者 yuriko : 22:49 | コメント (0)

2010年11月19日

遠くの古い知人から・・・

 先日、お世話になった方から突然の電話がありました・・・もう40年も前のこと私が若かりし頃のことです。まだ10代の頃、私も若く(いまも若いつもりでいるのですが気持ちだけでは追いついていけなく、年を感じることが多くあります。)群馬の町をとんであるいていた頃です。夜、遅くなるとその方にはご迷惑をかけて泊めていただいていました。もちろんその方は若い(30歳くらいかな?)貴婦人できれいな方でした。その方も今は70代をすぎていると思います。去年久ぶりにお会いしてまだまだお互い元気でいましょうねといって挨拶をしてきました。その方からの突然の電話です・・・ビックリして電話を取り挨拶もそこそこに・・・・何かナ、もしかしたら誰か亡くなったのか・・・?それとも・・・・突然の電話のため思いは良いほうに働かなく悪いほうへ悪いほうへ行ってしまいます・・・・「〇さん何かあったの・・・どうしたの」と挨拶もそこそこに聞いてしまいました・・・「何にも無いよ・・・どうしてるかなーと思って・・・」とのこと、私は心の中でよかったとおもって素直に「〇〇さんから電話があるなんてビックリしてどうかしたのかと思ったよ、良かった。」と言いましてしばらく近況報告をお互いしていました。「実は頼みがあるのよ。お金を貸してくれないか・・・今月末には返せるので〇〇万円で良いので貸してくれない。」とのことでした。「少し考えさせて下さい、子供や主人に相談してからご返事しますね。」といって電話を切りました。
 こんなことがあるといいますね。お金を貸してくださいと言われたことは今までありませんでしたので主人や子供達に相談して考えようかと思います。子供達はなんて言うか・・・子供の考えもありますから・・・私のところも今は私の代から子供の代に移って来ています。お金の問題は難しいですね。かといってお友達でも仲間でもお金がかかわってきてうまく行かないことが多々あると聞きます。駄目なときも良いときも(借金)はっきり伝えるつもりです。それで人間関係が壊れていくのならしょうがないと思っています。でも難しいですね・・・・。

投稿者 yuriko : 13:58 | コメント (1)

2010年08月13日

戦争とは・・・

 いまTBSの「おおさわゆうり」さんのラジオ番組で毎年この日に「秋山千恵子」さんの朗読をやっています・・・(去年も聞きました)像の話しです。戦争中の動物園での話しです・・・いま秋山さんが朗読しています・・・私は泪がポロポロ・・・土屋幸雄先生の書いた「可愛そうな象の話」で「金の星社」からの出版されています。
 今年もいま聞かせていただきました・・・又、いまもないてしまいました・・・
本当に戦争は絶対にしてはならないことだと思います。勝っても負けてもよいことなどありません・・・
勝ったほうにも負けたほうにも被害は出るのです。そして何よりも1番弱い所に犠牲が行ってしまうのです・・・この動物園の像さんは何をしたと言うのですか・・・爆弾が落ちて檻から逃げて人間に被害が出たらどうなるか・・・だから殺す・・・人間が動物を殺すのはよいのですね(人間が1番的考え)・・・こんなことを書いている私も戦争になってその場になったらそんなことは絶対しないとはいえません・・・悲しいかなそれが本心です・・戦争は化け物です・・・人の心を壊します。私にもいえることです。
今年もいま「秋山千恵子」さんの「可愛そうな象の話」を聞かせていただき戦争の愚かさ、悲しさ、弱さをそして今年も「戦争は「絶対駄目」の気持ちをあらたにして心に誓いました。
 でも何で戦争をやるのでしょうねー・・・人間この地球からいまの所出ることは出来ないのに・・・野口先生がいつも言っている「譲る心と感謝の気持ち」があったら戦争はなくなりますね・・・人間の性でか・・・悲しいですね。

投稿者 yuriko : 10:10 | コメント (1)

2010年08月08日

昨日は昭島まで行きましたが・・・

 昨日は昭島まで行きました・・・毎月一回の「野口塾」の勉強会がいつもは野口先生の事務所のある平間であるのですが今回は出張勉強会になって昭島の昭和の森「フォレスト・イン昭和館」に集まりました。行きは羽生~久喜~新宿~昭島と電車を乗り継いでゆきましたが途中の新宿でソフトバンクの方とお昼をご一緒させていただきました・・・ソフトバンクといえば携帯電話だけかと思っていましたら本の出版もしているんですね・・・もちろん次回出版の本の話しをしてきました。
 話は戻りますが電車はいま子供さんが夏休みで出かけることが多いため電車内は混んでいますね・・・私は久喜~新宿まで立ったままでしたので足が痛くなり(膝が悪いため)ましたが何とか新宿駅にたどり着きました。年ですねー、それとも体重を半分にすればよいのですか・・・(チョッとむりかなー)
 帰りの電車も混んでいましたが椅子を譲ってもらいました・・・若いカップルがさっと立って(彼女はムームードレス、彼氏は頭にターバン、耳にピアス、腕にタツーの今時の若者ですが他の見たところ紳士淑女の若い方達は見てみぬふりです・・・ひとは見かけではないといつも感じさせられます。席を譲っていただいた方に「有難う」といって(私のほかにいま一人席を譲っていただきました)すわらせていただき感謝でした。電車でもどこでも座る所を探すということは年をとったということですね・・・気だけでは持たなくなってきた年齢ですね。

投稿者 yuriko : 07:56 | コメント (0)

2010年07月27日

今日は東京にいってきました、電車での出来事です・・・

 今日は東京の半蔵門までセミナーの為、電車に乗って出かけました。いつも思うことですが電車の中は世の中の心の(行動)縮図のような気がします。羽生~久喜で乗り換えて半蔵門までの間には私をはじめ沢山の人が老若男女たくさんの方が乗ったりおりたりと「袖すり合うも多少の縁」と思うところで電車の中の時間を過ごしています。私も心の狭いオババですので機嫌のよいときも悪いときもあります、機嫌の悪いときなどはなるべく他の人と関係ない様にしているときもあります、今日は機嫌のよいほうだと思って電車に乗りました・・・お昼近くでしたので電車の椅子は空いていました・・・その中でもちろん若いきれいな(?)お嬢さんがお化粧をしていましたし若い男の子は大股を開いて座っています、もちろん見た目は若いハツラツとしたサラリーマン風でした。
 もちろんシルバーシートに座っている女性の方は携帯でメールをしています(シルバーシート以外の座席もたくさんあいていますのでそちらでメールをすればよいのに・・・))。何時からこんなになってしまったのでしょうか・・・そこに病人らしき人や近くに誰もいないから許されるのかと考えているわけではなく何も考えていないのでしょうね・・・私ももしかしたら同じことを知らないうちにやっているかもと思ってしまいました。見目うるわしき女性もジャニーズ系の若者も今は見た目で判断できないですね。あるとき電車に乗って久喜駅で降りましたらエスカレーターで(重い旅行バックを引いていました)上に行こうとしましたらエスカレーターが修理中で(今日は修理が終わってうごいていました)階段で上っていかなくてはならない(私は膝が痛く階段は特に辛いのです)為、階段の下で上を見ながら考えていましたら若い男性の方が「持っていってあげますよ」といって自分の荷物もあるのに私の重いキャリーケースをもって上まで上がってくれました。その男性の格好は男性ですが髪の毛が背中まで長く見たところはキバツで「あっッ」と思うような方です・・・(ごめんなさい)本当にこのときはありがたく思い感謝感謝でした。人は見かけではない、人は見かけで判断してはいけないとこんなことであらためて感じさせてもらいました。
 帰りは反対に心温まる光景を電車の中で見させてもらいました・・・ある駅から子供さん10人ぐらいとお母さん6~7人が乗ってきました、その中のお一人はおなかの大きいお母さんでした、そのお母さんは3才ぐらいの女の子の手を引いていました。お母さん達は小さい子供さんを椅子に座らせて自分は立っていました、もちろん大きい子供さんは立たせています。おなかの大きいお母さんと小さい子供さんは座っています・・・そのうち電車が止まるたびに椅子があいてきてお母さん達皆さんは椅子に座りましたがそのときの座り方も回りを見渡してお年よりや体の悪い方がいないか確かめてから座りました・・・そのときはまだ大きい子供(小学生4年から6年生ぐらい)はたっていました、そのうち立っている子供達が少し(3~4人くらい)悪ふざけをしはじめました(しょうがないですよね、ただ黙って立ってろといってもエネルギーの有り余っている子供達ですもの・・・)所、お母さん達は特におなかの大きいお母さんはキッパリと「電車の中でふざけては駄目、みんなの迷惑になるでしょ」といっていました。この光景を見ていてまだまだ日本のお母さん達も捨てたもんじゃないナーと感心しながら心が嬉しくなり、ウキウキしながら帰ってきました。久しぶりの嬉しい電車のプチ旅行でした。

投稿者 yuriko : 21:12 | コメント (0)

2010年07月09日

年金の掛け金を払わなく・・・・

 7/9は私の誕生日です。今日からは国民年金の支払いは免除になってしまいました・・・嬉しいやらさびしいやら・・・複雑です。年金をもらえるようになるにはあと5年かかります・・・が私はまだ働かせてもらっていますので何とか食べていますが・・・)自分がこの年齢になってみてわかったことですがまだまだ働けると思いますし、これけらは若い方の人口が減っていきますのでそこの労働力をどこかで埋めなくてはならないところを私たちの年齢がうめていくのはどうでしょうか・・・バイタリティでは負けますがその代わりを知恵と今までの経験で補います。私たちの技術と経験を若い方たちに受け継いでほしいですね・・・それをもとに若い方たちように変えていってもらえればまだまだ日本の技術力、頭脳力はのびると思いますが・・・・あともう少し若い方にハングリー精神を持ってもらいたい・・・私の子供達もにも言えることですが・・・延びているところは必ず止まる時が来ます、栄えれば衰える、上れば下る、ズーっと上りっぱなしはありませんと私は思っています、あがるときより下るときが大変だとも思っています(私は膝が痛いので階段や坂は上がるのより下るときのほうが膝にはきついです。)下がる前に次のことを考えておかないといけないわけですね・・・下がりつづけるのではなくどこでストップさせるかです。
 私も後5年で国民年金の市急になりますが今の若い人は本当に年金をもらえるのでしょうか・・・私の娘もそうですが次世代の日本を引き継ぐ日本の宝を早く(子供)安心して生めるような世の中にしていきたいですね・・・そしてお年よりも安心して暮らせる世の中・・・になってくれることを選挙で新しく議員さんになる方々にお願いしたいですね。

投稿者 yuriko : 23:40 | コメント (0)

2010年06月22日

江戸しぐさ・・・・

 昨夜、寝ながらいつものとうり、枕もとのラジオをつけて眠りに入ろうとしてウトウトしていましたららラジオから「江戸しぐさ」と言う言葉が流れてきましたので「オッ」と思い、耳を澄ましていましたら「かさ傾げ」「うかつ謝り」「つかの間付き合い」と言う言葉の意味をラジオを殻聞いてよい言葉だと思いここに書きます。昔はこんな日常がたくさんあったような気がします。
 かさ傾げ(かさかたげ)・・・雨の日などかさと傘がぶつかるときチョッと傘を傾けて傘と傘がぶつからないようにすることだそうです。今の方たちは傘をさしていて相手に傘がぶつかっても平気でそのままと売りすぎる方が多いいですね。
つかの間付き合い・・・電車などで隣同士になってお話しなどをつかの間することです。知らん顔をしているよりチョッとの間もお話ができればその場の空気も和んでよい気分になりますね・・・
 うかつ謝り・・・込み合っている場所などで他の人に足などを踏まれたときに踏んだ人が謝るだけでなく自分も気をつけなくてはいけないのにうかつだったこともあり踏まれたほうの人も謝ること・・・双方が気持ちよくお互いに謝ることですね。
 なんて日本人は相手を思いやる心があるんでしょうね・・・これからも残したい気持ちですね。
 

投稿者 yuriko : 08:23 | コメント (0)

2010年06月02日

農業もいろいろなやり方がありますね・・・

 朝、4時半沖して草取りに行ってきました。明日新しく入居が決まった戸建の草取りです。最近は草取りも朝早く行きます。朝早くですと(4:30)すぎると外は明るくなっています)かもまだ蚊も活動が鈍いですし、涼しく汗もかかないので仕事もはかどります。
草取りをしていましたら近くの脳下の方と話が弾んで畑の土の作り方やわざと除草しない育て方の話に花が咲いて私の仕事は二の次になってしまいました。また明日行きます。
草取りはいっしょうっ賢明やればやっただけきれいになります何も考えず無になって草を問えいます目の前の草を一本ずつ抜いてゆきます・・・そのとき「ゴメンね」といいながら(心の中で)ぬきます・・・・草は種がこぼれた所で一生懸命に芽をでし、育つしかないのに別のところに芽を出せたらもっと大きくなって種を作って子孫を残すことができる、私が草(草と言う草木はないですね)だったらとっくに抜かれていたでしょうね・・・そんなことも考えながらもくもくと草取りをして最後は箒ではいて終わりになる。
いつも思います「私って頭脳労働は苦手で、やっぱり肉体労働派だと」体を動かしているときが1番良いですね。

投稿者 yuriko : 09:23 | コメント (0)

2010年05月23日

騎西町に久ぶりに行きました・・・

 今朝起きましたら(6時半ごろ)まだ雨が羽生では降ってませんでしたので(昨日の天気予報では朝早くから雨といっていたような・・・)急いでお店に出て行って昨日の続きの(お店に着いたのが7:30頃になってしまいました。)サルビヤの残りを植えました。植え初めてポツポツと雨が降りはじめてきて終わりごろには雨の粒が大きくなってきました。9時には終わりシャワーを浴びて今日の契約(「大家さんに小資金でもなれる」をコンサルしています。)がありますので騎西町まで出かけました。AM10:00には騎西の不動産業者様の所に私のお客様と行って契約が無事終わりました。これからがコンサルの始まりです。実際にリホームに入って入居者様に借りていただくのまでには3~4ヶ月はかかると思います。〇〇さんこれからもよろしくお願い致しますね・・・全力を尽くしますので・・・・。
 少し時間がありましたので昔(30年ぐらい前になりますが)内職をしていましたところの奥様に会いに行きました・・・本当に何年ぶりかで会いに行きました。今までに何回かは寄ってはいるのですが(10年ぐらい前のことです)いつもお留守のことが多くなかなかお会いすることが出来ませんでしたが今日はお会いできました。ほんとに久しぶりです・・・この奥様はきっぷが良くてここの内職をやっていた頃は(娘がまだ小学校に入学する前から内職をしていました)よく子供達にお菓子などをもらいました、又、お給料の時は子供達に小遣いも頂きましたし子供達もよくなついていましたことを思い出し今があるのは皆様のおかげでなりたっているのだと言うことをあらためて思い、感謝感謝です。
 久ぶりに懐かしい方にお会いし、懐かしい場所に行って見て感じたことは「今日、あるのは今日の回りの方々のお力だけでなくズーと続いている・・・昔お世話になった方から今の周りの方達の力も借りて今があると言うことをあらためて感じました。「立つ鳥、後を濁さず」「因果応報」「たらいの水」「情けは人のためならず」みんな、みんなつながっているように感じるのは私だけですか・・・・

投稿者 yuriko : 15:50 | コメント (1)

2010年05月09日

世の中いろいろな方がいますね。

 不動産業をやっていますと特に賃貸業(大家さん)を営んでいますと極端な話、財布の中まで見えてしまいます・・・・(時々間違うときもありますが?)
 そんな中、お金ののある方?(見たわけではないので・・・話だけです)と本当にない方(これへ本当のようです・・・・電気も止められて電気代を嫁いだ娘に借りてきたようです・・・(この方も財布をあけて見せてくれたのですが他に隠しているかも知れません・・・疑えばきりがないですね)もう一人の方は?十億円を金庫の中にあるといっています・・・が・・・・世の中こんなにも格差が出てくるのですね。
 今日もお客様で社会福祉協議会の支援を受けてお部屋を借りたいという方が来ました。今夜寝るところがなく、車の中で寝るのだそうです・・・若い方ですがこの冬も1ヶ月車の中で寝ていたそうです・・・・
 さすがに寒かったといっていました。
 世の中どうなっているのでしょう・・・・富の格差は中国ではひどいとテレビなどでは言っていますが日本もさして変わらなく感じます。違うところは寝る所がなくても車はあるということです(まだまだ裕福で本当の貧乏ではないのです)。世の中どうなっているのかな・・・と思います。もう少し政治を行っている方が底辺の人たちのことをもう少しわかってくれたらと思います・・・今日の若い方も働く気持ちはあるのに職がない・・・職がないから住む所がない(部屋代が払えないから車の中で寝ている)住む所がないから仕事を探せない(住所がないと仕事が探せません住所が無いと住所不定になりますので・・・悪循環ですね・・・・今の首相には考えられないしありえないことですよね・・・毎月1千万円ももらっていてきずかなかった方ですものね・・・・(これいやみになってしまいましたね・・・)
 早く景気が良くなってほしいですね・・・・

投稿者 yuriko : 14:53 | コメント (0)

2010年05月06日

風邪を引いてしまいました。

 夏風?をひいてしまい3~4日からだがだるく思考能力ゼロです。普段は気にもかけずに毎日生活していても体が自由に動かせるといううことはありがたいことだと思いました。
 風邪のため体の節々も痛く体がだるく頭も思考停止状態・・・体が動きません・・・物事を考えられませんボーっとしています。こんな状態で車を運転することは危なくて事故をおこしてしまいそうなので今日は午前中は布団の中にいました・・・だるいーよー・・・今日はこれまでにします・・・風邪が治りましたら元気になったらまた書きます・・・もう寝ます・・・・
 ばかは風邪を引かないといいますが風邪を引いた私はばかでなかったことになりますよね・・・・うれしーですねー・・・・風邪を引けてよかったなー・・・娘や息子にいつも「お母さんはホントーにばかだなー」といつも言われているので・・・

投稿者 yuriko : 13:51 | コメント (1)

2010年04月29日

いつもいつもたくさんの気付きを頂いています。

 今回も私の心の師匠の野口先生から塾生の皆さんにメールが届きました。いつも心の気付きを教えていただくことばかりです・・・今回もソーダナー、そーなんだよなーもっともっと人間力を高めないとと思うメールでしたのでこのブログを読んでいてくださる皆様にもぜひ読んでいただきたく乗せますので読んでください。

塾生各位

◎5件の遺産分割が同時進行していることは
 先日お話しましたが、昨夜その一件が合意し
 本日全員のハンコを頂戴しました。
 他の案件も目途がつきこれで全部軟着陸です。

◎ハンコ代として相続人のひとりに500万を指定した
 遺言がありました。
 もし遺留分減殺請求をされたら1億は超える金額です。
 遺言を使えばコンサルタントとしては楽ちんかも知れません。
 だが多くの不合理が出て相続人が不幸になってしまいます。
 遺言を使わないで1000万の代償金で話がつきました。

◎これら一連の遺産分割で私が 相続人と同化していることに
 気がつきました。

◎遺産分割の極意はコンサルタントが相続人と同化することにあります。
 14年間相続の仕事をしていてこのことに今回初めて気がつきました。

◎同化するには人間力を高めることです。
 謙虚・感謝・情熱・ぶれない理念・強さのなかの優しさ
・優しさのなかの強さ、そして何よりも大切なことは、
 相続人全員の幸せを願うコンサツタントの
 心ではないかと思います。

◎さすがに少々疲れました。終わったあと近くのすし屋で
 一杯飲み身体と心を癒してきました。

                  塾長

 すし屋での一杯が野口先生らしく最高だと思います、この一杯は自分へのご褒美ですね・・・・私もそんなお酒が飲めるように人間力を高めるよう日々精進です・・・いつかはこんなお酒を飲みたいとおもいます。そしてこんなにすばらしい師匠と皆さん(塾生の方一人一人皆さんすばらしい方達です)に合えたことに感謝感謝です。

投稿者 yuriko : 11:00 | コメント (0)

2010年04月15日

主婦が働くとは大変です・・・

 私のところでパートさんを募集していますので何人かの応募がありました。
募集が半日からと言うことで主婦の方が多いいです。それもだいたい小さい子供さんがいる方からの応募が多く、子供さんを抱えて働くということは大変だと思います。。。私も3人の子供を育てていますので良-くわかります・・・でも今はそんなことはいっていられなく、ご主人が職場をかわらざるをえなかったり、リストラされてしまったりと収入が減ってしまった方が多く感じます。
 ハローワークにパートさんの募集をお願いに行ったときはハローワークにはたくさんの方がいましたのを見て想像以上の景気の悪さを肌で感じてしまいました・・・私たち庶民は後何年我慢をすれば少しは世の中が良くなるのでしょう・・・ね。
 ぐちをいってもはじまりませんね・・・今の生活を地道に一歩一歩前を向いていくしかないのですが日本の偉い方達に言いたいです・・・「私たち一般庶民の生活が本当にわかっているのですか・・・」と総理大臣の奥さんにお聞きしたいです・・・大根一本の値段やきゅうりの値段をご存知ですかと・・・・一個300円のキャベツを買うのをためらっている気持ちがわかりますかと・・・無理ですよね・・・そんなこといっても・・・なんか複雑な割りきれない気持ちです。でも私たちが選んだ議員さんですからキットわかってくれてると信じています・・・・?

投稿者 yuriko : 22:01 | コメント (0)

2010年04月06日

神様の試験

 今日、野口塾長からメールが来ていました、

 塾生各位

先般 〇〇さんが神様の試験に不合格したことは御承知の通りです。
私も今朝 神様の試験を受けました。

急ぎの所用で表に出たら側道の信号が赤になっていました。
車の姿も全く見えません。
ふと、横を見ると通学の小学生がきちんと信号を守っておりした。
まして、自分は元PTA会長です。急ぎたい気持ちを押さえグッと待ちました。

なんとか神様の試験に合格です。

神様は常に試験をして人を試しています。
迷った時は自分に損な方を選ぶと合格率が高くなります。


それにしても急ぎの時の信号と、つまっているときのトイレの待ち時間の
長いこと長いこと。

塾長


 私にも昨夜、神様の試験がありました。
神様の試験に落ちるのは決まっていますそれはおとうちゃんに対する言葉と態度です(いつもありがとうの気持ちがついついおとうちゃんにはぞんざいになってしまいます・・・反省)昨夜は主人が22時ごろに入居者さんの所にお部屋の修理に行くことの約束になっていましたのに(本当におとうちゃんにはありがたいです)私はくたびれてしまっていて夕飯の時にお茶も入れないで自宅に帰って寝てしまいました。そのときにお茶を入れて「お父さん後はお願いね」といって自宅に帰れば神様の試験に合格したんでしょうが昨日は落第しました・・・今度は合格できるように心がけます。

投稿者 yuriko : 09:14 | コメント (1)

2010年04月03日

野口塾に行ってきました・・・

 今日、川崎の平間駅まで野口セミナーに出席してきました、今、羽生のお店についたばかりです。
今日は野口先生と遠藤さん(野口塾の生徒さんです)の本の出版記念パーティーをかねてでした。
 野口健二先生が去年に引き続き今年は2冊ペアーの相続の本です。

皆さんの一言づつのお祝いの言葉を聞いていましてすごく心に残った言葉に「下山の準備」とお話をしてくださった方がいました、その方の話しによれば(ここから先は私が解釈した思いです)「70歳からが盛りだ」ということでした・・・・その一言を聞いた私は「えっ・・・?」と思いました(その方は私の隣に座っていた方でした、お仕事は司法書士です)その訳をよーく聞きましたら「熟年になってやっとわかったことがたくさんある、人の気持ちも仕事の流れの先も少しは見えるようになる、そのときが一番の盛りです・・ただ少し体力が落ちてくるのをのぞけば・・・そして「下山の準備」です・・・仕事も人生もです。
 そうですね・・・人生いつまでも永遠とはいきませんね・・・他の人のことはよくわかるのですが自分の事となるとわからない(受け入れたくない)ことがたくさんあります、まして人生の終わりの準備は特にです、必ずどなたにも訪れることです・・・私にもです。
 私はあと10年・・・その10年を大事にそして「下山の準備」の準備を考えておきます。

私の座右銘に「死ぬ命を抱えて生きる」です、親鸞さん(?)が言っていました・・・「後生の一大事・・・」と後生の一大事とは自分の「死」だと私は考えています。他人の「死」ではなく自分の事です。自分の「後生の一大事」に比べればこの世の中で起きているわが身の悩みごとなどそんなにたいしたことではないように思えてくるのが不思議ですね・・・この世で起きていることはこの世でどうにかおっつくものです・・・明けない夜は無いのです・・・時間が薬の時もあります。24時間たてば又明日になります・・・困ったことや悩みは一人でなく2人、3人と3人集まれば文殊の知恵といいます友達やパートナーを大切にしてくよくよしないで前を向いていけるようにしたいものです。

投稿者 yuriko : 23:16 | コメント (0)

2010年04月01日

今日もいってきました。

 今日もお昼は外食でした。お昼はいつも外に出ていることが多いいのでファミレスでの食事が多くなります。今日は、はじめていったところで食事をしました。馬車道系列のお店でしたがお店の中は靴を脱いで入るのでくつろげるのがよいところです。食事を注文しょうとして呼び鈴を押そうと思って指でおそうとしましたが思わず指を引っ込めてしまいました・・・何十人の方が押したのでしょうかと思うほど真中だけ異例で回りは真っ黒(手垢でした)。そお思うと気になるもので足元を見てみると食べこぼしたご飯のかすがパラパラと蒔いたようです(大げさのようですがそんな感じでした)。
 なんだかガッカリです・・・私が呼び鈴を押していつももっっているバックの中身をゴソゴソしていると突然ノックも無く「お決まりですか?」と入室してきてビックリしたわたしです。思わず「部屋に入ってくる前に失礼しますとかノックをしてください。」といってしまいました。
 ご飯を食べ終わって帰るときに(会計のとき)余計なことかと思ったのですが「呼び鈴が手垢で真っ黒ですよ・・・触るのがヤダナーと思ってしまいましたので吹いておいたほうが良いですよ」と言ってしまいやなお客だと思われたでしょうね・・・私のアパートにも言えることです・・・小さな所にも気を付けて(スィッチのプレートや部屋の隅など)掃除をしないとと思いました・・・・気付かせていただきまして感謝感謝です。

投稿者 yuriko : 22:50 | コメント (0)

2010年03月20日

久しぶりに電話しました・・・

 今朝、久ぶりに電話しました・・・お店で飼っています(お店には15歳のミュン(メス)と3才のカイ(オス、去勢済み)がいます。
 電話をさせてもらったのはミュンのもとの飼い主です・・・この方のお家を私の所が競売で買わしてもらったのです。そこで変われていたのがミュンちゃんです。当時13歳でした、おうちを引越しすることになり引越し崎はアパートのため動物は買ってはいけないとのことで仕方なく保健所に連れて行くといったのを聞いて年甲斐もなく怒ってしまい「人間は言葉がはなせるので言いたいことをいえるが猫や犬は飼い主にされるがまま・・・人間に生まれていれば車に惹かれたり殺されたりしたら大騒ぎになるのに犬や猫に生まれたばかりにどうしてこんなに違うのでしょう・・・もし私が猫に生まれていたらブスで太っていておまけに雑種(血統書つきではありません)見た目も良くない・・・私が(猫になっていたら)捨てられていたら誰が拾ってくれますか・・・そう思うとおとうちゃんに感謝しなくてはね・・・本当に人間に生まれたということは感謝しなくては・・・誰に・・・世の中のみんなに・・・神様に仏様に・・・もちろん両親とご先祖様に・・・どのご先祖様がいなくても私は人間に生まれていなかった・・・何百何千というご先祖様の血(遺伝子)が私の中に流れていてその中のたった一つがなくても今の私はいなかったと思うと・・・ただただ世の中の万物に感謝です・・・自分がこの世に生まれたということを感謝して生かされている・・・そう思うとご縁のあった方(人間)や犬や猫でも大事な出会いですね・・・その中で特に家族になるご縁を頂いた動物であれ人間であれ抱きしめたくなります・・・子供や動物は大人(飼い主)が頼りです、その飼い主が飼えなくなったからといって保健所に連れて行くとは・・・自分の子供だったら保健所に連れて行きますか・・・そんなこんなでミュンの飼い主さんに怒ってしまったのを思い出します。その前飼い主さんには1年に一回くらい状況報告しています。さすがに猫で15歳になるとおばあちゃんで動きも鈍くなり若いカイ(3才オス、去勢済み)に時々襲われて毛が貫けていますがその他は娘が可愛がってくれていますので・・・(あまり電話しますと迷惑でしょうから気をつけています)でも15歳にしては元気ですよ、何日前に後ろ足の爪が1本引っ込まなくなったのでお医者さんに連れて行きましたら「年を取った為、うまく爪が変わるときにうまく爪が剥がれ落ちなくなったのでしょう」と言うことで爪を取ってもらい体重を量ったら変動無しとのことでした。後、何年家族として過ごせるかはわかりませんが・・・私と主人も同じです・・・そう思うと喧嘩はしないで仲良くしていかないといけないですね、私たち夫婦も世の中のすべてが・・・です。
 

投稿者 yuriko : 16:03 | コメント (0)

2010年03月14日

相続は誰にでも必ず発生することです。

 私にも言えることですが必ず誰にでも相続は発生します。他の人(自分以外)のことは納得できるのですが自分の事となるといつかは自分に起こることとはわかっているのですがいまはまだ先と・・・思い先延ばしにしているのが私をはじめそんなふうに考えている人が多いと思います・・・「遺言を書く」ということは自分の死が起きて初めて有効になるものですからあまり気持ちのよいものではありません・・・ということでなかなか受け入れられることではないですね。
 そんなこと気持ちを乗り越えて今回「遺言」を書くことにかかわらせていただきました。その「遺言」も自筆遺言です。この方は羽生では資産があるかただと思います。その資産はご先祖様が大事に守ってきた土地がほとんどです。アパート、貸家もいくつかあります。土地の広さや確定を私の尊敬している野口先生の力を借りてやってきました(私は野口先生の後ろをついて歩くだけでした)がやっと半分が終わりました。あとは奥様の分が残っていますが・・・
 自筆遺言を書いているときのその場の雰囲気は壮言そのものです・・・自筆ですのでもちろんご本人が書きます・・・一文字一文字を心をこめて自分がこの世にいなくなった後に残った家族が幸せに家族仲良くを願って書いているのがこちらにも強くつ伝わってきます。
 自分が亡き後の家族のことを思っていることを一文字一文字に心をこめて書いている姿を目の前で見ていてあらためて親ってありがたいなーと思いました・・・でもーー大変でした。自室遺言を書くということは法律的にも何か予想外のことが起きてもある程度対応できるように・・・金額が変動してもです。
 兄弟仲よく〇〇家がますます発展していくように心からねがいます。遺言を書いているご本人の気持ちを思えばどこの家族もみんな仲良くしてもらいたいと思うものですが現実はその反対が多いいですね・・みんな自分のものにしたい(でもその遺産は親のものですよ・・・親は兄弟になるべく平等に・・・事業をしているなら事業がうまく行くようにそして兄弟仲よくと思うものです。)と思っている人の・・・兄弟のなんと多いことか・・・親がまだ生きているのに相続のことで仲たがいが始まっている家族もあります・・・
 鈴木家はどうなるのでしょうね・・・今のところ兄弟3人仲良くやっていますが連れ合いが出来て子供が出来てくると人の心も変わってきてしまう(気持ちは毎日変わります一生変わらないということは無いと思います・・・それが人間ですものね・・・)と思うのでそのトラブルをなくすのも親の努めだと思います。
 今回のしごとは野口先生に本当によい勉強をさせて頂きました。
「相続はその人の人生がそのまま映し出され、人生の最後に家族への愛(思い)を残してあげられるのが遺言」だと思います。私も書いておかなくてはならないですね・・・「遺言と付言」を・・・・

投稿者 yuriko : 12:09 | コメント (0)

2010年03月07日

若さとは・・・・私も若いときがあったのですね・・・

 今日は退室が2件ありました。一件は鈴木家が購入する前から住んでいた方でマンションを買入した為の退室です。この方の退室は又後でとなりました。(部屋の中がひどすぎて・・・お布団を敷いていた畳の所が腐っていました・・・)窓のシャッターも6~7年も締めたままでしたのでどうしても何をやっても開かないのでシャッター屋さんにきてあけてもらいそれからの立会いということになりました。
 布団の下の畳が腐っているのに立ち会ったのは2~3回あります・・・男やもめにうじがわくといいますが本当ですね。
 他の一人の退室の方は若い男の子ですがご両親が退室の立会いに来ました・・・まだこの子は16歳で親方の所に修行(?)に来て仕事を覚えるために部屋を借りたのですがホームシックにかかって家へ帰るのだそうです。まだ16歳ですので親の退室立会いもわかりますがこの子の勝手で(ホームシックとのことで)退室するのですからせめて本人に立ち合わせないと・・・私は思いました。
 あまり親が手を貸しすぎると本人にはよくないことのほうが多くなるように感じます・・・
ご両親はしっかりしていますが子供さんに(事情があるのでしょうが)少し手をかけすぎかなーと思います。退室の費用は子供さんが支払うとのことですが支払いをするのであればなおさらのことです。
 私も親には迷惑をかけたほうですが責任は自分で取れといわれ、口では強いことを言っていた親ですが、でもいつも見守っていてくれたように思います。そしてよく怒られました・・・ゲンコツももらいました。
 若いときは何でもできるが何にも出来ない方が多いいですね・・・あるのは若さと体力と情熱・・・力で押していっても世の中は思いどうりにならなく・・・やけになるときもあり・・・痛い思いもしたり、友達のありがたみも知ったり・・・他人の暖かさ・・・冷たさ・・・裏切り・・・そして信頼・・・悩んだり恋をしたり失恋したり・・・その全部が人生の肥やしになってきたと「松の下を何十回もくぐってきた」私の思い(考え)です。 若さとは何ものにも変えがたいほどの宝物です・・・その宝物を大事に使ってもらいたいと思います。今、思うことは・・・もしも私が若くなって18歳に戻れたらまた「おとうちゃんと会って恋をして結婚します」今までの人生に感謝しています・・子供達にもおとうちゃんにもありがとうと感謝です。・・・でもよくおとうちゃんとは喧嘩しますねー・・・アレッ・・・ここ2~3日喧嘩しないんですよ・・どうしたのかな・・・なぞです・・・
  
 

投稿者 yuriko : 15:45 | コメント (0)

2010年02月20日

家族で仕事をしていますが・・・

 私のところは家族で仕事をしているのは皆さんご存知のこととおもいますが・・・家族でやっていて良いことばかりではありません。朝、起きてから寝るまで一緒と言うことは良いときもあれば悪いときもあります。もちろん良いときの方が多いいですが・・・娘は時々きついことを言いますね・・・これは鈍感な私でも心にグサットききます・・・主人はと言うと同じことを私に言われると「忙しいからしょうがないだろーッ」と言って怒りますが娘に言われると「そーかー」といって素直に聞きます。何が違うのか・・・・多分、奥さんに言われると面子があるのでしょうね・・・私にも良くない所はあるのですが家族ですとわがままが出てしまいますね。又、反対に身内だから本音で話ができるし、全部言わなくてもわかってもらえる所は楽ですね。他人の従業員でも良い所、悪い所がありますがよいところは身内は気は楽です。
 泣き笑いはこれからもたくさんあるでしょうが・・・・後、何年かの人生です、楽しんで行きます。

投稿者 yuriko : 18:08 | コメント (0)

2010年02月05日

朝青龍が・・・・

 ここ何日か、相撲がにぎやかですね・・・貴乃花親方が相撲協会の理事になったり、その貴乃花親方を心意気で一票を入れた安治川親方は若い方でした・・・やっぱりと思いました・・・でもそれを快くしない相撲界・・・安治川親方は親方株を借りているのだから本来もっている人の意見に従うい聞いてそのようにしなくてはならないとの慣習だとか・・・親方株を貸している人を自由にしたいのなら親方株を持っている方は現役を辞めて親方になればよいのにと私は思ってしまいます・・・アパート経営も同じだと思います。アパートは大家さんの所有物ですが住んでいる方はいくら借りているといってもお金を出して借りているのですからお客様です。大家のものだから好きにしてよいとはいえません、住んでいる方の意見も聞いてよりよいアパマン経営をしていかなければなりませんしそうならないと借りていただけません・・・
親方株も同じだと思います。相撲協会をよくして行くための理事ですから・・・
どんなことでも新しいことをやろうとすると摩擦はおこります・・・そこで辞めてしまったらもとに戻ってしまいます。やはり若い方が変えなくてはならないと思う気持ちが強いのですね。
 変革をやるには勇気と度胸も必要ですね、奥様が(貴乃花親方)偉いです・・やはり良い仕事をするには縁の下の力持ち(奥様)があってのことだと思います。

投稿者 yuriko : 21:07 | コメント (0)

2010年01月31日

金魚の子供が・・・・

 ちょっと2日ばかり忙しくしていて金魚の子供に餌を与えていたので大丈夫と思っていたら朝、金魚の水槽を見たら一匹もいないので慌てて水槽を外に出して中を見たらみんな死んでいましたシラスの小さいのが10個ぐらい白くなっていました・・・アーァ
 今回のことで勉強したことは子供が生まれたら(卵からかえったら)小さい入れ物に移すことだと思いました。水槽が大きすぎて餌までたどり着かなかったのでは・・・?と思いました・・・
 残念でした・・・かわいそうでした・・・ごめんなさい・・・

投稿者 yuriko : 20:09 | コメント (0)

2010年01月26日

お父さんと喧嘩をしてしまいました。

 ここ何日かは忙しく・・・忙しいと心が荒れてきます・・・と言うわけではないのですが一方的に私が悪いのか相手が悪いのかはわかりませんがまたまたおとうちゃんと喧嘩をしてしまいました・・・いつものことなんですが今回はチョッとちがいます・・・大きな声での喧嘩です・・・理由はお互いにあります・・・要するに仕事が忙しくりホームが追いつきません・・・りホームがおわらないとお部屋を貸すことが出来ませんので私が「あそこはまだなの・・・ここはどうなの・・・」「早くしてくれないと入居時季が終わってしまう・・・早くして・・・」とたたみかけたものですからおとうちゃんはプッツンしてしまい大きな声が出てしまったのです・・・よくわかっているのです、私もおとうちゃんの忙しいのは・・・新しい大家さんの(8部屋、全部空室)アパートを預かって満室にするために頑張っているのはでも自分のアパートのリホームは後回しになってしまいます、その間3ヶ月も自分の所は出来ないのですから私にすればたまりません・・・・そんなこんなで大きな声が出てしまったのです・・・
 忙しいと言うことはしなくてもよい喧嘩もしてしまう・・・呼んで字のごとくですね・・・「忙しい」の漢字を分解すれば「心を亡ぼす」・・・と分解できるのです・・・忙しいのは良くありませんね、心がギスギスしてきます。しなくてもよい喧嘩をおとうちゃんとしてしまいます・・・何とかしなくては・・・
  「ゴメンね、お父ちゃん・・・でも人を頼んだほうがいいと思うよ・・・おとうちゃんも少し楽をしなければ・・・ね!!若くはないのだから。お互いね・・・今度、ゆっくり日帰り温泉に行ってゆっくりして来ようね・・・楽しみに待っているから・・・」

投稿者 yuriko : 20:41 | コメント (1)

2010年01月16日

風邪を引いてしまいからだがだるいです

 今朝は体がだるく朝、お布団から出られませんでした・・・昔の私でしたら気力を絞って起き上がり仕事をしていたでしょうが病気になってから考えが少し違ってきています・・・
 昔は「成せばなる、何事も、ならぬはなさぬの・・・・」と言う言葉を地で行っていました・・・が病気になってから人間出来ないときはどんなに頑張っても出来ないし頑張らないほうがよいときがあるのだということに気がついたのです・・・(気がつくのが遅すぎましたね・・・)
 人間やはり休む時間も必要ですね。私のストレス発散は露天風呂への入浴と「ふてね}です。ふてねといっても仕事に影響がない時に半日ぐらいお布団から出ないで寝ています・・・不思議と疲れが取れるほど寝ると元気モリモリになります。体が疲れていては良い仕事も出来ませんね・・・お金はかからないし、家族からは静かになると(おしゃべりで私がいるとうるさいそうです)大好評です。大好評というのが引っかかりますがずる(?)をすることも大事ですね・・・あと何年この仕事をさせていただけるのか・・・その日まで時々「ふて寝」と露天風呂にいってストレス発散をしながらゆっくりゆっくり行ききます。
 

投稿者 yuriko : 12:32 | コメント (1)

2010年01月07日

今日は良い天気でした・・・

 今朝、早くおうちを出て購入物件の下見に出かけました。朝ご飯を食べていませんので通りがかりのガストで朝定食を食べてから出かけました。(どうしても外食が多くなってしまいますね・・・)
 車を運転して目的地に着いて空を見上げると「アレ・・・・何だろう・・・」鳥が丁度私が止めた車の上の木の枝に・・・本では見たことがある鳥が止まった所です・・・「とんびだ・・・鷹ではないよなーまさかね」この鳥を見たくてフロントガラスから身をの出だして下から見上げたら白い羽根に茶色がポツポツとスラッシュが入っていて若鶏のように見えました。
お店に帰ってきてからパソコンからネットで調べましたら枝に止まっていましたのを下から見た感じが鳶(トビ)ではなく鷹のがらにそっくりでした・・・ので鷹を見たと思って今日はなんか得をした気分でした・・・今日は山奥に行ったのですがたまーにはノンビリして命の洗濯ですね・・・山の中にいると何でこんなに毎日忙しい時間を過ごすのか・・・ノーンビリとした空気につつまれてきれいな静かな景色に比べて(羽生は東京から見ると空気も景色も自然に恵まれてきれいだということはわかっています)いつもの自分を振り返り・・・人生を駆け足(?)をしているように感じた時間でした。
 下界(羽生)に帰ってきましたら半日前の気持ちはどこへやら・・・いつもの自分に戻っている自分をみて少しショック・・・凡人には悟りの境地にはなかなたどり着きそうもありません・・・

投稿者 yuriko : 19:07 | コメント (0)

2010年01月05日

新年明けましておめでとうございます。

 新年 明けましておめでとうございます。今年も頑張ってブログを書きますのでよろしくお願い致します。今年のブログの目標はブログに写真を載せられるようにすることです。
 個人的にはお休みを月一回は寝て曜日としてとりたいと思っています。去年は風邪を引いたときしか休みは無かったように思います・・・
 今年も体を壊さないように適当に(いいかげんと言うことではないです)休んで、元気を蓄えて仕事をと思っていますのでよろしくお願い致します。
 今年は12月31日~1月3日まで休みましたがお店の中でゴソゴソ(仕事)していたらアットいう間に正月休が終わってしまいました。一日ぐらいは寝て曜日をしたかった・・・です。

投稿者 yuriko : 14:10 | コメント (0)

2009年12月25日

今年一年もあと6日で終わりですね。

 とうとう今年も6日でおわりですね・・・今年は色々とありましたね、今年の私のベストテンは次のとうりです。
 10位 猫のミュウが(御年14歳メス)海(カイ、2歳オス去勢済み)にかまれて手術をした。 
 9位 猫の「モモ」がいなくなってしまった。夜に遊びに行って帰ってこなかった。まだ生後3~4ヶ月位    でした(イッパイ探したが今     だに帰ってきません)
 8位 家族全員が無事にこの一年を過ごせたこと。
 7位 主人と久ぶりに温泉に1泊でしたが出かけられた。
 6位 スズヨシが羽生駅前に開店して7月7で丸2年になった。 
 5位 1週間に1回メルマガで配信している「鈴木ゆり子のチョッコッと一言」が100回目を配信出来た
 4位 息子が広島県から転勤で埼玉県に帰ってきた。
 3位 8/4、8/5、8/6の賃貸住宅フエアー(東京ビックサイト)の成功家主・地主セミナー基調講演で     は調講率が200%で3日間の中で1番になりました。聴講に来ていただいた皆様のお陰です。感    謝感謝です。
 2位 フジテレビ「エチカの鏡」で11/8に私の「おばチャン大家」としてが放送された(日曜日21:00~)
 1位 今年も小学館から「幸せケチの法則」を出版できました。私の出版はトータル4冊です。
    台湾で今回の「幸せケチの法則」が出版になります。ダイヤモンド社「専業主婦の私が1億円社     長ダンナが専務」も台湾で出版されましたので台湾でも2冊目になりました。
 一年を振り返って見ますと個人的には息子が埼玉県に転勤になったことと主人との温泉が今年は嬉しかったです・・・
 又来年はどんなことが待っているやら楽しみにしています・・・苦しいことも楽しみながら・・・ですね・・越えられない苦労は神様は与えないそうですから・・・?越えられる苦労なら楽しみながらの気持ちを忘れないでいきましょうね。

投稿者 yuriko : 09:32 | コメント (0)

2009年11月26日

今日から新しい携帯です・・と思ったら・・

 今日新しい携帯を変えに行ったのです。(今の私の携帯は第三世代の携帯で来年の3月31日で使えなくなりますので今日ソフトバンクのお店に取替えに行きました。)
 お店で色々と条件を聞きました・・今、私の使っているサービスはバリューパックと言ってソフトバンクと合併した日本テレコムと言う会社のときに契約してつかっている携帯料金パックを使っています。
 今度ソフトバンクから葉書が来まして私の使っている携帯が来年3月でつかえなくなるとのこと・・・そこで今日ソフトバンクのお店に行ってきました。いろいろと条件など聞きましたが今私が使っている携帯パックが今の私にはピッタリと言うことがわかりましたので同じようなパック商品はないのですかと聞きましたら毎月2千円から5千円くらい金額が上がりそうです・・・「何でー」と思いました・・・私の都合で変えるのでないのに使えなくなるのに・・・その上料金まで今までより値段が(使用料)がおおくなる・・今のパックが私にはピッタリなのです・・・あと4ヶ月しか使っていられないのですがどこか(ソフトバンク以外)に変えようかと思ったり・・・おとうちゃんや娘もソフトバンクなので使いづらくなるし・・・困っています。
 結局は2時間が(ソフトバンクの店頭に居た時間)空振りに終わりました。
家族全員が通話料無料、メールも家族間無料、他の携帯会社へ欠けても安くなること(今の料金は1分間120円~130円)最低そのくらいは今と同じか少しよくなればよしとしますが今より4~5千円くらい高くなるということには抵抗があって帰ってきてしまいましたが・・・取り替えさせられて値段が上がるのは納得がいきません。でも3月には取り替えなくてはいけないんですよね・・・

投稿者 yuriko : 15:06 | コメント (2)

2009年11月21日

またまた、私が人騒がせな出来事をやってしまいました・・

 今日は朝早くから大磯に講演に行きました。羽生駅はAM6:13の秩父線で熊谷駅から新幹線で東京駅、東京駅から東海道線で大磯に着きました。帰りはその逆で帰ってきました。
 帰りの電車のの中で主人に「帰るコール」をと思い携帯を探したら(バックの中です)無いのです・・・携帯が無い・・・無いナイナイ・・・・大磯の講演が終わったあとにお昼をいただいた・・・後にトイレに行きそこに忘れてきたようです・・・・電車に乗ってしまい東京駅につくまでどうすることも出来ません・・・携帯がないことは心配ですがホテルに(大磯ロングビーチ)どなたかが届けていただけたらとあまり心配はしていなかったのが本当の気持ちです・・・携帯がないっていいですねー・・・携帯を持っているとどこにでも何をしていても勝手に(?)私の都合も考えずにかかってくる・・・(私も相手の方に同じことをしているのはわかっているのですがここは私を中心に書きます)・・・気分の乗らないときも・・休み時間のときも・・・お風呂に入っていても・・もちろんトイレに入っているときも・・・携帯はすごく便利ですがその分、反対に縛られていますし追いかけられているように感じるのは私だけですか・・・携帯電話がない時代はいま少し時間にも余裕があったように感じます・・・色々便利になることはよいことだけれどその分、失っていくこともあるのでは・・・世の中の動きがはやくなっているのは私が年を取ってきているからだけではないように思いますがどうでしょう・・・?。
 携帯を忘れてきて電車の中で(携帯電話がありませんので)メールも、もちろん電話も来ませんのでノンビリ、気分は上々・・・電車の中の皆さんの人間観察をしたり、気分はノンビリで羽生に帰ってきました・・・・ら・・・お店に入るなり主人と娘に「お母さん、何やってるのよ・・・又、携帯をなくしたの・・・何回目だと思っているの・・・」のお小言でした・・・ノンビリ気分も一瞬にして現実の世界に戻りました。
 なくした携帯は講演の主催者様の方に探していただきありました、すぐに送ってもらい無事私の手元に今日届きました。感謝感謝です。
 私の本心・・・携帯電話なんか持ちたくない心と専業主婦のときはマイペースでよかったなーとの気持ちで時間はタップリあったような気がする・・・今はどうかな・・・幸せなのかな・・・わからないです。

投稿者 yuriko : 19:21 | コメント (0)

2009年11月13日

久ぶりに友人とお昼を食べました。

 今日は何年ぶりとは言いませんが1年以上お茶のみをしていない友人とお昼を一緒に食べました。
この方は私と反対のタイプでおしとやかで品の良い方です(私はがさつで田舎のおばチャンです)が私にすると正反対なのでなんとなく馬が合い細く長いお付き合いをさせてもらっています。子供が小さいときは時々会ってお昼や立ち話をしていましたが今は私が忙しくなったことやこの方も子供が独立したため時間が出来て習い事や勉強会などで忙しくしているために町でたまーに会ったとき立ち話をするくらいでした・・・
 人生色々あってこの方のご主人が定年退職するとき(役職が偉い方でした)丁度私も職安に行って職探しをしていたころだと思います。この方の御主人は会社を退職したら起業したいと言うことでした・・・大きい会社の部長さんだと思うのですが(もっと上の役職だったかな・・・?)アメリカの工場を作ったり日本の工場も立ち上げたりとすごく仕事のできる方と奥様から聞いていました。その時、私もこれけら何をしていいのかわからないが何かできることからやってみようと思ったことを思い出しました。あれから10年経ちますが私のお友達の御主人は会社を退職して趣味に打ち込み、その趣味も展覧会に出して賞を取るほどの感性の方です。
 お友達と話していると子供達が小学生や中学生だったころ宿題を忘れたり、先生に注意されたりしていたことを思い出し、今思えばなんてことないことでもそれがすべてだったと・・・そのときの自分を苦笑してしまいました。でも若いから何でも体当たりで何とかしてきましたが今は体力がなくなった分、要領のコツがわかり要領でなんとかごまかしています。
 久しぶりの楽しい時間を過ごしました。でもお互いの子供が大きくなり手がかからなくなるということは自分が年を取っていくということで・・・亡くなった自分達の親の年齢に近づいてきてわかる親心・・・親もこんな気持ちで私たちを見ていてくれたんだろうな・・・「順繰り順繰り」という言葉をかみしめ、親のありがたさと親の思いを感じた一日でした。
 

投稿者 yuriko : 00:04 | コメント (2)

2009年11月09日

テレビの力ってすごいですね・・・

 昨夜「エチカの鏡」で私のことが放送されましたら今日は朝から電話やお店の来店者、又はお店の前で水槽を洗っていましたら「昨日、テレビ見ましたよ。」などと声をかけられました。今までにいくつものテレビに出ましたがすごいですね・・・反響が・・・
 あまりおだてられたり誉められたりすると「豚も木に登る」になってしまいそうなので「○○○○を〆直して」いきます。(私は男でないので○○○○は〆たことはありませんが)
 昨日は久ぶりに20:30にはお布団の中にいてテレビを見て「エチカの鏡」をみようとまっていたのですが寝てしまいました・・・だから見ていないのです。
 今朝、あわてて「エチカの鏡」のデレクターさんに電話をしましてビデオ(DVD)をくださいとお願いしました。OKとのことで良かったです。
 今度のことは私へのご褒美だと思ってまた一から一つ一つ前に進んでいこうと思っています。
明日から第一歩です。
 皆さんこれからもよろしくお願い致します。

投稿者 yuriko : 21:57 | コメント (3)

2009年11月01日

何もしてやれない私がいます。

 今日も退室の立会いがありました。
この方はペットの繁殖販売を仕事にしていました。まだ入居しまして2年経っていませんが退室となりました。退室理由はお部屋代が支払えなくなったとのこと、この方もそうですが今までに何組かの家族が退室しましたが去年と違うことは家賃が支払えないということでの退室が増えました・・・どこに引越しをするのかと聞きますと親か兄弟と一緒に住む、もっと家賃の安い所に住み変える、寮のある仕事場にしたと言う方が多く感じます。
 お家賃を少し下げればよいというものでもなく、お父さんの仕事がなくなってしまったり、解雇されてしまったり、お母さんの仕事も家計の一部になっているときはお母さんの収入が極端に少なくなってしまうか解雇になってしまったりと私の力ではどうにも出来ないのです。前のブログで書きましたようにお部屋に「集金に行ったら空っぽのお部屋でした。」という方もやっと電話がつながり「どうしたの?」聞くと「お金がない」とのことでこれから話し合うようになると思います.
 世の中不況になるとどこに一番しわ寄せがでるかというと一番力の弱い人が不況の影響を一番もろに受けますね・・・大企業は体力もあり蓄えもあるでしょうし、JALのように普通でしたら倒産しているのに大きいから世の中に必要と言うことで国が助ける方向に進んでいますが私たちのような小さい所は国にとってどうでも良いのでしょうか・・・ひがみに感じますが夜逃げをしたりする人たちの心を思うと何でだろうといつも思い、切なかっただろうなと考え込んでしまいます。好き好んで夜逃げをする人はいないと思う・・・・世の中おかしいと・・・強い所が大きい所が一番なのでしょうか・・・・正直者は損をする世の中ではいけないと思うのですが・・・?「お天道様は見ていてくれるが手伝ってはくれない」・・・を切実に感じています。

投稿者 yuriko : 15:20 | コメント (1)

2009年10月24日

娘が風をひいてしまい大変です。

 娘が風をひいてしまい、スズヨシはてんてこ舞いです・・・書類のことはまるっきりわかりませんし、管理していますアパートのお家賃をお店に持参してくださる方もいるのですが娘が休んでいるため入居者さんに聞いて処理をしている状態になっています。私が10日間ぐらい検査入院をしたときは忙しかったもののスズヨシの仕事は坦々とすぎていったのに影の実力者である娘が居ないと困ってしまいます。
 その娘の今年の目標は(お正月のとき)「寿退社」でしたが喜ぶべきことか悲しむべきことなのか今のところ望みはかないそうもありません(側で見ていますと彼氏はいなそうです)・・・スズヨシには居てもらわなくては困るのですがいつまで一人身でも困ります・・・どなたかお婿さんを紹介してください。スズヨシの宅建主任は娘ですが結婚してとついでも弟が宅建の資格をもっていますので大丈夫です、来年は娘がよきお婿さんが見つかり寿退社しても良い環境を作っておかなければと思っています・・・ので、どなたかご紹介くださいね・・・(本気ですヨ)

投稿者 yuriko : 18:48 | コメント (2)

2009年10月21日

連帯保証人とは・・・。そして夜の仕事と・・・

 一人の入居者さんが突然いなくなると(夜逃げ?)残っている家賃、その他の費用を連帯保証人に請求しなければなりません・・・お互いの関係が仲良く、美しい(?)お付き合いをしているときはうまくいくのですがひとたびこの関係が崩れると大家である私をも巻き込んで(まきこまらざるを得ないです)で連帯保証人さんが連帯保証人ををやめる、やめないとはじまることが良くあります、親子でしたら縁のきりようもないなであまりありませんが知り合いや知人などはたびたびです・・・私が連帯保証人さんに「大家さんがOKしないとやめるわけには行かないのよ、やめるならご自分よりしっかりした連帯保証人さんを探してきてください、そうすれば大家さんもOKと言うかもしれないですよ。」といつも言うのですが「やめる、連帯保証人はやめる。」の一点張りでこまってしまうことが良くあります。
連帯保証人の件でここ2件つづけてトラブルがおき、困ってしまいました。
一件目は連帯保証人さんがアパートの近くに住んでいて、毎日のようにお部屋に遊びにきていて最初は仲良くしているように見えたのですが・・・そのうちにああしなさい、こうしなさいと小姑のようです(アパートへ行く度にいろいろと聞きますので)。他の方は入居者が仕事がなくなり家賃がとどこおてしまい、うまくいかなくなったケースです。
 大家業をしていますと本当に人生の色々を見させてもらいます。入居者さんの泣き笑い、怒り、悲しみなど・・・・(自分の事は横に置いておいて、自分の事は良くわかりませんので、でもほんと主人とよく喧嘩はしますよ)
 神様って平等じゃないですよね・・・なんでこんなに真面目に働いて質素な暮らしをしている方が病気になったり、会社を解雇されたり、ケガをしたり、次から次へ私から見れば災難が降ってくる・・・・(神も仏もあるものかと言いますが本当にそう思うことがあります)
 私は子供達に良く言います・・・「お天道様は良いことも悪いことも見ていてくれる。」と言いますが本当にこんなに真面目でよい人になぜ災難が続くのかと思ってしまいますので。そこで「お天道様は見ていてくれるが、見ていてくれるだけで手伝ってはくれないよ」と「心のよりどころ」にはなりますが自由主義経済では自分の事は自分でしなくてはと。(年をとってからせめてお医者さんにかかるのにお金の心配をしなくても良い程度の蓄えはほしいですね・・・)それにはどうしたらよいかを今から頭の隅にいつも置いておきなさいと・・・そして何度も言います、(子供達には「耳にたこができる」といつも言われてます。)できれば「夜の仕事と昼の仕事をもちなさい」と、昼の仕事とは汗水たらして働く仕事・・・10円、100円のありがたみがわかる仕事です。夜の仕事とは・・水商売ではないですよ・・・寝ていてもお金がお金を生む仕事です。たとえば株や金、などです。
 昼の仕事は大切です、お金のありがたさがわかる仕事ですもの、でもお金のありがたさはわかっても一人分の働きしかしてくれません。
 夜の仕事は資本があれば(頭を働かせれば)楽をして儲けることができますがお金のありがたさが薄れていきます、あぶく銭になってしまいます。
 大家業とは両方持っているように思います。草取りや掃除、入居者さんとのお付き合い、そして寝ていてもお家賃は払っていただける・・・ありがたいですね・・・
 
 

投稿者 yuriko : 20:33 | コメント (1)

2009年10月02日

まだ解決していません・・・

 3年前の3月に私が仕事中に車を運転していて信号待ちをしているときに(私の車の前に3台くらいの車がありましたが私はサイドブレーキとパーキングにギヤを入れていましたので後ろからぶつけられても前に飛び出さなかったために前に止まっていた車は何事もなかったです)後ろから石油を積んで各家庭に売る車にぶつけられて事故に遭って入院していました。そのときの後遺症があります・・・右手の握力が左手と比べて異常に違います。肩がこってはって仕方が無いのです(事故に遭うまでは娘が肩がこったといって娘の肩はもんでやってはいましたが私自身の肩がはったということはありませんでした・・・その私が事故以来、今は肩がはってはって気持ち悪くなり頭の半分が特に右目のあたりから半分が痛くなり吐き気を覚えます。)その事故がまだ示談していません・・・なぜかと言うとぶつけた人が会社の仕事中だったのですが出稼ぎにきていた人でお国に帰ってしまい、会社の方もだれもごめんなさいといってくれていないものですから・・・(そこからだと私はおもっているのです。)でも保険会社の担当者の方は我慢してくださいといわれましたので私は「なんで被害者である私が我慢してくださいと言われなければならないのですか・・・無理難題を言っているわけではなと思いますよ、当たり前のことをお願いしているだけです。」と保険会社の担当者に言っているのですがいまだ一度も何もありません・・・
 私が入院しているとき丁度、競売で5階建てのアパマンを落札して残金支払いの時期にあたっていたときに事故に遭ってしまいました・・・残金支払いを(3000万近くの金額です)をどうしょうか主人と娘はひやひやしていたでしょう・・・し、実際に入院していたベットの枕もとで体が辛いのにここのお金を、こっちの通帳からと一緒のお部屋の他の人に気を使いながら(大部屋でしたので)用意してもらい裁判所にやっと入金できて、ぎりぎり競売流れにならずに済んだことを今でも覚えています・・・主人と娘は私が入院していた1ヶ月間は夜中をとうり越して明け方まで仕事をしていたといっていました。退院しても1年以上本調子ではなかったのですから・・・(事故の時期が3月で大学生のアパートはここで入居してもらわないと1年間空いてしまうため何が何でも学生さんを探すために3月の1ヶ月間は一人が毎日大学に通います。3人しかいないスズヨシで一人が入院してしまったらどうなりますか・・・しかも時期的に一番忙しい時期に・・・私には謝ってもらわなくても娘と主人に加害者から(加害者の会社は埼玉県では何箇所もガソリンスタンドを経営していますし冬などは灯油などを車に積んで売るお仕事を何十台もの台数を抱えて仕事をしている会社です)釈然としない気持ちです。これも私や家族が黙っているしかないのでしょうか・・・・(相手方にごめんなさいといってもらうことがこんなに大変だとは思わなかったです)
 今の私は気持ちの整理と後遺症の右手と肩首の張りを毎日感じて仕事をしていると複雑です。
保険会社の担当者さんはいつも私に「すみません、すみません、私の力が及ばないばかりに」と言いますがこの担当者さんが事故をおこしたわけでないのに・・・この方になんで謝られなくてはならないのとか・・・仕事だから仕方ないの・・・かわいそすぎる、いいたいことを関係ない人に言っても口から出た言葉が自分に返ってくるように感じて嫌な気持ちになります・・・もう自分が嫌な性格になりますね・・・・どなたかよきアドバイスを・・・ください。事故の示談は難しいですね。
 車の事故で得をすることなど無いですね・・・でもぶつかり屋さんて何年か前にあたりや事件があったような気がしましたが・・・・そんなことやって本当に障害者になってしまったらどうするのですか・・・真面目に働くのが一番です。
 やはり専門家に頼んだほうが良いのでしょうか・・・大家さんのことでしたら何とか解決方法を考えるのですが・・・自分の事故のこととなると何もわかりません・・・どこに相談に行ったらいいのか・・・弁護士さんですか・・・時間がありません・・・何とかしなければとは思っているのですが・・・
 

投稿者 yuriko : 20:06 | コメント (1)

2009年09月26日

親子とは何でこんなにも・・・

 私のところは家族で仕事をしているため(大家業や不動産業、リホーム業などです)いつも忙しくご飯をゆっくり食べている時間も無く・・・もちろんお休み時間もろくに取れません・・・そのため親子と言うことも有りつい他人なら(従業員)言わなくてもいいことまで行ってしまい喧嘩になってしまいます・・・とくに私と娘はいつもチョッとした(チョッとではなくイッパイかな)ことで喧嘩になってしまいます。なぜ喧嘩になるかと言うと同じような性格ということもありますが・・・娘に言わせると普通は考えられないことをやることと事務仕事、特にパソコンなどは何回教えても覚えないとのこと・・・そして教えても覚える気がないといつも怒られます・・・覚える気が無いことはぜったいにありません。。。覚えようとしているのですが一晩寝て起きると、寝て起きなくても目を瞑ってまた目を開ければ・・・アーラ不思議・・・全部なくなっています(頭の中から)・・・手品のようなんです・・・自分では努力をしているのですが努力が実を結ばないのす・・・そしてまた娘に怒られる・・・の繰り返しなのです・・・
 最近は開き直って出来ないことは何もがんばってガンバってしなくてもいいのではないかと思うようになりました・・・出来ないことは無理してがんばらなくてもできる人に得意としている人に頼んでしてもらい自分は得意なことをしたほうがストレスもたまらず・・・仕事も速く進むと思い・・・自分に言い訳をしながら開きなおっています・・・おばちゃんなんですね・・・
 

投稿者 yuriko : 23:30 | コメント (0)

2009年09月18日

子供って手の・・・

 夜の10時半ごろ小さい子供さんが羽生駅のフェンスのところで何か話しているような声がしましたので外に出てみましたらお母さんと2歳位の子供さんがいました。お母さんは子供さんから少し離れた所から子供さんを見ています・・・子供さんは線路脇のフェンスにしがみついて電車を大きな声を出しながら見ています・・・
 「どうしたのですか・・・」お母さんに聞きましたら「アパートに住んでいて部屋の中で夜になって大きな声を出したり、ないたりするので電車が大好きなのでアパートのお隣にご迷惑にならないように駅に一緒に電車を見せに連れて来たのです」とのこと・・・子供さんは目がランランと輝いて元気そのものです・・・
 時計はもうPM10時半をすぎています・・・私が「昼間昼寝をいっぱいしたんですか・・・」とお母様に聞いたら「はい・・そうなんです。」とのこと昼と夜が逆さになっているようです。でもPM10をすぎていますのでお母さんに私が「夜も11時に近くになって子供の時間はおわったのですからおうちに帰らないとね・・・」と言うとお母さんはどうしたら言いかわからないようでしたので私のお節介がでてきまして「子供さんにキチンと話をしなくては・・・怒るのではなく、たとえば”子供の時間は終わったのよ、今は夜の遅い時間だから小さい子供は寝る時間なの、今は遅くまでお仕事をしていたお父さんやお兄さんたちが電車に乗って帰って来る時間なのよ、だから帰りましょ・・・明日又明るいときに来ましょうね”といって聞かせて帰ったらいかがですか・・・」といいましたら、そのお母さんは「言ってもわからないでしょ・・・」と、私は「意味がわかってもわからなくても言って聞かせることが大切ですよ・・・何回も何回も言って聞かせることで覚えていくのよ・・・親が毎日何気なくやっていることを子供は何もわからない赤ん坊のころから見ていてそれを大人になってから(血や肉になっているから)まねをして行動するんではないのかなー」といったら「そうですね」といって帰っていきました。子供ってわかっていないようでわかっているんですよね・・・親の心を鋭く見透かしていますね・・・「三つ子魂」とは良く言ったもので3才くらいでは何もわからないと思っていてもその3才までに頭に刷り込まれたことがこれからの基礎になっていくと思うと一番大切な時期なんですね・・・
私が子供を育てていたときにいま少し心に余裕があったらと・・・子供を育てているときは精一杯でしたね・・・気持ちも金銭的にも・・・その精一杯の気持ちをどうしたらプラスに変えていけるかが子供のときの育ててもらった親の接し方なんではと思います・・・可愛がるのと躾はべつと思っているのですが・・・

投稿者 yuriko : 20:24 | コメント (0)

2009年09月16日

お部屋がきれいになっていますか・・・

 昨日、夜8時ごろ入居者さんの所を訪ねました・・・この方は家族で暮らしていて福祉のお世話になっています・・・まえの住まいは都営住宅でしたがあまりに家賃を払わなくて強制退去を執行されてしまい行く当てが無く・・・私のところを訪ねてきました。強制退去になる前に何度か子供さんがたづねてきたのですが親は中々来店してもらえなく・・・そのうち連絡が無くなったものですからうまく解決したと思っていたところひょいと訪ねてきたのです・・・何とかアパートに入っていただき、福祉のお世話になっています。
 お部屋をたずねてびっくりです・・・入居してしばらくたつのにお部屋の中は段ボールのままになっています・・・その中に入っている段ボールの中身(洋服や茶碗など)は使うときに引っ張り出してそのままになっていてごたごたになっています・・・昼間は今仕事を探しているといっても毎日ハローワークに通っているわけでないので片付ける時間はタップリあると思います・・・のに????
これでは前の生活に逆戻りになるのではないかと心配です・・・全部が全部ではありませんが往々にしてお部屋の周りやお部屋の中があれている方は生活も荒れてきますし・・・荒れていますね・・・(例外も有りますが今までの私の経験からです)
 大家業の大切なことは草取りやアパートの掃除をして、アパマンをきれいにすることも大事ですがそれに入居者さんとのコミニケーション(声がけ)、草取りや掃除、リホームなどののように(手をかける)こと、そして入居者さんやアパマンの向こう三軒両隣の方たちとアパマンが今どうなっているか気をつけること(目を離さない)ことが大切です・・・それには入居者さんの中にお茶呑み話ができるような協力者を作ることです。何かトラブルがでたらお茶呑みの入居者さんに聞けばだいたいのことはわかります。
 この方のことも他の入居者さんにそれとなく聞いてみました・・・ら、夜中に大きな声を出したり、お掃除をしても玄関の前に箒ではいたゴミ(室内から)をはいてはきっぱなしにしていることや市で集めにきてもらう生ゴミの出し方が悪いと苦情を言われているらしいことなどを聞きました・・・お部屋の中もそれと変わらないような状態です。いま少し片付けたらいいのにナーと思いながら・・・また前と同じようなことにならなければよいなーと思いながら帰ってきました。

投稿者 yuriko : 21:47 | コメント (0)

2009年09月13日

親ほど間尺のあわない・・・

 今日も退室の立会いがありました。この方は6年間入居していただいていましたがよく、家賃の滞納がありまして親御さんにお電話をしますと親御さんが入金していただけましたので大家としましては助かったのですが・・・同じ子を持つ親としてはどうしてこんなになってしまったのかな・・・と言う気持ちでいっぱいです・・・親としてはこの先どうしたらよいのか・・・自分達がいなくなったら(年老いていってしまったら)この子はうまく世の中と付き合っていけるのか・・・心配ばかりでこの子供さんが(30歳台です)
よそで借金をしては親が尻拭いをしてしまうのです。親御さんの気持ちもわかるのですがいつまでも親が手出しをしてばっかりでは・・・今回も独り暮らしをしていたのですが(私のアパートで)一人でおいておいたら又借金をしてしまい何とかしなければ・・・手元に置いておけば借金もしなくなるのではと自宅にひきとったのです・・・
 私も親ですから親心はわかるのですが・・・自分の事はわかりませんが他人のことは良くわかるのです・・・お母さんのいっていた言葉で気になった言葉がありました「○○も、もう結婚させなくては・・・それには今何とかしてやらないと・・・今のうちに借金をなさせて・・・正社員にしてもらって、何とか結婚をさせないと・・・」と何回か言っていました。それを聞いていた私は「今のままではお嫁さんになった方がかわいそうですね」と言うのが精一杯です。私もこのお母さんの立場になれば息子のことばかり気にして親ばかになってしまうのでしょうが・・・親ばかですね・・・親ほど間尺のあわない商売は無いですね。

投稿者 yuriko : 16:02 | コメント (0)

2009年08月21日

人生って何でしょう

 夫婦は選べますが人間、オギャーと言って生まれて来るところは選べません・・・
 同じ人間で同じ子供でも生まれたところで人生が違ってきます・・・それだけがすべてではありませんが・・・それを跳ね除けてまた肥やしにして大きくなる(人間的にです)人もいますが一般の人は環境が大事ですね・・・経済的に余裕が無く、泣く泣く進学を諦めたり・・・父親がいなかったり、両親が病気になっていたり・・・同じ子供なのになんでこんなにも辛いことを・・・反対に親ばかすぎて親の愛情が多すぎてだめになる子供もいます・・多すぎる子が少なすぎる子へ余分な分をあげられるようなら世の中うまくいくのですが・・・なかなか思うようには行かないものですね・・・
 親は我が子がなるべく苦労を(何の苦労かはわかりませんが)しない人生を送ってもらいたいと親ができる限りのことをしてやりたいと思います・・もちろん教育やできれば金銭的なことも含めて子供のため、子供のためと言っていますが本当は自分の(親)為なんですね・・・たとえば親が大学まで行っていれば子どもにも大学ぐらいはいってもらいたい(金銭的こともありますが)と思い、親よりは何を目安にしているかはわかりませんが少しでも上を目指してもらいたいと思うのでしょうね・・・これって見えもあるんじゃないでしょうか・・・世間体ですね。
 親の気持ちを子供はすぐわかりますし見抜きます・・・それが子供の態度に表れます・・・取り返しのつくやんちゃなら少しぐらいのやんちゃは良いのでは・・・若いときのやんちゃは取り返しがつきますが年をとってからのやんちゃは死ぬまで続くように感じます・・・(例外はありますが)
酒井のり子夫婦の事件を見て(テレビなどで)いると私は子供のときの環境も関係あるのではとふと思ってしまいました。
 私は子供達が反抗期のとき「人殺しと薬だけは絶対にやっていけないよ。でも他のことはやってみて嫌だなーと思ったらやめナ、それでもやっているのは本当のばかだ・・・取り下げ(警察)にはいつでも行ってやるから・・・ハンコもって待っているから。」と良く言ったものです、それを聞いていた子供は「また、ばか親が何を言っているのか・・・。」というような顔で聞いていましたが・・・今日までは真面目に社会人として暮らしているようです。子供達が就職で家から離れるときに「何かあったら連絡をくれるか帰って来るんだよ・・・お前に何かあったとき親は命をかけてお前を守るから、全財産なくしても(いくらも無い財産ですが)お前を守るから。」といったら長男は(長男は私より背がたかく私は長男の肩くらいしかありません)「ハイハイ。」といって私の頭のてっぺんをポンポンと手のひらで軽くたたいて就職していったことを昨日のように今も覚えています。
 いつでも帰る所がある、何かあった時はここにかえってくれば良いんだと思えるところがあれば自由に世の中の荒海を航海できる・・・そしてたまーに帰ってきて骨休めをして又航海にでる・・・調子が悪くなったら(病気など)帰ってきてドックにはいってよく直してまた航海にでる。家庭は港のようなものですね・・子供達は船ですね・・・そしてその舟が一隻だったのが二隻になったら新しい港をつっくってそこを母港とします・・・最初は小さいくて頼りない港ですが月日がたつと舟が一隻増え、二隻増え年数が経つと押しもおされもしない立派な港になります・・・その港の作り方も自分が育った港が基礎になる港作りになると思っています。
 子供はこの港を選ぶことは出来ません、子供はこの港を模範に同じような港を作ります。大事な大事な港なんですね・・・
 
 

投稿者 yuriko : 18:23 | コメント (1)

2009年08月09日

賃貸住宅フェアーについて

 8/4~8/6まで東京ビックサイトで九州の大家さんや大阪、東京の大家さんにお手伝いをしていただき3日間のイベントを無事終わることができました・・・こと本当に感謝いたします。これもお手伝いいただいた皆様のおかげと思いその思いをいただいてまた1年間がんばろうと思っていますのでこのブログを読んでいただいている皆様、コメントをお寄せくださいね・・・お待ちしています・・・コメントが皆さんとつながっているんだ・・・と思いそのコメントが私のエネルギーになりますのでおまちしています。
 賃貸住宅フェアー(東京ビックサイト)では今年はもちろん本も販売させていただきました、今まで出版した3冊はもちろんですが7/23に発売した新刊「幸せのケチの法則」も販売しましたら100冊程度ですが(他の3冊も入れると250冊ぐらいと思います)完売しました・・・賃貸とは関係ないような本でしたがおかげさまで皆様のご協力で全部完売にしていただきました。今年は本を売ることが目的ではなく大家さんのためのミニセミナーを皆様に聞いていただくのが目的でしたので本の販売は二の次でした・・・でもミニセミナーは大好評でしたし(ミニセミナーは一日5人の方に1時間の持ち時間で「鈴木ゆり子の大家塾」のブースでの講演をお願いしました、3日間、合計延べ15人15時間でした。本のほうも(幸せのケチの法則)ミニセミナーの間、間に一生懸命に売りましたので・・・完売したときは持って帰らなくて良かったとホットしました・・お買い上げいただきました皆様ありがとうございました。
 賃貸フェアーでのこぼれ話などは適時書いてゆきますのでお楽しみに・・・・

投稿者 yuriko : 07:31 | コメント (0)

2009年08月07日

賃貸住宅フェアーに行って来ました。

 東京ビックサイトで賃貸住宅フェアーでブースを出したため8/3~8/6までビックサイトに詰めっきりでいました。(賃貸フェアーに「鈴木ゆり子の大家塾」のブースを出しました)ブースにたくさんの方に来ていただき皆さんに応援していただいていることを肌で感じることが出来ました。
 あらためてお出かけくださいました皆様に御礼申し上げます。今年も皆様の声援をいただき、これけらの私のエネルギーになります・・・大家業でトラブルや、やる気が出ないとき(私も布団をかぶって寝ていたいような気分のときもあるんですよ・・・)に賃貸フェアーでの皆様の温かい出会いをかてにして草むしりに励みます・・・
 皆様ありがとうございました。賃貸フェアーでのこぼれ話はこれから少しずつ書いてゆきますのでお楽しみにしてください・・・

投稿者 yuriko : 23:10 | コメント (1)

2009年07月19日

富めるものとそうでないものとの違いは・・・

 私の勉強の(鈴木ゆり子の大家塾)師匠であります「浦田健」先生がおります。浦田先生の”アパマン経営を成功させる会”の中の文章にこんな文があります・・・
  
 「世の中不思議なものです。もともと不動産を持っていた人が資産を減らし、反対に資産が無かった人がどんどん資産を増やしています。その違いは何でしょう・・・?
  「この違いをもたらす違い」を追求し、塾生に「幸せな金持ち大家さん」になっていただくことが私たちの願いです ~ 「鈴木ゆり子の大家塾」塾長 鈴木ゆり子
 
 私も時々思い出したときに読んでいます・・・読むたびに納得して考えてしまいます・・・
私のところも主人と二人して子供を(3人)育てながら土地を買い、家を建てるためにローンを組んで支払いをしてきました・・・何も無い所から一億の収入になってきました・・・
 その反面、たくさんの資産があった方が資産どころか自己破産をしなければならないほどの身の上になる方をたくさん見てきています・・・
 どうしてだろうかと無い頭で考えています・・・お金があれば幸せとは思いませんが少しのお金はないと困ります、特に年をとっていくと(今の私がそうです)病気になります足が痛い、膝が痛い、腰が痛いなどと病院と仲良くなっていきます・・・そのためにも病院に通うくらいの余裕がほしい・・・
 アパマンをかったとか家を建てたとか思って喜んでいるのはチョッとちがう・・・のかなーと・・・アパマンを買うたびにお国から税金を取られ・・そして毎年の税金・・・三代で財産はなくなると良く聞きます・・・資産を永遠につないでいくということは無理ですね・・・自分の代でもどうなるかわからない・・・執着しないことですね・・・ご縁があって自分名義にさせてもらっただけで又誰かの名義になる・・・子供に相続しても名義は変わるわけですよね・・・売ってしまっても名義が変わる・・・借金のかたに取られても名義は変わる・・・そして自分もこの世の中からいなくなるわけですから・・・生きている間だけ預からせていただいていると思えば気も楽になり・・・世の中から資産が消えてしまうわけでなし名前(所有者)がちがってくるだけですから預からせていただいている間だけでも資産を大事に使わせていただく・・そして少しは世のためになるように「たらいの水」を心がけるようにしていることにします。

投稿者 yuriko : 16:08 | コメント (0)

2009年07月07日

お天道様は見ていてくれる・・・ホントですか・・・

 今日、20:00頃女性セブンの担当者さんから電話があり、チョッといろいろ話をしました・・・インタビューかな・・・その中で私が話させてもらったことは・・・「景気がよくても悪くても私たちが生活をしていく上で必要なことは必要で・・・このことは景気がには関係ないことですよね・・・そんなことを女性セブンの担当者の方と話をしていました・・・昔の言葉に「お天道様は見ていてくれる・・・」・・・よい行いをしていればお天道様はキット見ていてくれるので悪いようにはならない・・最後はキットわかってくれるし正直者はむくわれる(私の解釈です)ということだと思うのですがところが今は「お天道様は見ていてくれる」・・・がただ見ていてくれるだけで手伝ってはくれない・・・年をとっていくとお金がかかります・・・たとえば若いときは病院とは縁が無いですが私ぐらいになってくると膝が痛いとか腰がとかどこかが悪くなり病院とだんだん仲良くなっていくようになりますと病院代に心配ないくらいの蓄えはほしいと思いますね・・・「日本は「自由経済、資本主義」の社会である限り自分の事は自分の力でと言うことが基本だと思っています。(最低生活のネットは(たとえば生活保護です)必要です。
 自分で考えて、努力して、元気な時は税金を支払い、ある程度の年齢になったら(働けなくなったら)資金を(生活費)援助してもらえれば最高ですね・・・
 ところが最近の年金や国のやり方を見ていて、国はお天道様であって、見ているだけです。こちら側が何でも気をつけていないと教えてはくれません・・・(年金などはこちら側(自分)が申請しないと何も(給付手続き)してくれないのでしょう・・・)でもお天道様は無くては困る・・・見ていてくれるだけでもです・・・心のよりどころですから・・・

投稿者 yuriko : 21:27 | コメント (0)

2009年06月26日

お詫びについて・・・

 最初にお詫び致します・・・村野様ごしてきありがとうございます。前回のブログ今読み返して本当にご指摘のとうりです。いくらパソコンが苦手といっても私(書いた本人が)でもなんだったろうと考えてしまう個所がありました・・・(スミマセン)・・・又おきずきのことなどありましたら教えてくださいね・・・よろしくお願い致します。
 今日はお詫びについて考えてしまいました・・・・
私はいつも娘や主人に「スミマセン・・・ここどうしたらいいの(特にパソコン関係)・・・」とよく聞きます・・・このときの「スミマセン」は同じ「ごめんなさい」でもあなたの忙しい時間を・・あなたの手を煩わせてしまって・・・お手を借りしてしまってと言う意味があると思います。
 そして同じ「スミマセン」でも「スミマセンでした」と「でした」がつくとよく聞きますね・・・テレビで決算発表が終わった会社の役員全員でが株主に対して(テレビカメラの前で)「スミマセンでした」と毎回毎回頭をさげています。このスミマセンは株主に対してなら「配当が減ってしまい・・・または無配になってしまい、損をさせてしまいましての「スミマセン」ですよね・・・
 又、大事件、大事故おこしてしまい関係者の方が「スミマセンでした」と(これもカメラの前で頭を下げています・・・この「スミマセン」は世の中を騒がせてしまい・・嫌な気分にさせてしまい・・と言う意味での「スミマセン」ですね・・(当事者には直接あってお詫びを当然していることでしょうから)
 おなじ「すみません」でも損得勘定の「スミマセン」もあれば嫌な気分にさせてしまっている「スミマセン」・・・それと人を(スーパー、やお店、ファミレスなどで)呼ぶときに「スミマセーン」と私は店員さんを呼びます・・もちろん知らないところで道を聞くときも「スミマセン〇〇はどこですか・・・」といって聞きますね・・・。「すみません」と言う言葉は本当に便利なことばです。こんな便利な言葉を「広辞苑」で引いてみました・・それによると「済まない」の丁寧語。物事がうまく決着せず、また、自分の気持ちが落ちつかないという意から)相手に対して謝るとき、礼をいう時、頼むときなどに使う語」とかかれています。
 「スミマセン」と言う言葉は日本人的な言葉ですね・・・(ひとつの言葉で使いまわせて、あいまいな所がある)でも言葉ひとつでいろいろな心を表せる、言葉の中に心がこもっているかどうかと言うことですね・・・

投稿者 yuriko : 15:08 | コメント (1)

2009年06月05日

テレビを見ていて私のときは・・・

 テレビでうつ病のドラマをやっていました。ドラマを見ていて(仕事をやりながらです)うつ病とはあんなに癇癪を起こすものかナアー・・・自分を責めるものか・・・奥さんもあんなに理解のある奥さんはえらいなー・・?ナンテ思ってみていました。同じうつ病でもいろいろあるのでしょうが・・でもいえることは真面目でがんばり屋さんで責任感のある人がなるそうです。だから日本人はうつ病になる人が他の国より多いいのだそうです・・・(本当かどうかわかりませんが日本人は真面目でがんばりやさん、生真面目な人が多いのだそうですよ)私も20年?ぐらい前にうつ病になって主人がとてもがんばってくれて(子供のことや会社の仕事それにうつ病の私ととても大変だったと思います)いろいろとお医者さんなども調べてくれて(薬もありますがお医者さんとと患者さんとの相性が一番だと主人が言っていました)鹿沼市の独協医大まで毎週高速を使って通院してくれました・・・私はただ寝ているだけですから(うつ病の本当に悪いときは体が動きませんでした)ドラマのようなことではなかったので見ていた私は「チョッとちがうー私のときとは・・・」と思いながら見ていました。(自殺をする時はうつ病が良くなってきて考えや体が動くようになったときが危ないそうですtろ主人の受け売りです)病気の本人はもちろん大変ですが回りの家族もそれ以上に負担がかかり大変ですよね(誰がどんな病気やケガをしても大変ですが)。いつもは主人は口に出しては言いませんが何かのときに「あん時は俺・・・本当ーにどーしようか・・・どうなるのかと考えると寝られなかったと」思い出しながら言うときがあります。今、私があるのは(生きていられるのは)主人がいてくれたからだと思い、感謝感謝です。
 でも主人の顔を見るといつもの憎まれ口をいってしまうんです・・・ばちがあたるのは解かっているのですが・・・なかなかのどもとすぎればで・・・良妻賢母・・特に良妻にはなれそうにありません。
 でも、病気になってよかったこともあります、お店にいらしたお客様を見ていてすぐわかります、そして接し方もわかり、「ゆっくりゆっくりでいいんだよ、私もそうでしたから・・・」と話をすると「本当ーですかー・・・信じられないー」といわれるほど元気です。「必ずあなたも直るから慌てないでね、ゆっくりゆっくりでいいんだから・・・」
 でも、最近は軽いうつ病かなとおもう人など入れると増えていますね、世の中の動きが速すぎますね、おばちゃんの私には早すぎてついていこうとするとまた病気になってしまうので最初から流れ(あまりに早くて高速道路ですね、ビジネスマンは高速道路を走っている車のようです)からおりて脇道を歩いています。いつかはつきますよ、慌てなくても・・・人生の最終地点に・・・のんびり・・のんびり・・・

投稿者 yuriko : 22:17 | コメント (2)

2009年05月29日

検査入院しています・・・

 明日から検査入院します。私のとりえは元気印だけだと思っていましたらこの間くたびれてしまい年だからしょうがないと思っていました・・・いつもならそれで終わるのですがここのところ(忌野清志朗初め)知り合いの親御さんのお葬式がいくつかつづいたのでそれでもと思い、出かけました(病院へです)・・・
ここ何年と身体検査(人間ドック)などしていませんのでおもいきって3泊4日(土曜、日曜があったので7日間病院にいました。結果は年ですねー・・・血圧はまあーまあー、腎臓も肝臓も動脈硬化はやせれば大丈夫と言われ、コレステロールはギリギリOK、頭のCTも今のところOK、体の特におなかの脂肪の厚さに驚きました。足の筋力は60%の筋力しかないのでリハビリをするように言われ、何とか帰ってきました。何でも言いからやせることとお医者様に言われ、これが一番むづかしい・・・ですね。
 今日からダイエットです・・・
いつも思います・・・
タイヤキ器みたいな機械(人間用)があってそこに入ってパタンとタイヤキみたいに二つをあわせ、電気をとうしたらあら不思議・・・要らないお肉ははみ出すのでたいやきのこなみたいにスーっとこそげとってふたを開ければウエストがくびれた美女が出てくるとはならないものですかネー・・・と隣に座っている主人に話したら「あほ・・・そんな楽な機械があったらみんなやってる・・・うまくいかないからみんなは苦労しているんだ、アホだアホだと思っていたがそこまでとはナー」と一笑されてしまいました。
 年に一度くらいは自分の体の検査も大事ですね・・・今度は主人に検査入院を勧めたいと思います。
 

投稿者 yuriko : 09:52 | コメント (0)

2009年05月26日

この間の続きです・・・

 大家さんは皆さんが思うほど楽な仕事ではないですよと言う話しでしたよね・・・
大家さんと言う仕事のよいところは自分の考え方ややり方で何とかなると言うところまでは言いましたね・・・たとえば同じ投資にも株や金などありますね・・・賃貸経営と金や株との違い・・・は何だと思いましか・・・
 株は会社があり社員と社長がいてたくさんの人たちが働いていますね・・・その会社が業績が悪くなったとします(今のアメリカのGMなどはそうだと思います)株主である自分がいくら熱意を持ってどうにかしようとするには半分以上の株を買うか自分が社長になるか・・・しなければ・・・全部の株を買ってもまだ社員はたくさんいるし、社長もいる・・・なかなか思うとうりにならないですね・・・金も全部買い占めるわけにもいかず・・・そこへ行くとアパマン経営はいいですよ・・・自分のやる気でどうにかなりますしどうにかし様と思ってやっていると(勉強とアンテナです)どうにかなります・・・そしてどんな仕事も世の中のお役に立っていることは良くわかりますが特に大家さんと言う仕事は「衣、食、住」とある「住」をになわせてもらっていますが「衣」と「食」も大事な仕事です・・・(「衣、食」をないがしろにするつもりはまったくありません)が「住」とどこが違うのか・・・今も私のアパマンに入居しています入居者さんが言っていました言葉に「大家さん・・・本当に夜に手や足をノビノビと伸ばして何の心配も無く温かい布団で寝られる・・・こんな、幸せは無いねー・・・夜びくびくしながら寝ているのは寝た気がしないよ・・・」といいました。この方はホームレスの方でした。この方の言葉を聞いて部屋を貸すと言うことはただ貸すだけでなくその人の人生がそのお部屋にあるというか(大げさすぎますか・・・?)人生をおくっていて明日の活力を蓄える所を(夜になると人間は寝て明日への力を蓄えるのですよ、前の晩、よく寝られなかったときはその日一日体がだるいですものね)お貸しする大事な所なのだと気づき、なんて良い仕事にめぐり合えたのだろうと思ったものです。
 よいところばかりではありません。
 自分の力で(もちろん他の人の力も必要です、特にパートナーの協力は絶対です)どうにかすることもできるし世の中の役に立つこともできる・・・良い仕事ですが・・・それには普段の入居者や周りの方々とのコミュニケーションを作ることが大切です。このコミュニケーションがすぐとはいきません・・・その他に入居者さんが10人いれば十人分の考えがあります、一人でやるには大変すぎます・・・その他、家賃の督促や集金、苦情の処理、草取り、掃除、トラブルetc・・・不労所得などとは誰が言ったのでしょうね・・・
 どんなお仕事でも楽をしてお金はいただけません・・苦労もしますがその苦労が実ったときの嬉しさで(お節介も含まれます)嬉しさのほうが多いいために続けていけるのです・・・・

投稿者 yuriko : 09:36 | コメント (2)

2009年05月22日

大家さんて皆さんが思っているほど・・・

 私のところにご相談にきていただく方に必ずお聞きすることがあります・・・それはお金のことではなく「なぜ大家さんになりたいと思ったのですか・・・」とお聞きします。すると「大家さんにあこがれて」とか「早くセミリタイヤしたい」とのご返事が返ってきます、もちろん空き地があるからといまは使わないお金があるとかあります。いろいろなご返事が返ってきますがお金が儲かりそうだと思っている方がほとんどで大家さんと言うと何もしないで儲かると言うイメージがありますがそんなに大家さんは楽な仕事ではないし儲かる仕事ではないですよ・・・ただ入居者が0になっても何とか自分とパートナーとの協力でなんとかなる(満室にできるということです・・・
 自分の考えかた次第でうまくいくし悪くもなるということです。
このつづきはまた書きます。急用が出来ましたので・・・いってきます。(入居さ様が鍵を無くしたと言っていますので・・・)

投稿者 yuriko : 10:19 | コメント (1)

2009年05月03日

忌野清志朗が・・・私の心は・・・

 今日、朝8時にはこの間、入居いただいた戸建賃貸のお客様のところに行ってきました、水道の蛇口の調子が悪いとのことで行ってきました。
 そこのお宅のテレビのワイドショーで忌野清志朗さんが亡くなったと聞き、ビックリして癌とは知っていましたが(全部メディアからの情報ですが)体の力が抜けました・・・私「忌野清志朗」の大ファンなんです。一番のファンは「泉谷しげるちゃん」です・・・その泉谷がワイドショーで言っていたのを聞いていましたが「俺は認めない・・・死んだこことを認めないからお悔やみも言わない」と言っていましたが相当のショックだったと思います・・私もショックです・・(私ってミーハ-なんですよ)
 RCサクせションのときのから良く聞きました・・泉谷と親交があったためRCサクせションのメンバーと泉谷が時々ライブをやるときは聞きにいきました・・・東京の会場や地方の会場でライブをやるときはいつも主人に道案内をしてもらい私は会場の中に入っていき、主人は会場の近くの喫茶店で本読んだりしてまっていてくれたことを思い出します・・・楽しい時間をありがとうございました・・・(寂しいです)
 今、隣に主人がいます、その主人に「お父さ-ん・・・清志朗ちゃんが亡くなってしまったよー、もしかしたら今日一日何もする気になれないかも・・・」と言ったら主人は「お客さんがこないんだから静かにしていたら」といって仕事に行ってしまいました・・・(やさしいのでしょうか・・・???)
 今日は一日ショックでいつもより静かな私になっています・・・

投稿者 yuriko : 11:00 | コメント (2)

2009年04月28日

寄る年波には勝てません・・・

 いつも私は元気だけが取り柄だと思っていましたが昨日から疲れてしまい「くたびれたー、くたびれたー。」とつい口から出てしまい、娘に「おばあちゃんになっているんだからお医者さんに行ってきたら。」といわれて今日、いつも通っている指圧の先生のところに行ってきました。指圧の先生は若い男性の先生ですが腕は確かです・・・(鈴木家の菩提寺の住職さんに上手な先生だから行ってみなと紹介されて通っています)いつも1時間ぐらい指圧をやってもらっています。私は車の事故のため右手がいつもしびれているのです・・・又、右手の握力も左手の握力からみるとまるっきり少なく、重たいものを持つときは左手です・・・その他もろもろ不便ですしすぐ右手がくたびれてしまい肩もコチンコチンにはってきてどうにもならなくなり癇癪を(自分自身にです)おこすときがあります、癇癪を起こしてもどうにもならないことはわかっています・・・そんなときは指圧の先生のところに飛び込みます。今日も朝一番で運良く順番が取れて指圧に行ってきました。
 いつものように治療をしてもらっていますと先生が「鈴木さん、今回はそうとう無理をしていますね?」と言われ、私「先生わかります。」先生「わかりますよー・・・鈴木さん、無理しない程度に無理をしてね。」と言われて、私は???になって先生に「無理をしない程度の無理って先生どういう事。」と聞いてみましたら、先生は「無理をしない程度の無理とは普通と言うことですよ。」と言われて、私は「先生、それってむづかしいですね・・できるかしら。」先生「今のままではいつか無理が出ますよ・・・。」と言われて:無理をしない程度の無理:を心がけて行かないと、と思いましたができるかな・・・、次の予約を入れて帰ってきました・・・
 私もいつまでも心は二十歳と思っていましたが思っているだけでからだはついていっていいないことを
知って(わかっているのですが解からないふりをしているのです、自分自身に)夜、鏡の中の自分をみて納得してしまう自分がいました・・・ションボリ・・・ションボリ・・・自分の姿にショック・・・だって自分の姿や顔は普段は自分には見えないですよね・・・鏡に写る自分をみない限り自覚は無いわけですよね・・・それを見てしまった・・・今日は早く寝ます・・・早く寝て明日はショックから抜け出さねば・・・

投稿者 yuriko : 01:43 | コメント (1)

2009年04月20日

お線香あげに主人と一緒に出かけて・・・

 昨日、お昼過ぎに主人と一緒にお線香あげに行ってきました。(4/3にブログにかきましたお世話になった方です)お線香あげに行くのにこんなことを書くのは不謹慎だと思いますが主人と二人、ドライブをするのはホントに久しぶりです・・・(私の心はルンルンです・・・主人は横でぺちゃくちゃとうるさいおばさんだと思っているのでしょうね・・・)お店から2時間弱かかりました。
 主人とその方の子供さんと(子供といっても70歳ちかくの方です)久しぶりのことで私は何回か一人で訪ねていっていましたが主人は10年ぶりのことだと思います。
 いろいろと積もる話に花が咲きお夕飯を食べてからの帰りになりました・・・今回のことでいろいろ考えさせられました・・・忙しさにかまけて後にあとにと延ばしていると今回のようになってしまい、時間は自分の都合のよいようには待ってくれないとこを身にしみて教えてもらいました・・・自分の事もそうですね、家族のことも、身の回りのこと全部に当てはまることですが・・・目の前のことに目がくらみこの次、この次が3年、5年、10年とアッというまに立ってしまい、大事なことを忘れてしまう・・・{大事なことほどおくゆかしく静かに辛抱強くじっとまていてくれるがある日突然壊れてしまう}・・・幸せも、待っていてくれる人も、健康も、信頼も・・・・etc・・・だからいつも心して気をまわしていかないと崩れて後から後悔するようになってしまうのですね・・・(ここにかいていることは全部、自分自身に言い聞かせているために、反省を込めて書いています)
 忙しいと言う言葉は私の嫌いな言葉でしたがいつのまにか忙しい、忙しいと言う言葉が口から出ていました、忙しいと言う漢字は「心を亡ぼす」と書きます・・・本当にそうですね・・・いそがしいと何が大事かわからなくなってきます・・・ちかいうちに実家に帰ってきます。

投稿者 yuriko : 18:39 | コメント (0)

2009年04月03日

昔、お世話になった大事な方が・・・

 昔、お世話になった方のお身内から朝8時前に電話があり、主人が電話に出てくれました・・・(私は用事が有り出かけていました)悲しい訃報でした・・・。私が若いときに(主人と結婚できたのもこの方とのご縁があったからだと思っています)主人とよく二人でお世話になりました。
群馬までとんでいき(車で)お焼香をさせていただきました・・・がたとえが悪いのですが「孝行したい時に親は無し、されどお墓に布団はかけられず・・・」といいますが本当ですね・・・来月行こう・・・来月行こうと思っていて忙しさにかまけていたらこんなことになってしまい・・・・お焼香のとき悔やまれて悔やまれて・・・・悔やんでみてももとに戻ることはありません・・・こんなにも「孝行したいときに親はなし・・・・が身にしみて本当にこの言葉の意味がわかり・・・泣いてしまいました・・・悲しいことと私の身勝手さが自分本位の考えがこんな取り返しの出来ないことになってしまって・・・今一度合いたかった・・・声を聞きたかったです・・・近いうちに主人と一緒にお線香あげに言ってきます・・・あと1ヶ月早く気が付けばと思うと自分の身勝手さ、バカさ加減に又悲しくなります・・・・

投稿者 yuriko : 07:33 | コメント (1)

2009年03月31日

定額給付金申請書が届きました・・・

 本当に来るのかとまっていました(?)定額給付金申請書が届きました・・・
その「定額給付金」のご案内によりますと定額給付金は羽生市が給付金を給付するのですね・・・・・・・ 「すらなかったです・・・だっていつも麻生首相が「給付金・・・給付金」とこの間まで言っていましたので(テレビも新聞も報道がすごかったですよね)市が代理で給付するのでしょうが・・・
 私的に考えると市から給付を受けると自分で払った税金を少し返してもらったようであまり嬉しく感じません・・・景気のためならもっと良い使い方があったのではと考えてしまいます・・・
 でも「定額給付金」は使わしてもらいますよ・・・なんに使おうかと考えていますが主人と温泉に行きたいナーと思っていますが・・・時間が作れるか、それが一番問題です・・・
 皆さんは「定額給付金」は何に使う予定ですか・・・貯金は無し(?)ですよ・・・景気の回復が目的で支給されるのですから・・・皆さんパーッと使いましょうね・・・(パーッと使うにはチョッと金額が少ないですね)

投稿者 yuriko : 17:56 | コメント (0)

2009年03月25日

今日は主人と電車でデートしてきました・・・

 今日、午前中は事務所で事務仕事をしていて12:07の電車にのり、乗り継ぎをして浜松町まで久しぶりに主人と出かけました・・(ルンルンでした)主人の勉強会についていきました・・・・(主人の勉強会に一緒に行ってよくわからなくても少しはわかるものでああ主人はこんなに勉強してるんだなーと思い尊敬しました。)私のところでは家族3人での役割分担で仕事をしています・・・私はアパマンの管理とアパマンの仕入れを主にしています・・・主人はリホームをおもにしてもらっています・・・娘は事務仕事とお店の接客をしてもらっていますが自分の役割仕事以外の事にはどうしても気が行かなくなりますがやはり時々は主人とのデートをかねて出かけてみるもんですね・・・
 帰りは浜松町駅の近くのお店で食事をしてきました(久ぶりに向き合って食事をしました・・・)ちょっとしたことですが今日は楽しい一日でした・・・毎月は無理でも2ヶ月に1度くらいはこんな日を持つように心がけます・・・

投稿者 yuriko : 20:24 | コメント (0)

2009年03月18日

元気印の私も・・・

 何日かブログを休んでしまいました・・・・3/15までは税金の申告日最終日にあたるため(今年は3/15が日曜日のため締め切り日が3/16になりました)税理士の先生が私の書類が間に合わないのをみこして日曜(3/15)に事務所に来てくれました。(来て頂いたのではなく税理士さんが私に任せておいたのではこのままでは期日がすぎてしまうと思い休日を返上して東京からきたという方があっています。)
 私は頭を使う仕事は大の苦手で肉体労働派です・・・一日机に向かっているとお尻は痛くなってきて・・・2日目は目がチカチカ(本当は頭の脳みそがチカチカしてます)してきます・・・3日目の夜は知恵熱が出て夢の中で数字に追いかけられています・・・
 私にとっては魔の数日を過ごしやっと普段の仕事に戻れると思ったら今までの疲れがでてしまいました。3/16は上越商工会議所に講演に行ってきました(AM8:00に羽生駅を出発お昼を直江津駅の近くで食べて(地魚を煮てもらいました)講演をして懇親会をして羽生駅に最終の電車で着きました。
 昨日、今日はくたびれていて机の前に座って何もしないで居ます(ホワー-ッとして机に腰掛けているだけです。)今夜は早く寝ます・・・今から寝ていたいのですが熊谷にリホームの契約をしに行かなければなりません(お家のボロ物件を仕立て直しましたらそれを見ていたお向かいの方に同じようにリホームをしてほしいとたのまれたお家のリホーム契約です。)夜9時ごろには帰ってきて早めに寝ることにします。

投稿者 yuriko : 12:25 | コメント (0)

2009年02月20日

何もお手伝いできませんでした・・・

 何日か前に1/29付けで書きましたアパマンの入居者さんが病気になったためブラジルに帰りました。
お兄さんはアパマンに残りましたがブラジルに帰るのは大変なのです金銭的にも時間も、今、日本では仕事がなくなり(世界でですね)ブラジルに帰る人が多くなり、飛行機の切符を取るのも大変なのだそうです。アメリカでの乗り継ぎの切符は取れなくなり遠回りでもドイツでの乗換えでぐるっと回って帰るとのことです。癌の身にはこたえるだろうと(もちろんビジネスクラスを取るほどの余裕もなくエコノミーで36時間だそうです)思っても何もお手伝いしてあげることも出来ず抱き合って泣いてしまいました。
 ○○さん本当にありがとうございました・・・・。日本にきて19年間、日本のために働いて働いて・・・(母国に仕送りはしていなくここ何年間は食べるのがやっとと思うくらいの収入だと思います)お兄さんもこれから職場がどうなるかわからないといっていました・・・日本人でさへ今はリストラにあっているときには他国の人のことなどかまっていることなど出来ない・・・余裕が無くなっているのですね・・・
 あと半年の命、私ならどうするだろうと思うと・・・やはり母国で最後を迎えたいと思うことでしょね・・・・
抱き合ったときの背中の感触・・・涙で濡れた頬と頬の温かさ・・・握った手のぬくもり・・・これが最後の別れと・・・・できれば一緒についていって送り届けたいと思うだけで実際は自分の生活優先の私に・・・・私の自分優先のエゴが丸出し・・・口だけの私の心につぶやく・・・そんなこと無理だよ用事があるから・・・仕方がないから・・・仕事をキャンセルできないなどと言い訳している自分がいやになります・・・切ないですねー・・・・自己嫌悪に陥っています。
 

投稿者 yuriko : 20:20 | コメント (2)

2009年02月14日

大家業は誰でも・・・

 大家さんにはアパマンを購入すれば誰でもなることが出来ます。でもアパマンを購入して大家さんになることが出来ても大家さんに向いていない(ご本人は大家業に向いていると思っているのですが)人もいるのではないかと思う出来事がありました・・・
 その方はある日訪ねてきた方でアパマンを購入したいということで相談に来ました。(もちろんアポイントをとってからです)しばらくたってからご自分で良いアパマンを見つけて契約までしたらしいと知人から聞きました・・・又、しばらくたってある日の夜突然、ご両親から電話があり息子が一週間もいなくなってしまったどうしたらよいか、心配で心配でと私のところに電話があり、心当たりがあったら探してくださいとのこと・・・・その夜中にお母様からまた電話があり居場所がわかったとのこと「どこに居たのですか・・・・・。」と聞くと「○○警察の中の留置所の中。」との返事で絶句でした。「どうして・・・何があったの・・・」お母さんに聞いても何もわからないとのことで次の日の朝早く(車で警察まで1時間半かかります)急いで車を飛ばしてお母さんを途中で車に乗せて警察にAM8時ごろに付きました。警察の受付で「○○さんのことで来ましたが面会はどうしたらよいのでしょう。」と聞いてお母さんと手続きを取り面会しました。(警察の留置所の面会は入居者さんを一度引き取りに行って身元引き受けをしたことがありましたので少しはわかっていました)
 ガラス越しに面会したときはビックリの顔とふてくされた顔をしていました。お母さんが心配したことを伝えても何も言いませんでした。(お母さんのおとしは81歳)そんなこんなでいろいろあって4~5回面会に行きましたが親御さんが思っているほど本人は自分が悪いとは思っていないのです。罪状はストーカーと言うことでそれも悪質だと聞きました。何とか弁護士さんに依頼をして和解で済ませることができましたが・・・・私にはこの方は大家さんにできればならないほうがよいように感じます・・・犯罪にもいろいろあってやむにやまれぬ(命の危険)ために無銭飲食をしたとか万引きをしてしまったとかならわかるのですが(万引きや無銭飲食を進めているのではありません)その方の性格もありますし犯罪の種類もあります。ストーカーや覗き、その他女性(男性も)が安心して暮らせないようなことではこまりますしそれが大家さんとなるとなお困ります・・・・
 この方と接していますとお金持ちなのでしょうが・・・大家業はやめたほうがよいのではと思ってしまいまう出来事でした。

投稿者 yuriko : 01:02 | コメント (0)

2009年02月05日

人と人との出会のご縁です・・・

 今日は駒沢大(世田谷)ね白岩さんを(大家の王道の筆者)主人と2人で伺わせてもらいました。
白岩さんは私と反対の新築を世田谷をおもに大家さんに提案していますが私はボロ物件をきれいによみがえらせて入居してもらっています。白岩さんとは何回もお会いしていないのに波長が合うのでしょうか主人と二人にとってあっという間の時間でした。
 白岩さんの事務所の方たちと6時間も話しに夢中になりました・・・(たのしかったです、久ぶりに話に中身のある話をすることが出来ました)
 話をしているうちにわたしがなぜこんなに忙しいのか・・・どこを改善していかなくてはならないのか・・・・(だいたいわかっていたのですがなかなか決心がつかなく政治家のように先送りにしていたのです)今年は自分の時間が取れるように改善します・・・私のやりたいことをできるように(私しか出来ないことを)早急に手をつけようと思います・・・ガンバリマス・・・そしてもっと大家塾に来ていただいている皆さんのお役に立てるように時間を作ります。
 

投稿者 yuriko : 22:49 | コメント (0)

2009年01月29日

真面目に働いていれば・・・・・・・

 今日は悲しくて悲しくて・・・今、国会の議員さんは日本の片隅で真面目に働いてきてこの派遣切りに合っている外国の方たちのことを・・・日本の経済成長を支えてきたのは何も日本人だけではない人たちの現実をわかっているのですか・・・(教えてください。怒っているのを通り越して悲しいです)
 昨日、電話がかかってきました。「鈴木さん、いつもお世話になっていますね・・今日はお願いがあるの・・・何日前に病院に行ってくると鈴木さんにお話ししたね。昨日、病院の検査の結果がわかったの・・・病院の先生が癌だって・・・あと、もって半年だって・・・。」私・・・声が出なかった・・・今一度聞きかえしました、聞き間違いだと思ったから・・・「○○さん、今一度いって、よく聞こえなかったから・・・。」○○さん「鈴木さん、私、病院にいって検査をしてもらったら癌で肺にも少し転移していて、骨にも転移していて・・・あと6ヶ月くらいしかだめと先生にいわれたの・・・。」私「・・・・・・・・・・。」
なぜですか・・・○○さんは何--ンにも悪いことはしていません・・・真面目に働いて働いて働いて・・・○○さんより私のほうがズーッと悪い人間です・・・(○○さんは私と同い年くらいです)欲張りで・・・意地悪で・・・娘によく喧嘩すると言われます「お母さんは長生きするね・・」私「美人薄命と言うからお母さんはあと良くても二~三年かな・・」娘「何言っているのよ・・お母さんは憎まれっ子世にはばかるで30年は大丈夫、あまり憎まれて刺されないようにね・・。」とよく喧嘩します。
 この方は少ないお給料から毎月毎月キチンキチンとお家賃を払ってくれていました。20年以上前に日本へ働きに来てお父さん、お母さんはいませんがお兄さんはこの派遣切りで20年も勤めた会社を首になりました。この方は外国からきましたがあまり運には恵まれていなく本国にも仕送りをしている様子もなかったです(派遣会社の仕事で半日の清掃の仕事でした、もちろんお部屋は派遣会社が借りていましたので手元にはいくらも残っていないと思います)
 やはり最後は本国でとお兄さんと帰ることになりました・・・私はなんと言えばよいのか・・昨日は涙がかれるほど泣いたといっていました・・電話を切るときの言葉が「しょうがないものね・・・なってしまったものは・・・日本では治療を受けるにはお金がかかりすぎろし・・・国に帰ってもお父さんもお母さんもいないのでどうなるか分からないけど兄弟がいるから何とかなるでしょう・・・お兄さんもどうになると言っていたから・・・。」 日本では日本人がいやがるキツイ仕事をして病気になったら(偶然に重なってしまったことだとはわかります・・・)ポィですか・・・
 今日も癌の体に鞭をうって仕事にいっています・・・私が心配すると・・「鈴木さん・・大丈夫だから・・・あと何日かで仕事は終わりになるから・・・働かないとね・・・少しでも働かないと。」 私には言葉が出ませんでした・・・まだ私にはショックが大きすぎて心が受け入れていない状態です・・・・

投稿者 yuriko : 23:19 | コメント (2)

2009年01月26日

人生の節目節目に・・・・

今日は風邪気味で一日ぐずぐずしていました。(元気印の私でも背中に3個ホッカイロをはっていました。)夜、お店にお家賃を持ってきて頂いている方がきました。ひさしぶりに私はお会いしましたので「元気ですか・・・。」と聞きますと「おかげさまで落ち着きました・・あと少しで裁判所での決着がつきます。」と明るい声でハッキリと前向きな声でした・・
 何ヶ月か前にお店にお部屋を探しにきた方です。様子がおかしいのでお部屋だけでなくお節介で自己破産のお手伝いをしたかたです。今日の帰り際に「落ち着いて余裕がでたらまたお家を古くてもよいから買えるようにがんばるからそのときはお願いしますね。」と明るい声で言って帰っていったのを見送っていて心から嬉しかったです・・・
 管理をしていたアパマンの入居者から夜電話があり「たすけて・・・家賃がはらえなくなる。」といってきたので急いで駆けつけ「どうしたの・・・。」と聞けばお給料が差し押さえられるとの事、この方とは何度付き添って弁護士の所に通ったか・・・やっとどうにかなり久ぶりに電話をしましたら元気な声で「大丈夫、元気だから・・・問題も何とか先が見えてきたから。」「そう・・大丈夫なのね・・何かまたあったら電話してね。」と言い置き電話をきる・・・声が元気になり一安心・・・この方ももう少しで決着がつきます。
 又、反対に嬉しいことは新婚さんでお部屋を紹介しまして子供さんが生まれ街の中でばったり合って家族3人幸せそうな笑顔を見ると不動産冥利につきます・・・
 今、私のしている不動産業、特に賃貸業は(大屋業を含め)はお部屋を貸す仕事です。貸すということは出る人もいます、お部屋を借りるにしても出るにしてもその人にとっては人生の節目節目にあたります。人生の節目節目に立ち合わせていただけるとても良い仕事を・・・大事な仕事を・・・しているんだと思うとますますお節介をしてしまいそうです。

 

投稿者 yuriko : 22:31 | コメント (0)

2008年12月14日

袖すり合うも多少の縁・・・

鈴木様へ
こんにちは。
突然のメールを失礼します。
先週12月3日に久喜から半蔵門線の電車で隣の席になった女子大学生です。
たまたま隣の席になった私にご自分のお仕事のことなどとても心に残るお話をしてくださいました。
そのことがとてもうれしく思い、遅くなりましたがメールを遅らせていただきました。
鈴木さんが話してくれた周囲の人への感謝の気持ちを大切にすること、私の今後の生活
でもっと自分の気持ちを伝えることを努めようと思いました。
本当に貴重なお話をありがとうございました。
寒い日がまだまだ続きます。今後もお体に気をつけて日々お過ごしください。
鈴木様のご活躍を心より願っております。
東洋大学 ○○ ○○

 上記の嬉しいメールが届きました。この方とは電車でお隣に座り北千住までご一緒した方です。
いつものおばちゃん丸出しでいろいろなお話をさせていただきました・・・大学3年生で就職活動中と言うことで今の内定取り消しの話や今年(今)の就職活動も去年とは比べ物にならないくらい厳しいと言うことでした。希望のお仕事に就職できますようにがんばってください。
   「袖すり合うも多少の縁」ということをしみじみ感じた嬉しいご縁です。

投稿者 yuriko : 19:09 | コメント (0)

2008年12月11日

思っている以上の・・・・

 この景気の落ち込みは思っている以上の落ち込みですね・・・
私のところのアパマンに入居している方の中に派遣をしていて解雇された方が何人かいます・・・(両手では足りないくらいの人数になってきています)
その中にご夫婦で子供一人(1歳)、奥様は来年4月に2人目が生まれるのですが体調が悪くこの間も入院していました。赤ちゃんが生まれるまでは絶対安静でお医者さんに入院を勧められているのですが入院費が無いため入院しないで自宅で安静にしているのです・・・御主人は派遣でしたが2ヶ月前に派遣の仕事がなくなり、次の仕事を探していて1ヶ月前に新しい仕事(また派遣ですが派遣先が一流企業だと喜んでいました)につけたと思っていましたが1ヶ月たつか経たないうちに又リストラされてしまったそうで今は生まれてくる子や家族のためアルバイトを2つ掛け持ちして奥様が出来ないお家の家事をしているのだそうです。蓄えはゼロだそうです。
 他の40歳過ぎの男性はどこに面接に行ってもNOで20回くらい面接にいってもだめで今はアルバイトとオークションなどで小銭を稼いでいるのだそうです。
 派遣会社が借りているお部屋を返してきたお部屋の立会いのときに聞いたお話しですとこの夏までは100人派遣がいたのに今は37人しかいない、年末には今の半分の人数になると思う、「派遣の人でなく俺の首がどうなるか」と話していました・・・
本当に今までと違うなと感じます・・・なのに国の偉い方々は何を考えているのか・・・下々のことを考えてくれているのでしょうか・・・テレビや新聞から見ているだけですがすごく疑問に感じることが多々あります・・・来年もあと何日かです・・来年は良い年が来る事をねがっています・・・・

投稿者 yuriko : 20:33 | コメント (0)

2008年12月03日

半蔵門まで言ってきました・・・

 今日は勉強会がありまして羽生~半蔵門まで電車で行ってきました。(久喜で乗り換え)いつも電車に乗ったときは回りの(電車)人を見るとはなしに見ています・・・私が膝が少し不自由になっているせいか電車の座席が空いていれば座りたいと思うようになっているので皆さんの座席の座り方を見ていますと7人掛けの所を6人で座っている方がほとんどですね・・・?(座席に立てのポールがついていない座席です)帰りの電車は半蔵門を16:30頃でしたので少し込み合っていて7人掛けの所を6人で座っていましたのでおばチャン力で(あつかましさで)「すみません・・少し詰めていただけますか。」とお願いして座らせてもらいました、もちろんありがとうございますとお礼は言いました。
 それから回りを(半蔵門から羽生まで)見ていましたが長イスに7人かけているところは私の座席だけで他のところはみんな6人で座っています、又、私のようにあつかましく座らせて下さいと言う方もいませんでしたね・・・(席の前に立っていて、前に座っている人と人の間が空いていて後少しづつ詰めてあげれば一人に座ってもらえるような座り方でも皆さん気付かない様?ですね・・・・
 あと、男性の方の座り方に気になる方がいます・・・足をパット広げて座っている方です・・・
男性の方ですから足を広げて座るのは分かりますが椅子に座って足をパット広げ通路に投げ出すように座っている方もいますし足を組んでいる方などいろいろな方がいます。電車は狭い所にたくさんの方が乗り合わせます・・・女性のお化粧をはじめ、昔では(私の若い頃)考えられないようなことをするようになっています・・・恥ずかしいと思う気持ちや他の人のことを気にしなくなっているように感じます・・別に悪気がある訳ではなく気が付かないのではないかと思います・・・私が席を詰めて座らせてくださいと言うと皆さん黙ってですが席を詰めて譲ってくださいます。親御さんが小さいときから教えていないのではないかと思います?今までの常識が少なくなり非常識が多くなれば非常識が常識になります・・・
 これから日本の常識は(大げさかな・・)どうなるのでしょうか・・・
 

投稿者 yuriko : 21:36 | コメント (2)

2008年11月29日

嬉しいメールがきました。

 嬉しいメールがきましたのでここに転載させていただきます。

 鈴木様
いつもメルマガを楽しく、また有意義に拝見させていただいております。

しばらく前になってしまいますが、44号のお言葉、本当に心にしみました。

「一部屋一部屋に人生がある」

とても素晴らしい一言だと思いました。

我が家は零細ながらも安アパートをいくつかやっております。

アパート経営も利回りや利殖ばかりがいろいろ言われる今日この頃です。

経営である以上、利益を上げなければならないのは当然のことではありますが、
アパートの一部屋一部屋には人生がある、というのをつくづく感じ、またその気持ちを
大事にしていきたいと思っております。

ご著書も何冊か読ませていただいております。とても勉強になりました。

今後のご活躍をお祈り申し上げております。
                                   

 私の考え方をちゃんと分かってくれている方がいると思うと嬉しいです・・・
時々私もうらやましいナーと思うことがあります・・・アパマンの数をすごい勢いで増やしているカリスマ大家さんやすごい収入を上げている大家さんなど成功している方の話しを聞くと心が動くときがあります。私の器ではないとは分かっています・・・そんな心に揺れているときにこのようなメールを頂くとほっぺたっをバシッとはたかれてきずかされたような気がします・・・・
 やはり私の道は世話焼きおばさんが一番楽しいことに気付かせていただき 感謝感謝

投稿者 yuriko : 15:55 | コメント (0)

2008年11月25日

うれしいことがありました・・・

 今日、夕方一本の電話が(携帯)がありました。電話に出ると「大家さん、俺だよ俺・・・」一瞬俺俺詐欺かと思いましたが聞いたことのある声でしたので「○○君。」と聞きましたら「そうーだよ○○だよ。」との返事でした。まるっきり俺俺詐欺のパターンですよね・・・
 「大家さん、今日か明後日には少しお金を入れられると思うから。」と電話の向こうからの言葉です・・・
嬉しいですね・・・入金してくれるのは嬉しいですがそれよりも忘れずに電話をくれたことです・・・
この○○君は10/2のブログに書いた入居者さんです・・浜松から8時間架けてきて部屋を明渡に軽自動車で来てくれた方です。そのときの約束では毎月1万円は入れてくださる約束でしたが後日1回私が○○君はどうしているのか心配で電話を架けましたら今はアルバイトをしながら仕事を探している所だといっていました。少し生活が落ち着いたら少しでも入れるからといっていましたので「返済は生活が落ち着いてからでいいから早く正社員の仕事を見つけて最初はお給料が派遣より安くても安定したとこを見つけナ。」と言って電話を切ってから1ヶ月くらいたっていました・・・突然の電話でした・・・嬉しかったですね・・・忘れずにいて電話をくれたことが・・・そして少し元気そうな声をしていたことが・・・少しずつ前向きに進んでいることが・・・自分の息子のように思いってしまい・・・・可愛いです・・・いとおしいです・・・
 早く自分にあった仕事(職業)につけますように埼玉から浜松に向かって祈っています。

投稿者 yuriko : 22:34 | コメント (0)

2008年11月10日

風邪をひきかけているようです・・・

 何日か前から寒気がすると思っていて主人が葛根湯を飲んでいたので(主人も風邪義気なのです)私にも頂戴といい、もらって飲んでいましたが今日朝は娘に背中にホカロンを張ってもらい何とか動いています。午前中は事務仕事、午後は銀行にいって話をいろいろとしてきました。(借りる話しではなく、今借りているものをなるべく返していく話しです)今は状況が(市況)良くない上に来年もあまりよくないように感じますので借り入れはなるべく少なくすることにしました・・・・
 夕方は家族みんな疲れが出て早く終わりにして(それでも21時です)家に帰り寝ることにしました。
今日は早く寝ます・・・明日はもしかしたら風邪でお医者さんに行くようになるかも・・・・・
 今日の午後の銀行でとなりで相談をしている話が聞くとはなしに壁越しに聞こえてきました。職人さんらしい方でこの1ヶ月、仕事はろくに無く来月はゼロになるかもしれないと言う声が聞こえてきました・・・不景気だとはテレビや新聞では良く聞きますが銀行の融資の相談で現実の話を聞くとは現実以上に厳しいのですね・・・銀行の融資課には申込者でいっぱいでした・・・現実は相当厳しいです・・・肌で感じて銀行を帰ってきました。

投稿者 yuriko : 20:57 | コメント (2)

2008年11月07日

今日はポカポカして・・・

 ここ何日かは(10/31四国へいき11/1は徳島で講演、11/2は高知で講演、11/3は富山の朝日不動産で講演をして富山に泊り、11/4に羽生に帰ってきて11/5は調布で講演)講演に行ったりして忙しくホテルでの泊りのためノドがいたく風邪気味です。
11/5は調布へ船井コンサルの紹介で「JAマインズ法人会」での講演でした。今日はTBSテレビの撮影が入っています。(調布の講演でもTBSテレビが入りました)
11/15は高松で11/16は松山で四国電力の主催で講演をしますのでお近くの方はお出かけください。
 今日は良い天気でしたのでお店の前のお花を夏用から冬用に植え替えました。(サルビヤからパンジーとチュウリップの球根です)春が楽しみです・・・・お花の植え替えだけで一日が終わりましたので明日は一日事務仕事をやらないと机の上がいっぱいです。
 たまーには土に触ってノンビリするのもいいですね・・・今日は早めに寝てしまいます・・・仕事は明日にまわして・・・・(今は21:15です・・・)

投稿者 yuriko : 20:44 | コメント (1)

2008年11月05日

大家さんとは何ですか・・・

 10/31~11/5まで四国と富山に講演に行ってきました、(5泊6日)毎日、泊るホテルが違います、枕が違っただけでも寝ずらいのに毎日寝る場所が違うことがこんなにも心にも体にも負担がかかるとは頭では分かっていても現実となると・・・意外と大変でした・・・・久ぶりに我が家のお布団で寝ました・・・・自分の安心できるところで手や足をのびのびと伸ばして寝られることの小さな幸せ・・・こんな当たり前のことが(ホテルも安心なところですがやはり自分のテリトリーではありませんね・・・)たった6日間のホテル暮らし、しかも1日1日が違うホテルに泊まる・・・泊って見て今の仕事(大家業)がいかに大事な仕事なのか夜、手足をノビノビと伸ばして寝られることが明日への力になる・・・・寝不足になったときは次の日は力が入りませんよね・・・そんな大事なお仕事をさせていただける・・・そして少しの世話焼きをプラスすれば入居者さんに喜んでいただける・・・・
 講演でいつもお話することですが「何のために大家さんをやるのですか・・・」と聞きますとほとんどの方が、とくに男性の方方は「家賃が入ってきて良いから・・」「相続を考えて・・」「空いている土地があるから・・・」・・・etc
 そんな声を聞いているとつい言ってしまいます「そうじゃないでしょ・・・家族の幸せのためでしょう・・・」と・・・私は難しいことは分かりませんし、人間が小さいものですから大きなことは言えず、自分の身の回りのことしか出来ませんが一番大切な家族を大切に出来なければ入居者さんも大切には出来ないのでは・・・?自分の家族が大切と思えば借りていただいているお部屋の一室一室にはその大切な家族が暮らしている・・・自分が大切にしている家族が暮らしていると思えば自然と声をかけますね(声が出てきますね・・)おはようございます・・こんにちは・・「おかえり、どうしたの・・くたびれた顔をしているよ、早く寝たほうがいいよ。」・・・etc・・・そんな何気ない一言が入居者とのコミュニケーションとなり、アパマンが良いサイクルでまわり出します・・・
 そして私の心の師匠の野口先生の言葉「鈴木さんたらいの水ですよ・・自分の方へ自分の方へと水をかけば脇から逃げていく、相手へどうぞどうぞと水をかけば跳ね返って戻ってきます。
 最近やっとこの言葉の意味が少しわかりかけてきました・・・
このことは又あとでかかせてもらいます・・・・自宅はいいですね・・・手足をノビノビと伸ばせて安心して寝られる幸せを少しですが教えていただいた5泊6日でした。
 
 

投稿者 yuriko : 08:52 | コメント (1)

2008年10月28日

あまりに突然です・・・

 今日はテレビの取材が入っていて私の行くところカメラが付いて回っています。知り合いの不動産業者さんのところでお話をしているときに羽生のお店から電話が入りました。私・・・「もしもし、なあに。」
娘・・・「お母さん・・大家さんの○○さんが10月○○日に亡くなったそうです・・・」私・・「えっ、うそでしょー。」絶句です。
 9月頃に入院したとご主人から電話があり、この間まで元気でいましたので夏の疲れでも出たのかとそんなに心配してませんでした(心のどこかではおかしいナーとホンの少し思ったのかも知れません)
 そして今日の電話です・・・入院しましたと電話が来てまだ2ヶ月たったかたたないくらいです、お年は59歳でまだまだの年齢です。色々のお稽古事を公民館や公的な所に行って市民の方たちに教えていた方です。でも救いはお子さん達がみんな独り立ちしていることです。ご主人も何でもできる方のようであまり心配は無いように思います。ちゃんとご主人や子供さん達も一人立ちできているように奥様が躾をしていきましたのでそのてんは安心のように思います。
 いつもおうちにいる奥様も毎年人間ドックにできれば言ったほうが良いですね・・・
人間何時何が起きるか分からない・・・生きている限りそのときは必ず訪れます。明日か10年後か30年後か・・・・分かりませんが必ずきます・・・そのとき慌てないようにありふれた言葉ですが毎日毎日を大切に過ごさねばもったいないですね・・・そう思うと一日がいとおしく感じて・・・そのいとおしさをアパマンの入居者様に置き換えると理想的な関係ができると思っています。
 人生に明日が必ずあるとは言い切れません・・しかし今人生を送っている私たちは明日があるのが当たり前のように過ごしています・・・
 身近な人にこのようなことが起きてはじめて自分に置き換えられるわが身の未熟さ・・・・を教えていただきました○○さんに感謝とご冥福をお祈りしましてありがとうございました。・・・合掌

投稿者 yuriko : 17:30 | コメント (1)

2008年10月26日

若い人にもしっかりしている・・・

 今日は久ぶりに事務所で書類の整理をしていました。先日、羽生のお店に若い女性がお部屋を探しに来店しました。お話をいろいろ聞いてみますと短大から四年生の大学に編入するためには(今は自宅から一時間半かけて通っています)自宅からでは勉強時間が少なくなってしまうためアパートを借りて通学時間を勉強に当てたいため親御さんを説得してヤット許可が出たのだそうです・・・。
 部屋代は3万円台ならご両親がOKとのことで私どものアパートにご縁があり入居していただくことになりました。
昨日からご両親と娘さんがいしょにいらしてお部屋の必要なものを買いそろえて今日、帰りました。
 この若い娘さんといろいろなことを話していると(考えがしっかりしていて目先のことだけでなく自分はこうなりたいこうしたい、それには今何をやるべきかが分かっている娘さんです)同じ年頃なのに電車の中でお化粧をしている娘さんとどこが違うのかと少し考えていましたが、ご両親にお会いして納得です。
 自分の家のことは分かりませんが他人(ご近所など)の家のことは案外分かっていてあの親の子供だなーと思うことは良くありますね・・・「親を見れば子がわかる、子を見れば親がわかる」とはよく言ったものです・・私の家でも娘は時々私と同じことを言ったり、したりしていてハットさせられ、自分を見ているようなときがあり恥ずかしくなり反省するときが多々あります・・・
 生まれたときから親をお手本に色々なことを覚えてきたのですから(行動も考え方や心のあり方など)親に似て当たり前ですね・・・口先だけで良いことを言っても子供はしっかり見ていて親の真似をしてお手本にして人生を送っていくということを考えると親業は一番難しい仕事ですね・・・親には簡単になれますが親業をするということは大家業より(他の仕事もです)も大変な家業ですね、でも楽しみもいっぱいあります・・・
 今日はまだまだ日本も捨てたものではないと思った一日です。
 

投稿者 yuriko : 22:08 | コメント (0)

2008年10月22日

勉強もお金がないとダメですか・・・・

 勉強したくてもお金がないとダメですか・・・・日本国総理大臣殿。
前にもブログにも書きましたたが私のアパマンに入っている入居者の方の中にピィリピンから日本に来て働いている家族がいます。日系二世で永住許可はお父さん以外(お母さんと子供2人)は取れました。なぜお父さんは取れなかったかと言うと(お母さんの話しですが)どうしてもその日は仕事を休めなくなり仕事を優先させてしまい(家族を食べさせるため)なかなかいけないといっていました。
 そんなことをしているうちに病気になってしまいお母さんが働いて何とかここまでやってきましたがお兄ちゃんが進学したいと(今は高校3年生)言うことで相談に乗っていました。進学資金(入学金や本、アパマン費その他)150万円がどうしても用意できなく国民金融公庫や銀行にいったそうですがなかなか貸してもらえないのでお兄ちゃんは進学を諦めなくてはならなくなりそうです・・・
 銀行も外国の方で父親も病気をしていてやっと働けるようになったばかり、生活のために母親が一生懸命働いても貯蓄するほどの収入にはなりません・・・まして子供のまとまった進学資金を用意するなど厳しすぎます・・・
 昨日は東京駅の近くの八重洲で勉強会があり午後から出かけました(私の心の師でもあります野口先生もいらしていました)帰りは懇親会のため近くの居酒屋によりまして帰りに先輩の業者さんが(今年の春頃コンサルのため相談に行きました、そのとき一緒に相談に乗っていただいた方のことです)「春に相談に来たときに一緒に相談した人がいた○さんが(40歳前の方でした)10日ぐらい前に自殺した、ビックリして何がなんだか今のところびっくりしていて気持ちが動揺している所だよ・・・」と聞きまして「エーッ。」いったきり次の言葉が出ませんでした。後に残った奥様一人では大変ですね、子供さんもまだ中学生、高校生位だと思います?これから進学などはどうなるのかやはりこれから子供達にお金のかかるときです、大丈夫なのかと心配になります・・・・
 今の日本ではお金がないと勉強したくても出来ない・・・有能な若い人が生まれた所や親などのアクシデントで勉強したくても出来なくなっています・・・無駄な所に税金を使わないでこんな所に使ってもらえたらとつくづく思います・・・
 

投稿者 yuriko : 07:11 | コメント (0)

2008年10月11日

今は金融危機は大家業にも・・・・

 今、アメリカ初め日本もみならず世界にサブプライムローンから端を発した金融危機がものすごい勢いで世界を駆け巡っています。
 今年の初め頃までは何とか良かったのがここに来てあれよあれよと言う間に株式も9千円を割れ、8千2百円台に・・・暴落ですね。
 大家さんにもじわじわどころかすごい勢いで空室が増えているように感じます。派遣会社や会社の寮として借りていたところが解約してきています。それと会社が倒産しての解約などが増えているように感じます。埼玉県の東部や北部などは場所にもよるのでしょうが家賃、特にワンルームの値崩れがひどいように感じますね。新築の家賃もここ羽生近辺を見ていますと思ったている以上に安く家賃設定がされているように感じます、この新築のアパマンと築年数が古いアパマンは戦っていかなければなりませんので今以上に考えていかなければなりません・・・(皆さんの所はいかがですか・・・)
 大家業も証券会社やスーパーと同じでこれからは倒産もあるようになりますね・・・今現在もありますが・・・

投稿者 yuriko : 21:27 | コメント (0)

2008年10月09日

今日、女性セブンに私の記事が出ています。

 今日発売の女性セブンに私の記事が載っていますのでよんでみてください。
私の今までのことが(子供の時は群馬県北部の田舎で子供の頃は過ごしていましたことや今までのことなどを話させていただきました。
 女性セブンからの取材は今回で4回目です。おばちゃんの話が面白いらしく結構、人気があるらしいです・・・お買い求めの上、読んでみてください。フツーのおばちゃんの家族がおばちゃんに振り回されていて困っている話しです。女性セブンさんが取材にくる前の日に娘と喧嘩になり辞表(辞表を出されたのは何回目かなー何回か忘れました。)私に出して突っ返されたばかりで娘はチョウーきげんの悪いときでしたので取材の記者さんは大変だったと思います。(喧嘩をしても親子ですので時間が立てばもとに戻りますが他人ではこうはいきませんね。娘に感謝感謝です。)スズヨシ(会社)には私がいなくても何とかやっていけますが(私はパソコンは出来ないし、計算は苦手ですし、得意なことはおばちゃん流井戸端会議です)娘は会社の経理から契約、など事務すべてを引き受けてくれています。主人はリホーム担当で忙しくしていますのでなくてはならない2人です。主人のいつも口癖は「定年になったら悠々自適の人生のわけが、お前がこんなことを始めたから・・・何時になったら楽ができるやら・・・・」とこぼしています。でも元気で家族みんなが働けることが幸せですができれば年に何回かは主人と温泉に行ってノンビリしたいですね・・・私のささやかな希望です・・・
 今月は(10/17)インテックス大阪で(16:00~16:50)お話をさせていただきます。題は「地方でもできる年間1億円の家賃収入を得るための賃貸経営術」ですので皆様ぜひお出かけください・・・そして講演が終わりましたら声をかけてください・・・皆様にお会いできることを楽しみにしていまーす・・・
11月には四国四県に行きます。11/1は徳島。11/2は高知。11/15にちは高松。11/16は松山です。近くになりましたら又ブログにかきますのでお出かけください。

投稿者 yuriko : 17:21 | コメント (0)

2008年10月06日

大家さんはいつも心配が・・・

 10/3、10/4と広島に中国電力に講演に行ってきました。講演の前の時間にある大家さんからの相談がありました。相談内容はお部屋はほとんどいっぱいで、家賃も1000万円ちかくの収入があるとのことで管理をしている不動産会社も一生懸命してもらっているとのこと、でも先を考えると不安になるとのこと、「何が心配なのですか・・?」と聞くと「人口がこれからは減っていくし家賃も下がっていくだろう、空室も増えていくそんなことを考えると賃貸はやめようと思っている。」とのことこの方のお話を聞いていますと悩みが今のところは無いのに一人で先の悪いことを考えて悩んでいるのです。
 私のこの方へのアドバイスは「パートナーを見つけなさい。そのパートナーに何でも相談して話しをすること、アドバイスをもらうこと、パートナーを選ぶときは自分と同じ考え同じ波長の方で相性の合う方を選びましょうと伝えました。
 大家さんとはトラブル産業です、トラブルや困ったことが起きたときに一人では滅入ってしまいます、そんな時よきパートナーがいれば心強いですね。
 人生でも同じことが言えます、よきパートナーがいますと人生が楽しく又、苦しいときも悩んでいるときもパートナーの力を借りてよりよき人生をおくれますね・・・・

投稿者 yuriko : 21:44 | コメント (2)

2008年09月17日

我も行く道・・・

 先日、浜松に行った帰りに主人の実家のお墓参りに行ってきました。
実家のお姉さんが車で駅まで迎えに来てくださり、お寺につき、久ぶりに亡きお姑さん(主人の母)にあってきました。お墓の前で手を合せると亡き母との思い出がよみがえってきます・・・・(とてもやさしい母でした)お墓参りが終わったので、今度はお舅(主人の父91歳)さんに合いに行くことにしました。
 お舅さんは少しからだが弱ってきまして入院をしています。お部屋から車椅子で外に散歩に出かけて車椅子を押していますと主人と結婚した頃を思い出し、今の車椅子の父と25年前の父の姿を比べてしまい、あと何年か後のわが身だと思いなんかしんみりしてしまいました。(私もいつか必ず行く道ですね)散歩も終わりお部屋に帰って父に「又来るね・・・」といいながら手をさすって(冷たいてをしていました)いますとすごくさびしそうな顔をしました・・・元気なときはニコニコして「又、おいで」と言ってくれました。主人の両親の人生を後ろから見させてもらっていますと私の手本になります。
 体が動くときは一生懸命働き、子供を立派に育て上げ(私の主人です)出来の悪い嫁(私のことです)には本当によくしてくれました、特に亡くなりました母には主人と喧嘩すると私は私の実家ではなく主人の実家(主人の母)に電話して「お母さん、聞いてよ」といって良く泣き言を言いました、私の言いたいことを一通り聞いてから最後に「ゆり子ゴメンね、今度、バカ息子によく言っておくから今日は我慢してね。」とよく慰めてもらい愚痴も聞いてもらい可愛がってもらいました。そんな父と母(母は亡くなっています)もよる年波には勝てずだんだん子供に帰っていくのですね・・・私の30年後(それまで生きていられたらです。)
 帰りの電車の中、心が切なく、いつも元気だけが取り柄の私が少ししんみりしました。

投稿者 yuriko : 20:01 | コメント (1)

2008年09月11日

不動産会社をおとづれるということは・・・

 羽生駅の前で不動産業のお店を開かせて頂いています。おかげさまで羽生駅の前という事もあり、皆様にご来店頂いています。お客様が不動産会社に足を運ぶということはその方の人生の節目にあたるということです。その大事な人生の節目に人生をおくる大事な場所であるお部屋(お家)をお世話させていただけるこの仕事を本当に誇りを持ってありがたいと感謝しています。
お客様にもいろいろな思いがあり、お店に来店いただきます。転勤、進学、結婚、独立、そして最近多くなったことが離婚のためと言うのが増えましたね・・・それと借金のためという事も増えています。
 どんな理由で合ってもお客様にとっては人生の中の一大事だということには変わりがありません。
大家業にもいえます、アパマンに入居することでも退室することでも人生の一大事であり節目です、入居者さんが人生を送っる、安心して一番無防備なときを過ごす所 「眠る」 という場であるお部屋を提供しているということです。
 生きていくためになくてはならない三要素 「衣、食、住」 ・・・
○  「衣」・・・日本では贅沢さえいわなければ衣に困ることはほとんどなくなりましたね・・・
○  「食」・・・これも何とか食べていけますね・・・(ファミレスやコンビニのゴミ箱を見たことがあります
         か・・・
○  「住」・・・衣食住の中、今の日本で一番大変なのが「住」だと思います。

 それだけでしょうか・・・鈴木ゆり子流に言えば・・衣、食、住、のなかの「衣と食」と「住」の違いはどこにあるのでしょうか・・・
 衣と食は目がさめていているときに自分の判断で選びます。でも「住」は明日への英気を養う所ですが人間が一番無防備になる眠る所、つまり一番自分が無防備なとき、自分を守るための「城」です。その大事な「住」を提供しているのは大家さんです・・・その人に一番ピッタリな「住」を紹介する大事な仕事をしているのが不動産業です。
 そんなことを考えながら今日もアパマンの掃除をしてきました。
(衣、食、住、のお話しは鈴木ゆり子が講演などでよくお話しさせて頂いていることを書かせてもらいました。)
 
 

投稿者 yuriko : 22:33 | コメント (0)

2008年09月06日

野口レポート

 私の心の師、野口先生の「野口レポート」を書かせてもらいます。
私のブログに時々名前の出る野口賢治先生の所に相続の勉強に通わせて頂いています。かよい初めて2年位になりますが先生のお顔を見てお話しを聞いて家に帰ってきます間は穏やかな慈愛の心で居られる時間が少しづつ長くなるのがわかります(長くなるといっても我が家にたどり着く前に何時もの欲深で自分勝手な私に戻っていてなかなかおとうさんにやさしい言葉、感謝の言葉がいえないのです。
 おとうさんにやさしい言葉、感謝の言葉がいえるようになるにはあと10年ぐらい野口セミナーに通わないとダメそうです・・・?お父ちゃん。・・ゴメンね・

                    一流と二流の違い            (野口レポート)
 乳幼児は、肌身を離さない。幼児期は、手を離さない。思春期は、目を離さない。成人期は、心を離さない。子育てのポイントです。背中を見せながら、丁寧に(過保護とは違う)育てた子供は、20年30年後には親の宝物になります。自分の子供も丁寧に育てることが出来ます。
平成元年に建築した賃貸アパートの下水マンホールが陥没しました。フタを開けてみると、手抜き工事です。切断した旧配管を塞いでいなかったのです。長年にわたり、土砂が少しずつマンホールに流れ込み、陥没してしまったのです。配管を塞ぐ作業など、面倒でもそのときやってしまえば、わけのないことです。ほんのチョッとした手抜き作業が、後々お客様に大きな損害を与えてしまいます。
 大手に依頼をしても、実際に仕事をするのはほとんどが下請け会社か孫受け会社です。建築会社、ハウスメーカー、デペロッパーなどの、一流と二流の違いは規模やブランドではなく親亀小亀の資質です。見えないところを、手を抜かないで丁寧にできるのが本当の一流です。分からなければ、儲かりさえすればいいだろう、これではいけません。お天道様はすべてお見通し、手抜きは必ず元に還ってきます。因果応報、その会社はいずれ朽ち果てるでしょう。
 相続対策や資産活用の、コンサル会社、会計事務所、信託銀行などにも同じことが言えます。大きいから、有名だから、一流とは限りません。一流に見えても二流もいます。二流でもお客のことを心から考え、丁寧に良い仕事のできる一流もいます。
 履物をそろえる、使ったものはすぐ元に戻す、日々の整理整頓などは、身近にある面倒なことです。面倒なことは、つい手を抜きたくなるのが人情です。だが、面倒なことって、数秒あれば足りることばかりです。他の人より、他の会社より、ほんの少しの気配りや行動が大きな差になります。
 飛び込みの出来ない相続ビジネスは、クチコミや紹介で繋がることが多い仕事です。紹介いただくことは、紹介者が野口さんなら大丈夫とハンコを押してくれる事だと思っています。
 どんな小さな仕事でも、手を抜かず全力を尽くします。お客様に喜んでいただけることが、紹介してくださった方への一番の恩返しになると思うからです。
 また、士業などの専門家にお客様を紹介するときは、内容とご本人を吟味いたします。なぜなら専門家は私を信頼して引き受けてくれるのですから、今度は私がハンコを押した事になります。
 お客様と専門家の間ニ入り、双方の不足分を補いながら、仕事が円滑に進行するよう、お手伝いするのがコーディネーターです。
 相続ビジネスは、うまくいって当たり前、言い訳の出来ない辛い世界です。そして、人と人との信頼関係で成り立つヒューマンビジネスです。相続に特化した下町の不動産屋、規模は三流の超零細企業、社長も正直に生きるしか取り柄のない男、だが志と資質だけは一流に負けぬようがんばっています。

          鈴木ゆり子の一言
 子供を育てるのも仕事もつながっているのですね・・・
 わたしのところも超零細企業ですが野口先生の教えのとうり、志と資質だけは一流に負けぬようにがんばっていきます。

投稿者 yuriko : 22:29 | コメント (0)

2008年08月31日

男と女について・・・

 私は大家をしていまして今までいろいろな男と女の人とお話しをさせてもらいました。もちろん私も女の仲間に(主人にオンナでなくヘンナの方にに近づいてきているといわれます・・・)入っているつもりです。いろいろな男女を見てきて感じたことを今日は独り言として書かしてもらいます(もちろん鈴木ゆり子の独断と偏見でのことです)
 入居者さんには男も女も居ます。もちろんご家族の方、独身の方そして独身でもバツイチのかたもいます。特にバツイチの方の男と女の人で男の方は入居してきましてしばらくは元気に過ごしています(金銭的にはどちらかと言うと女性の方より余裕がありますので)が一年も経ってきますと元気が無くなり生活も乱れてくる方が多いいように感じます。それに引き換え女性は最初は特に子供さんと一緒の方などは金銭面では多少(多少どころかおおいにです)苦しくても職場や金銭的に何とかなると元気になってハツラツとなります、それに今は生活保護もありますので贅沢は出来なくても子供達と安定した暮らしができますので間違いなく元気にハツラツになります。
 こんな男と女をまじかでしかも多くの方に接しさせてもらっていますと女性パワー(ウーマンパワー)はすごいナーと思います。但し忘れないでください・・・・ウーマンパワーを発揮できるのは”世の中が平和だから”と言う前提があります。「日本が平和」だということです。そして「生活環境に恵まれている」と言うことです。あと教育です・・・国が戦争していたり、国土が砂漠や生活環境が非常に厳しい所では男性の力が無くては生活がおぼつきません・・・日本も戦争のときはどうでしたでしょうか・・・?教育が男性中心の時代は・・・?生活環境の厳しかった時代は・・・?まだまだいろいろな条件があるでしょうが今、私を初め女性がこうして好きなことをやらせていただけるということは平和でなければ続きません・・・
 平和な世の中に感謝感謝、そして平和が長く続くようにいつもいろいろなことに気配りをしていきたいものですね・・・・

投稿者 yuriko : 22:41 | コメント (0)

2008年08月26日

お店の庭に野菜を植えています。

 羽生駅前の裏の駐車場は砂利を要れて車をとめていますが何か植えられるものはないかと考えて娘に相談しましたら(この春先のことです)「石だらけで何を植えようと言うのよ。」といわれましたが考えてゴウヤとオクラとモロヘイヤを植えました。砂利ばかりですが敷地の端は車が載りませんので砂利がやわらかくシャベルで石を少しどかして種をまいておきましたら芽がでてきました、生命は驚くほどたくましいですね・・・
 ゴウヤは100円ショップで2袋100円の種を買ってきて種を(1袋に五粒の種が入っていました)まきましたら十粒のうち六粒、芽が出ましたので今はゴウヤが取れすぎてます・・・
 オクラはやはり100円ショップで買ってきましたがこれも芽がいっぱい発芽して今は毎朝取り立てを食べているのですが沢山取れるので今年はオクラをいやと言うほど食べています・・・
 モロヘイヤは近所のホームセンターで苗を買ってきて3本植えてありますので味噌汁などに使っています・・・
 そこの跡地に夏が終わった秋には何の種をまこうかと今から考え中です・・・たとえ少しの場所でも今朝は何が取れるのか毎朝お店に行くのが楽しみです。春先何を蒔こうかと相談したときは「何バカなことを・・・」と言っていた娘も今は「ゴウヤが取れすぎだから来年は違うものも植えてね。」と注文がありましたので秋のこともありますが来年の春のことも考えていると楽しいですね・・・
 私は今スズヨシの社長をしていますが草取りや野菜を作っているほうが社長業をやっているよりあっているようです、事務所に一日いると気がイライラしてきますしパソコンに向かっていますと目がショボショボしてきて精神的によくありませんねーーーー掃除のおばちゃんが一番あっていますねーーーーー

投稿者 yuriko : 16:24 | コメント (0)

2008年07月28日

母は子供のためには強くなれますね・・・

 昨日は朝7:30に家を出発してAM9:00にアパマンの入居案内をしまして午前中はそのアパマンの除草作業をしました。お昼には書類を届けるため終わりにしたためゴミ拾いまでは出来ませんでした。
また今度来たときにします。同じ町内の方に書類を届けてお昼にしました。営業のため2件の不動産屋に挨拶に行きました。そこに午前中にお部屋の案内をした方から電話があり、今一度、お部屋の中を見せてくださいとのことアパマンにすぐもどり、お部屋の鍵を開けて今一度みていただきましたところ気に入っていただき入居にとなりました。今は夏休みのためお友達の子供さん(小学生の低学年)も一緒にお部屋の内見についてきて(4人)お部屋の中で運動会が始まりましたのでママさんが(フュリピンのかたです)息子さんに 「うるさいとパパの所にやるよ。} と叱りましたらすぐ静かになったのです。9:00にご案内したときも同じ言葉を聞きましたのでママさんに「どうしたの。」聞きましたらママさんは「子供は(名前をタケシと言いまして私の息子と同じな名前です)いつもパパにぶたれていたのでパパが大嫌いなんです。だから悪いことをして聞かないときはパパの所に連れて行くよと言うとすぐ止めるのよ。」といっていましたので(パパとママは離婚して親権はママさんです)私はそれを聞いて
 「ママさんそれは違うよ・・・どんなに嫌いなパパでも子供にすればたった一人のパパさんよ・・・悪口を言ってはダメ、パパの悪口を言わなくても子供はちゃんと見てるから・・・子供が大きくなればちゃんとママのことわかってくれるからママの味方になるから・・・言っても聞かないときはギューッと抱きしめてママ、悲しいよ、泣いちゃうよといってみて・・・それにパパは手で子供をぶつけどママは”パパの所に連れて行くよといって心を手でつかんでぶっているのよ”その言葉は言ってはだめ、絶対ダメ。」といってしまいました。 初めてあったばかりのママさんにきついことを言ってしまいました・・・・
 だめですねー・・・・・つい本気になってしまって熱くなってしまって・・・タケシくんの気持ちを思うとついついお節介がでてしまいました・・・反省
 帰りは知り合いの方のお家に言って相談をうけて帰りは事務所に夜9:00頃になりました。
くたびれました==お布団でグットスリープでした。

投稿者 yuriko : 19:39 | コメント (4)

母は子供のためには強くなれますね・・・

 昨日は朝7:30に家を出発してAM9:00にアパマンの入居案内をしまして午前中はそのアパマンの除草作業をしました。お昼には書類を届けるため終わりにしたためゴミ拾いまでは出来ませんでした。
また今度来たときにします。同じ町内の方に書類を届けてお昼にしました。営業のため2件の不動産屋に挨拶に行きました。そこに午前中にお部屋の案内をした方から電話があり、今一度、お部屋の中を見せてくださいとのことアパマンにすぐもどり、お部屋の鍵を開けて今一度みていただきましたところ気に入っていただき入居にとなりました。今は夏休みのためお友達の子供さん(小学生の低学年)も一緒にお部屋の内見についてきて(4人)お部屋の中で運動会が始まりましたのでママさんが(フュリピンのかたです)息子さんに 「うるさいとパパの所にやるよ。} と叱りましたらすぐ静かになったのです。9:00にご案内したときも同じ言葉を聞きましたのでママさんに「どうしたの。」聞きましたらママさんは「子供は(名前をタケシと言いまして私の息子と同じな名前です)いつもパパにぶたれていたのでパパが大嫌いなんです。だから悪いことをして聞かないときはパパの所に連れて行くよと言うとすぐ止めるのよ。」といっていましたので(パパとママは離婚して親権はママさんです)私はそれを聞いて
 「ママさんそれは違うよ・・・どんなに嫌いなパパでも子供にすればたった一人のパパさんよ・・・悪口を言ってはダメ、パパの悪口を言わなくても子供はちゃんと見てるから・・・子供が大きくなればちゃんとママのことわかってくれるからママの味方になるから・・・言っても聞かないときはギューッと抱きしめてママ、悲しいよ、泣いちゃうよといってみて・・・それにパパは手で子供をぶつけどママは”パパの所に連れて行くよといって心を手でつかんでぶっているのよ”その言葉は言ってはだめ、絶対ダメ。」といってしまいました。 初めてあったばかりのママさんにきついことを言ってしまいました・・・・
 だめですねー・・・・・つい本気になってしまって熱くなってしまって・・・タケシくんの気持ちを思うとついついお節介がでてしまいました・・・反省
 帰りは知り合いの方のお家に言って相談をうけて帰りは事務所に夜9:00頃になりました。
くたびれました==お布団でグットスリープでした。

投稿者 yuriko : 19:39 | コメント (4)

2008年07月21日

私ってホント抜けてます・・・

 先日、朝6時おきしてセミナーに出かけるためシャワーを浴び、支度をして事務所によって出かける(一泊)為の仕事をしていました。着替えも用意してお金、カード、その他万全、サー出かけましょうと靴を履いて外に出たのですが「あれ、宿はどこかなー。」と思い出せないのでまた事務所に戻り、ネットを立ち上げてセミナーのところを見ましたら・・・・・ドット汗が出ました・・・なぜか・・・
 「今日ではなかったのです、来月の今日でした。」・・・・・ヨカッターーッ
宿はどこかと思わなかったら今ごろセミナー会場で??????どうなっていたか・・・・・
 今思ってもなんて私は馬鹿なのか・・・つくづく私ってアホーです・・・・
しばらくして主人が事務所にきました。 「アレッ、なんでいるんだ?セミナーはどうした・・・?。」
 来月の今日で今日ではないことを説明したら、一言 「前からどこかヌケてるヌケてると思っていたが・・・。」とあきれていました。しばらくして娘も出てきて同じことを言われました・・・・
 我ながら自分のあほさを再認識した出来事でした。
午後にはそんなことも忘れて 「ラッキー、これで2日間得した・・・。」 だってするべきことがなくなって2日間も予定が入っていない日がある・・・久ぶりに少しノンビリしましたし、机の上の書類も少し整理が出来て減りました。たまーにはこんなこともあって良いですよね・・・

投稿者 yuriko : 19:40 | コメント (0)

2008年07月05日

野口賢次先生は心の師の一人です。

 今日は私の心の師の一人であります野口賢次先生の野口レポートを書かせていただきます。

                  領収書の人生
 人間学を学ぶ月刊誌「致知」に掲載されているイエローハット鍵山秀三郎相談役の巻頭の言葉です。
  《”もっと、もっと、もっと”際限なく求めて欲しがって生きるのは「請求書の人生」であると、知人の有吉説志様から教えていただきました。有吉様は、幼い頃お祖母さんから、寺社にお参りしたときは「ありがとうございます」と請求書ではなしに領収書のお参りをしなさい、と教えられたそうです。
向上心や探究心は人の成長に欠かせない大切な条件ではありますが、度の過ぎた要求は人を卑しくし、ひいては国家の尊厳を傷つけることにも繋がります。有吉様のお話しを通じて、求めるばかりではなく、いま与えられているものごとに感謝の心を持つ「領収書の人生」を歩めと教えていただきました。攻略・・》
 有吉説志様のお名前はこれを拝読し初めて知りました。祖母さまの「領収書の人生を歩め」、すばらしい言葉ですね。
 普段は信仰心のない人でも思わず神仏にすがりたくなるときがあります。以前”苦しいときの神頼み”これは自分から逃げることだと気がつきました。それいらい神社仏閣でのお参りや、ご先祖様の墓参りでは一切願いごとはせず、今あることに感謝して「ありがとうございます。」と10回ほど唱えることにしています。
 押し花絵作家の庄村昌子さんの個展に行ったことがありました。
作品はルーブル美術館に展示されるほどすばらしいものです。庄村さん自身も実に謙虚で人間的に魅力を感じます。
 庄村さんは作品を作るとき「あなたを最高に輝かせるからね」と花に語りかけるそうです。出張の時など、「帰るときまで待っていてね」と声をかけます。すると花は開くのを待っていてくれるそうです。
 言葉には「言霊」があります。言葉を通し庄村さんの心が花に伝わります。押し花はまるで命があるように輝いています。
 言霊には「気」があります。相続の財産分けでもめると、激しい言葉が飛び交います。でてくる言葉は「悪気」を含んでいます。応接室にはこの気が充満します。悪気ばかりを吸っていたら、いくら仕事とはいえ身が持ちません。
 相続人が親に感謝し、互いに譲り合うすばらしい相続もあります。そんな場面に出会うと感動します。「お父様はすばらしい子育てをされたんですね」思わず口から出てしまいます。
 感謝の言葉や譲る言葉からは「良気」が出てきます。良い気をあびると溜まった悪気が一気に解毒されます。ハッピー相続があるから身が持つのかも知れません。
 「請求書の人生」を歩んできた人は、得てして相続争いを起こし、お金では買うことのできない大切な財産を失います。
 子や孫に「領収書の人生」を諭した、有吉様の祖母さまには誰にも勝る教育者だったのではないでしょうか。

 この野口レポートを読んだとき、まさしく自分に言っているのだとギクッとしました。なにもうたがわず神社仏閣にお参りするときには「家族が幸せになりますように・・・病気になりませんように・・・etc」とお願いしていました。「請求書の人生」から「領収書の人生」へ・・・変るように野口先生にならって「ありがとうございます」と10回これからは唱えます。
   「野口先生、ありがとうございました。」

投稿者 yuriko : 22:59 | コメント (1)

2008年06月22日

世の中少し変ってきていますか・・・・

 お店にご来店いただく方は理由はともあれお引越しをされる方がほとんどです。
そのお引越しの理由が最近、ご結婚や転勤もありますが離婚ということが多いように感じます。
 男性の方も女性の方もいらっしゃいますが離婚をすることが前提でいらっしゃる方を見ていますと男性より女性の方の方が一度決めるとさばさばして元気になりますね。それに女性は別れて元気になりますが往々にして男性はお年がいって離婚すると元気がなくなる方が多いですね・・・?(男性の方は特に奥様を大事にしてくださいね)
 この間、入居者さまの破産のお手伝いをさせていただいていますがその次の日にお部屋を探しにいらした奥様が離婚をするとのことで、その中での話しにだんな様が事業に失敗して破産とのこと、そのうえ奥様が連帯保証人になっているとので(金額は?千万円位)奥様は正社員で働いていますのでお給料の差し押さえがはいってしまいます。子供さん(高校生と中学生)2人を連れてでは生活が成り立たなくなります。、その他色々の問題があり、そんなこんなでまた少しおせっかいをさせていただきます。
 世の中明けない夜は無いといいますので生きていれば笑い話になる日がいつか来ます。
          《子供のためなら母は強し》です・・・・・。

投稿者 yuriko : 10:46 | コメント (0)

2008年06月15日

今、帰りました・・・

 今、羽生駅に着き、事務所に帰ってきました。
6/14(土)13:00から中浦和の埼玉りそな銀行の研修センターで埼玉りそな銀行の行員研修で2時間近くお話しをさせていただきました。講演が終わり電車で羽田空港に向かい、そこで主人と待ち合わせて徳島空港に19時過ぎに降り立ち徳島駅まで行き、徳島駅近くのホテルに一泊しました。
ホテルの近く(場所はわかりませんが)から阿波踊りのお囃子が聞こえていまして、ああ、徳島にきたんだなーという実感がわき阿波踊りもまじかなのかなと感じました。最近はお仕事で日本のあちらこちらに行かせて頂きますが特にどちらの駅前に着いてもほとんど日本全国といって良いほど同じようにコンクリートの塊でできた建物が多く個性が無く、東京なのか福岡なのか札幌なのか、違いは建物の高さと数の多さぐらいであまり違わないように感じますね・・・・(京都、奈良のように違いがあるところもありますが)徳島には知り合いのかたに合いにいきました。
 6/13の夜に入居者さんがお店に訪ねてきました、まだ若い女性の方です・・・何日か前に電話がありまして勤めている会社に給与の差し押さえの通知が裁判所からきたのでどうしたらよいかとのこと、この方は前はキチンキチント家賃を振り込んで頂いていたのですが一年ぐらい前から遅れ始めたのでおかしいなと思い何ヶ月も前から訪ねていって「何か、変ったことがあったら言ってね。相談してね。」と声をかけていた方でした。お一人で暮らしているせいか他人になかなか弱みを見せない方のようでしたが話しを聞いていますとやはり女性ですね、一人でがんばっているのですね。切なさが伝わってきます、男性と同じようにがんばっても、長く勤めても、思うようにいかないのです・・・・
相談事があるということですので21時ごろまで待っていました。相談事はやはり多額の借金でした。営業の方から使いもしない?頭を活性化するというものや絵画などを買ってしまったとのこと・・・
 電話で聞いていた金額より直接会って聞き出していったら金額が多くなってきましたので支払いを続けることは無理のようにかんじます(独断と偏見とゆり子おばちゃんの感です)
 また少しの間、世話焼きをします。早くこの方が安心して仕事や生活を送れるように・・・・・前のようにキチンキチントお家賃が入金できるような生活にもどるようになるまで・・・・
 お家賃が遅れ始める入居者さまは必ず何かあります。そのことに早く気づいてあげて声がけをすることです、中にはこの方のようになかなか心を開いてくれる人ばかりではありませんがでも最後には相談にきてもらえます。そうすることにより事故や(最悪の事態)トラブルを防ぐことができます。そして一番大切な人と人のつながりができます、一人でないんだという事がわかってもらえます。
 私は世話焼きおばばをやらせていただくときかならずやらせていただく方に条件をだします。
それは「私にお礼は言わないでね。その代わり、何ヶ月、何年か何十年か経ってあなたに心のゆとりが出てきたそのときに回りに困っている人をみたらその方に今の私へのお礼をその方にしてあげてください。」とそしてこの方が立ち直り、時がたち、この方の回りで悩んでいる方がいたときに今の私みたいに世話焼きおばばをしてもらえたら、そんなことが《鎖輪》のようにつながっていったらうれしいなと・・・・・・・
 おもっています・・・・・

投稿者 yuriko : 22:57 | コメント (3)

2008年06月04日

久ぶりにノンビリでした・・・

 朝は晴れていましたが午前10時前には雨が降り出してきました。午前中はお客様がいらしてお昼までお話しをしていました。珍しく主人も息子も今日は一日、事務所での仕事でした。
 午後は雨が強く降っていてお客様もいらっしゃらなくご近所の方が訪ねてきたくらいで久ぶりにノンビリしていました(やることはいっぱいあるのです)。気持ちもノンビリしていると主人とも喧嘩をしなくても住むことが嬉しいですね・・・
 毎日の仕事もノンビリとできればいいのですが・・・今思うと専業主婦の時はあまり主人とは喧嘩もしなく仲の良いことが自慢でしたがいつのまにか口喧嘩が多くなるのは忙しすぎることが原因かと今日ノンビリしていて思いましたのでこれではいけないと思い、何とかせねば・・・・
 また、明日から忙しい毎日に戻るのでしょうか・・・主人とは喧嘩をしないように感謝していれば喧嘩にもならないのですが私の悪い気が起きてついつい喧嘩を吹っかけてしまうのです・・・・・・ 
   明日、朝、起きたら「お父さん、おはよう。」と大きな声でいいます、そしてニコッと笑います・・・

投稿者 yuriko : 00:05 | コメント (2)

2008年05月25日

インターネットから切符を手配しました。

 生まれてはじめての経験です。皆さんはナーンダそんなことと言われそうでが私にすればはらはらどきどきでした。6月に福岡の賃貸住宅フェアー(マリンメッセ福岡)の飛行機の切符と宿をインターネットから取りました。今までは子供達や主人にとってもらっていましたが何時もそんなこともできないのと言われながらもお願いをしてきましたが何とか自分でせねばとチャレンジでした。やってみればできるものですね。(それでも1時間近くかかりました)
 これからは家族に 「お願い」 をしなくても日本の中ならどうにかネットで購入できそうです。
ほんとにネットは便利ですね、わざわざお店に行かなくても買い物ができるとは・・・・?
 でもあまりに簡単で(覚えてしまうと)ありがたみがないような本当に買い物をしたのか・・・現実味がないような気がしてアナログ人間にはやはり人対人の対応がある買い物が良いですね。

投稿者 yuriko : 22:12 | コメント (2)

2008年05月17日

良い天気ですね・・・

 今日は新宿の船井コンサルタンツに講演のためAM9時ごろの電車に乗って出かけました。土曜日ですのでいま少しすいているかと思いましたら結構込んでいました。お年を召された方が背中にリュックを背負ったグループ方が多く感じました、そんな中を運良く私は座ることが出来ましたが(新幹線の2回の階段から落ちてまだ足を引きずっていますのでたっているのがつらいのです)若い方が7人がけの所に6人が座っていますのでおばちゃん丸出しで「すみません、詰めていただけますか?座らせてください。」と言い、つめてもらい座りました。若い方は意地悪でゆったり座っているのではなく知らないというか気にも止めないのですね。
向い側の席は6人でゆったり座っていました、その前には何人もの方が立っていますがお互いに少しずつ、詰めて座りましょうとは思わないのですね・・・・?お年寄りが(65歳以上の方?)少し離れた所にリュックを背負ってたっていましたができればその方が(お元気なのはよくわかりますが)6人の前にいって少し詰めていただけますかといっていただければ座っている方一人一人が気ずくようになるのではと思います。(昔、テレビで放映されていた青島幸雄の意地悪ばあさんになってもいいのでは?)
そんなことを考えながら久喜駅につきました。久喜駅から湘南新宿ラインで新宿に行きました。電車はすごく混んでいてグリー席を買ったのですがグリーン席もいっぱいでグリー車の中で立っていました。大宮で何とか座れましたが景気が悪くなるとか悪いとか言っていても回りを見渡しても嘘でしょうと思うほどですね。新宿駅について講演をして帰ってきました時計を見たらPM2時半でした。これから上里のアパートに掃除に行ってきます。

投稿者 yuriko : 14:43 | コメント (1)

2008年05月08日

ハッピーハッピーのおすそ分け・・・

 朝、お布団の中でウツラウツラしながら幸せだなーと思いながら寝ていました、足を長々と伸ばして寝られるだけでしかも暖かい所でそれだけでも幸せですねー・・・・
昨日の夜中に地震がありましたね。しかも2回も・・・2回目は大きかったですね、震源地は茨城沖とのことでした。家の犬の太郎が(オス2歳)ほえていました、やはり動物には人間では感じられない何かを感じるのでしょうか・・・それとも臆病なだけでないているのでしょうか・・・・
 そんなことをお布団の中で考えていますとみんながハッピーハッピーになれる方法は無いのかなーと思いながら無い頭でかんがえていました。私もハッピーあなたもハッピーになる方法、一人だけがハッピーになるのでは長続きしませんね・・・
 何時も思っていることは沢山のハッピーを皆さんにあげることは出来ませんが
   「ハッピーのおすそ分け。」  は出来ますね。少し余った分のハッピーのおすそ分けなら無理なくできますね・・・みんながハッピーのおすそわけをすれば巡りめぐって少しは世の中楽しくなるのかなーなんて考えていました。
 これからはハッピーハッピーのおすそ分けをしていきます、無理をしないで・・・・・少しづつ
 
 

投稿者 yuriko : 08:48 | コメント (0)

2008年05月07日

久しぶりにぐっすり寝ました。

 昨夜は夜10時前に寝ました。本当に久しぶりです、22時前に寝たのは風邪を引いたとき以来です。
朝は7:30頃目がさめました。シャワーを浴び、サー勉強をスルゾーとパソコンに向かいましたが今日もなんだかんだいいながら一日が終わってしまいました。明日こそはやらねば・・・・?
 あまりに外は気候がよくパソコンの前でうつらうつらしていましたら電話がなりました。(昼休みの時間です)入居者の方からでした。「玄関前に蜂の巣があったので丁度、ご主人が他のお部屋の修理に来ていましたのでとってもらいました。(蜂の巣は2~3センチぐらいだったとのことです)今、蜂が一匹飛んでいるのでどうしたら良いのですか。」ということですので、私が
 「アースジェットのような虫取りのスプレーでシューとしたら蜂はいなくなると思いますよ。」と伝えると蜂用の薬を買って持ってきてくれとのことそんなことは出来ないので「申し訳ありませんがそこまでは出来ませんので今度、草取りや掃除などにアパートに行ったときは気をつけて見ますので気をつけてください。」と伝えて納得してもらいました。今の入居者さんは何でも大家さんがやってくれると考えている人と何にも言ってくれない人との二つに極端に分かれているように感じます。特に若い人は家庭にいたときに親御さんが何でもやってあげていた親が多いのでしょうね・・・多いい様に感じます。
 今日のように蜂でしたらやむを得ないでしょうが(私ぐらいの田舎の人は団子ぐらいの大きさの蜂の巣でしたらほうきの先でつついて落としました。私だけですか・・・?)トイレがつまったらどうしたらつまりが直るのかさえ知らない人が多いですね。日本の先が思いやられます。勉強より大事なことだと思うのですが・・・負け惜しみですか、勉強が嫌いなわたしの・・・・

投稿者 yuriko : 23:01 | コメント (0)

2008年04月28日

又消えてしまいました・・・

 昨日は第3回鈴木ゆり子の大家塾を開催しました。14時から17時まで大家塾で18時頃から懇親会を初め21時ごろ解散になりました。その後22時ごろから24時まで2次会(お店でコヒー一杯です。)をマサさんと主人と私の3人でお話しをしました。マサさんは大家さん仲間では注目の方です、お会いしてお話しをした方はわかってもらえていると思いますが自分のノウハウを懇親会などで大家さん初めての方にもわかりやすく教えているのを聞いていまして感心しました。
 そんなこんなのことを24時過ぎにブログに書きました。サーこれで寝られると思い時計を見たら夜中の1時過ぎ、急いでブログの画面を落として家に帰りました。
 ところがです・・・・朝事務所にでてきてパソコンのスイッチを入れて画面が出たのでブログを見ましたら・・・・あれ・・・昨日の夜中(正確には本日の夜中の1時過ぎ)に書いたブログが・・・ブログが・・・消えている・・・ナンデ-・・私の夜中の努力が消えてしまったー・・・・・ガッカリ、ガッカリ・・・
 気を取り直して今書来ました。鉛筆でしたら消しゴムで消さない限り消えないのに、モノクロ人間にはパソコンは苦手です・・・
 今、ブログを書いていましたらご縁があって破産のお手伝いをしました家お母さんが来店しました。息子さんが大学を諦めて就職を選びました。息子さんが就職が決まり会社に通っているとのこと、会社は製薬会社でほとんどが大学卒業のところを学校の先生の推薦で高校卒業で入社できたと報告してくれました。嬉しいですね、みんなで力を合わせて苦難を乗り越えればあとはハッピーになるだけですね。
 昨日の大家塾の2部でお話しをしていただきました破産した方のお話しの一番最後の言葉に「いろいろありましたが今は幸せです。」の言葉にこの方も今はまだ道の途中ですが最後に「今は幸せです。」と言えるように力を合わせてがんばっていってください。及ばずながら私も側でお手伝いをさせていただきます。
 

投稿者 yuriko : 18:13 | コメント (1)

2008年04月22日

ホームページの担当者から・・・・・

 昨日、私のホームページの担当の方から資料が届きました(毎月1回届きます)。その中でヤフーの検索で大家塾では1番になっていますと教えてもらいました。鈴木ゆり子の大家塾のホームページを見ていただいているおかげですね。ありがとうございました、引き続き皆さんホームページにきてくださいね。
 4/21、4/22と岡山にセミナーに行ってきました。この間階段から(3段目)落ちてしまい、今は足を引きずってあるいています。バックを持って歩けないので主人に荷物を持ってもらい出かけました。
 岡山駅まで東京駅から3:30でついてしまい、本当に早いですね。新幹線はN700系をまじかに見てカモノハシそっくりです、関東ではスイカですが岡山ではイコカというカードでした。(つい噴出してしまうようなキャラクターでした。)このイコカはN700系のカモノハシのキャラクターだと思いますが・・・・?
 又スイカは東京のイメージでイコカは関西系のイメージで関東と関西がよくあらわされていますよ・・・
 今日は倉敷に行ってきました。倉敷の美観地区に行ってきました。私は足を引きずって御茶屋で休んでいましたが主人は喜んで見てあるっていたようです。お土産はキビ団子を買ってきました。
 やはり我が家が一番ですね。今日はゆっくり眠れそうです・・・・
 

投稿者 yuriko : 21:55 | コメント (1)

2008年04月16日

栗橋町役場に行ってきました。

 今日は暖かかったですね。私のお店の前の花壇はパンジーが花盛りでチューリップがいま少しで花が終わりになります。お隣のお家の方の玄関の前はお花畑になっています。春の真っ盛りですね。
 お昼過ぎに栗橋町役場に行ってきました。栗橋の戸建てをお世話させていただきましたのでその戸建ての重要事項説明書をつくるために役場に行ってきました。
 栗橋役場についてビックリしました。古いのです。古くてビックリしたのではなく、良い意味で職員のことは後回しにして税金を町民に使う、今お隣の久喜市、鷲宮、栗橋、菖蒲で合併があるようですので今作ってもということなのかはわかりませんが・・・。いくら補助があるといっても、多分、予算が無いのでしょうが町長さん、町議会の方たちは偉いと思いました。栗橋役場の水道課の方にお聞きしました。
 「すごいですね、立派な町長さんですね。新しい役場を作りたいでしょうに。」                 職員・・「予算も無いですし、また、予算がありましたら町民の方が先ですから、それからです、でも少し怖いですよ、中にいると。」と本音もチョコット出ていました。
 埼玉の北部にある上里町役場にたびたび行きますが立派過ぎるぐらいの建物です。以前上里町役場の職員の方にお聞きしました。
 私・・「少しどころかいっぱい過ぎるほど立派ですね、これって税金ですよね。」とその答えが、
 職員・・「いいえ、違います。国の補助がほとんどです。」 
 私・・「何を勘違いしているの・・国の補助も私達の税金なのよ。」 職員・・「・・・・。」 
 いま少し私達の支払った税金を大事に使っていただけたら喜んで税金を納めるようになると思うのですが・・・今は喜んでとはいえないような出来事が多すぎます・・・ね。
 

投稿者 yuriko : 22:39 | コメント (0)

2008年04月13日

猫のミュウ

 この間から我が家の一員になったオバアちゃん猫のミュウは我が家に来てからもうすぐ半月がたちます。前からいますオス猫(子猫)海(カイ)には負けるのです。海が外に出ているときか寝ているときにソーット裏の部屋から出てきて広い部屋でウロウロして歩き回ります。早くこの家になれて海とも仲良くなってくれないかと思っています。主人も「何で仲良く出来ないのかねーッ。」と二匹を見て言います。
 何日か前に建売をお世話させていただいた方も何年か前にお家を建てて(ご自分の退職金をみんなこの家のためにつかったそうです。)長男ご夫婦と一緒に住んだのですがお嫁さんとうまくいかず、又新しくお家を買うことになったのです。猫とは一緒には出来ませんが「何で、仲良く出来ないのかねーッ。」と主人は一言いっていました。
 最近はどこでの家庭でもお年寄りが小さくなっていて若い方が気ままにしていることが多いですね。
不動産を扱いますと人間界の色々を見させてもらいます。良いことも悪いことも・・・・でも人の世で起きたことは人の世で解決できないことはありませんし、この世の中でどうにかうまく収まるものです。そして時間が解決してくれます。(いくら時間をかけてもダメな時もありますが・・・)
 我が家の一員になったおばあちゃん猫のミュウもいま少しすれば収まる所に収まるでしょう。それまでは人間がミュウになるべく負担のかからないように・・・二匹が鉢合わせしないように・・・気を使ってやります。

投稿者 yuriko : 22:01 | コメント (1)

2008年04月11日

セミナーにいってきましたが・・・

 4/9~4/11まで浦安のブライトンホテルに浦田健先生のセミナーを受けてきました。50人弱の受講生がいました。何時もセミナーを受けに行くたびに思います。私は頭脳労働ではなく肉体労働派だと。机に向かって計算したり文章を書いたりするより外で草取りやお掃除をするのが大好きです。
 3日間、机に向かって勉強してきましたら頭の中がウニになってしまったように感じる、錆付いた機会が久しぶりに動いたため摩擦熱が出てギシギシ行っています。
 今夜は数字が夢の中で飛んでいると思います。
 帰りの電車の中で課題をどうクリアしたらよいのか頭がポーとなって私の心の中の声が・・・・
 ゆり子の正直な心・・・「何も50?才になってそんなことまでしなくてもいいんじゃない、掃除と草取りをしていれば、それで十分だから。何もいまさら・・・がんばらなくても。」
 ゆり子の少し良い子ちゃん・・・・「人間いくつになっても勉強でしょう。勉強できるだけ幸せだよ。やるだけやってみたら、あなたの取り柄ははじめての経験を楽しめることでしょう・・・ガンバレ・・・」
 くたびれてくると何時もこんな声が戦っている私の心の中です。今度はどちらが勝つのでしょうか・・・

投稿者 yuriko : 22:34 | コメント (1)

2008年04月03日

ミュンのお家に行ってきました。

 新しく家族になったおばあちゃん猫の名前がミュンと言うことがわかりました。今日、ミュンをあおぞら動物病院に健康診断に連れて行きました。血液検査、(猫エイズ、白血病その他)目が結膜炎になっていて目薬を出してもらいました。おなかに宿便がたまっているとのことでやわらかい水分のある餌(缶詰)か水をたくさん飲ませてくださいといわれいました。それでも便が出ないようなら浣腸になるそうです。一週間後に血液検査の結果がわかるのでそのとき三種混合の注射をする予定です。
 夜、ミュンの前の飼い主の奥さんに電話をしましてお話しをしましたら名前がミウでなくミュンとわかりました。携帯で電話をしているときミュンがミャオ-とないたので奥さんに携帯から聞こえたみたいでないていました。子供のように可愛がっていたのでしょうね・・・・何度も何度もお願いします、お願いしますといっていました。大丈夫だからミュンちゃんはうちができることはするからといいますと「今まで黙っていましたがまだ私達のこともまだ済んでいないのでミュンのことは何もしてあげられない。」とはじめて弱音が出ました何度かお伺いしていてもご夫婦で気丈な方で弱い所を見せない方でしたがまだお金がなく破産も出来ない、弁護士に相談をしようと思っても最初の一回は(だいたい30分位の時間です)無料ですが2回目からは有料になり相談にもいけないと胸のうちを話してきました。私も切なくなってしまい、
「何でもっと早くお金がなく破産も出来ないといわなかったの、何とか相談できる弁護士さんのところに一緒に行って上げたのに、相談にも乗ってあげられるからご主人と相談して電話してきてね。」と言っていました。「袖すり合うも多少の縁」といいますね、競売のご縁ですが私ができることはさせて頂きたいと何時も思っている世話焼きおばばです。

投稿者 yuriko : 21:07 | コメント (0)

2008年03月30日

人と人のつながりは(ご縁)ありますね・・・・

 去年の7月に羽生駅前にお店をオープンしまして九ヶ月がもうすぐでたちます。おかげさまでお仕事も今のところ順調に行っています。
 皆様に「よくがんばりましたね。」とか「偉いですね。」とか言われます。が・・・・・
私はちっともがんばっていないのです(これは本当です)。家族がとくにおとうちゃんががんばってくれています。私は好きなことをしているだけで目標もありませんしこのままで十分と思っています。
 でも何時も思うことがあります。「ご縁。」だなーと・・・・・
ここのお店もそうでした、駅前のルートインホテルの前の物件の購入の話しを進めていました。そして金額も決まり、後は契約となりかけた所、持ち主の方が知り合いの不動産業者の方を中に入れてくださいと言われOKといいました。ところがその不動産業の方が中に入ってきましたら急に一坪あたりの金額が高くなりましたので「なんでこの金額になるのですか。」と聞きましたら「東京の方から電話があり、この金額までならだせると言われた。」と言うのでいくらなんでも高すぎるのでお断りしました。(ここの物件は1年以上経つのにまだ売れていません。)ガッカリしていましたら、今あるお店の話しが飛び込んできまして紆余曲折はありましたがお店として一番良い場所にご縁が出来ました。
 今だから言えるのですがご縁はあります、いくら欲しい欲しいと思ってもダメのときはダメ、恋愛と似ていますね。ご縁があれば向こうからよってきますね。でも何時も勉強とアンテナは高く持っていましょう・・・

投稿者 yuriko : 11:42 | コメント (2)

2008年03月22日

自分の物であって自分の物でない・・・

 昨日、今日,くしくも3人の大家さんが私どものところをたづねてきていただきました。皆さん空室に悩んでいて、3年、4年と空室になっています。
 私は何時ものとうりアパートに案内してもらいましたところ何時ものごとくおへやのクリーニングはしてありませんでしたしアパートの周りは大家さんの趣味が優先していて入居者には居心地のよい雰囲気ではない様に感じました。これでは入居者は入居しなくてあたりまえと思います。
 アパマンは確かに大家さん名義ですから大家さんの好みにしてもよいのですがそれでは自己満足になってしまいます。アパマンは自分の物であっても入居者の物と思うことです。
 たとえアパマンの敷地の隅がいっぱいあいていてもお芋を植えないでお花を植えてください。
クロスも個性的なのは良いのですがトッピョウシもない色は使わないほうが良いと思います。
    はなるべく明るい色にしましょう。
 今一度言います・・・アパマンは自分のもであって自分のものと思うな。入居者のものです。
              大家さんの自己中にならないこと・・・・・

投稿者 yuriko : 23:48 | コメント (0)

2008年03月13日

譲られてしまいました、嬉しいやらショックやら・・・?

 今日は午後、全賃貸新聞の座談会がありました。13:07の電車に乗って秋葉原についたのが15:00近くになっていました。集まった大家さんは全国賃貸新聞フエアーで講演をする大家さんが5人集まりました。全賃貸新聞からは伽藍代表取締約社長、西岡取締役編集部デスクが出席しました。終わりが16:00頃になり、終わってから浅輪さんと近くの喫茶店でお話しを(意見交換と浅輪さんの本の出版の件に関して)して電車に乗って帰ってきましたが・・・・
 そのことは帰りの電車の中でおきました、秋葉原から北春日部行きに乗りまして途中の新越谷で久喜行きの電車に乗り換えました、電車は立っている人がまばらにいるくらいの混み具合でしたので私は飛び乗ってその方の前に立ちましたら席に座っていました若いお嬢さんがすかさず立ち上がって 
   「どうぞ」  と私に席を譲ってくれたのです。思わず  「私ですか.。」  と声に出てしまいましたら 「どうぞ。」 といわれましたので「「いえ、大丈夫です。」 といったのですが女性の方は立ち上がって移動しましたので私が座らなければこの方は嫌な思いをするだろうか?、ここで私がたったままでいたらこの若い女性はもしかしたら二度と席を譲らなくなるのだろうかとか一瞬の間に頭のなかをよぎりましたら 「ありがとうございます。」 と言う言葉が口からついて出て座っていました。
 まだこんなに親切な方がしかも若い方がいるのだと思う嬉しい気持ちと私はまだ席を譲られる年ではないと言う気持ち(少しショックです)が入り混じった複雑な気持ちでした。
 何時も感じますがこの方より若いハツラツと?した社会人の男性の方は何人も座っていますががそんな場面に出会えることはまれになりました・・・・寂しいことですね。
 今日うれし、かなしい日でした。
 それと帰りの電車の中でお隣に座った女性の方と(その方はせんげん台駅で降りました)話しに花が咲き楽しいひと時を過ごしました。電車の中って世の中の縮図のような所ですね。

投稿者 yuriko : 21:15 | コメント (0)

2008年03月12日

いろんな人がいますね・・・

 昨日は前回、競売で落札しました戸建ての中を鍵を開けてもらい(鍵屋さん)大工さんと室内を見てまわりました。その前日にはシロアリ業者に見てもらいましたらやはり古いだけありまして少しシロアリがいましたので消毒をしてもらうことにしましたり塗装業者さんに外壁を塗装してもらう相談をしたり朝7時から忙しくしていました。
 午後は明日、(3/12)税理士の先生が着ますので(申告のため)帳簿の整理をしていましたらご相談のがいらっしゃいましたのでお話しを聞いていました。20年前にお家を建てたときの資金をご自分で全額出したのに半分ご主人名義になったことを今も納得できずにいろんな所に聞いてまわってご自分が納得できる答えをどなたかが見つけてくれるのを探している方でした。2時間半のお話しを聞きまして私がお答えしたことは 「お手紙をお書きになったらいかがですか、今も私はあのときのことをこう思っている、そのことが今でも私の心を傷つけていること、ただし、最後に必ず 「お父さんが大好きですよ、何時までも一緒にいたい」 ということを書いたらいかがですかとアドバイスしました。
 次の方は床屋さんのチェーン店を展開している方でした。この方は前にも一度きていいただいている方です。床屋さんも昔ほど今は楽な仕事ではないのですね、でもこの方は良い意味でお仕事を軌道に載せていらっしゃる方です。そんなかたでも今はうまくいっていますがやはり波があるので基盤となるものがほしいということでの相談でした。
 やはりうえに立つひとは何時も前を見ているのですね、この方は仕事がうまく行っていてもおごらず気を引き締めて常に危機管理にはどうしたらよいか考えていることがすごいです・・・・
 NHKの時もそうでしたがすごい方はどこにでもいますね、風鈴の職人さん、トラックの運転手さん、塾の講師、自分の仕事にほこりを持っている方、前をむいて仕事をしている方とお話しをさせていただくと楽しいです、そして良い刺激になり、自分もがんばらねばと思います。

投稿者 yuriko : 21:04 | コメント (0)

2008年02月26日

教育について少し考えさせられました。

 昨日は韓国のイ ミョンパク新大統領の就任式でした。ラジオで(事務所にはテレビはありません)韓国の教育熱心さについて話をしていました。少しでも良い大学に行ってよい会社に就職することは自分のためならず家族の父、母のためと言っていました。(間違っていましたらごめんなさい)
私は学歴を今まであまり気にしていませんでしたが(21歳から主婦 でした)ハローワークに行ったとき高校中退=中卒といわれたちきはショックでした。世の中学歴は関係ないといいますが、世の中違うと思うことはあります。たとえば資格を取得するときは高卒以上とか大学卒業以上とか・・・・
 とくに学歴は関係ないといっている?国の偉い方々の国家公務員は歴然とした学歴社会ですね・・・・?
本人の力ではどうにもならないこともあります、とくに金銭的な問題は子供にはにはどうすることも出来ないと思います。そんな子供達のため息が聞こえてくるようでやるせないです。
 実際、高校からの大学への推薦が決まっていましたが両親が破産することになり大学を諦めました。
私がお世話をさせていただいたかたのむすこさんです。切ないですね・・・
 

投稿者 yuriko : 06:24 | コメント (1)

2008年02月16日

昨日は半蔵門に行って来ました。

 昨日は羽生~半蔵門に行って来ました。私が半蔵門まで出てゆくのですから到着するのか本人も心配なくらいの方向音痴です。電車の中は通勤の方でいっはいでした。朝の通勤ラッシュは女性専用列車はお化粧している女の子は1~2人はいますね。いつもすごい技術と思いながら見とれているのがまつげのカールをする器具をまつげをはさんでカールさせるときです、電車が揺れるのにまぶたをはさまず、まつ毛がをよくカールができるものと感心しています。(隣の私にはお化粧の臭いがきつくてたまりませんでした。)皆さん若い方はお化粧をしなくてもきれいですね、でも、もっときれいになりたいのですね、きっと・・・・
 帰りはすいていました。お昼を過ぎた所ですので駅の構内で何かお昼と思ったのですがうまい具合に電車が丁度よく乗り換えが来るので羽生駅までテンポよくついてしまいました。
帰りの電車はいつものことですが何で携帯で話しをしているのか、携帯で話しをしているのは若物よりおじちゃん、オバちゃんと感じます。ビシッとスーツで決めている営業と思われる2人ぐみの方の上司の方が携帯で長いこと話しをしていました、いくら車内がすいているといっても(仕事のお話しかな?)NGですね、それからシルバーシートに座っているおばちゃん(私のことかな?すみません)すいていたので一番はしに座りましたら向の座席に私くらいのオバちゃんが携帯でメールをうっていました。シルバーシートは携帯の電源を切ってくださいとガラスにステッカーがはってあります(読めないのかなー?)誰も座っていないからと思うのでしょうがメールを打つのであれば他の座席がいっぱい空いていますのでそちらの席でメールを打てばよいことなのに・・・?と思いながら見ていました。私はお隣に座ったかたなどは注意しますがたって歩いていってまではおせっかいが過ぎると思い、しません、(娘にお母さんはいつか刺されるね、子供は立派に育ったから安心して刺されていいよといつも憎まれ口を言われています)皆さんは見て見ぬ振りですか、注意すると言うことは自分も気をつけるということです。別の日に電車に乗ったときお母さんと小学4~5年生ぐらいの親子が座っています前に立ちました、お母さんはメ-ルをしています、隣の息子さんと話しながらです、息子さんの携帯がなりました(場所によりマナーモードにすることを親は教えるべきです)電話で話しをはじめました(父親かな?)隣の母親は何も言いません、子供さんは電車の中と伝えているのに相手の父親らしき人も電話を切りませんのでおせっかいオバちゃんの私が子供さんに  「電車の中よ、携帯はだめなのよ。」 と言うと隣のお母さんが「うるさいおばさんだからきりな。」といったのです(言われた私はビックリ、ビックリ)言わなかったほうが良かったのですか・・・少しショックです。世の中、色々な人がいます、何日か前にNHKのテレビの方が見えて教育とはについて少し私なりのお話しをさせていただきましたので尚更、考えさせられてしまいました。
 
 

投稿者 yuriko : 22:11 | コメント (1)

2008年02月10日

昨夜の雪はすごかったですね・・・

 昨日は朝、早かったので夕方、少し仮眠をとリました。少しでもウトウトすると体のくたびれが取れますね(年ですねー)。夕方からすごい雪が降ってきました、見る見るうちに5㎝ぐらい積もりました。今年は雪がよく降りますね、雪の当たり年ですか・・・?。午後、遅いお昼を取ろうかと思っていましたらお客様がいらっしゃいまして入り口でモジモジしていますので「お上がりください。」と声をかけましたら、本を見て相談に来ましたとのこと。
 私も予定がありましたのでそれまでの時間でよかったらと言うことでお話しを聞かせていただきました。ローンの額が大きすぎて息子2人に迷惑をかけているとのこと、私の本に書いてあるように無理をしてローンを組んではダメですねとのことでした。お家やアパマンのローンを組むとき、どうしても無理をするわけではないのでしょうが良いことばかり考えてもしもの時のことはあまり考えなくなってしまいます。
もしものことを考えたら何もできなくなりますが、それをいつも頭の隅において行動しないと(借入)アクシデントがあったときガタガタと崩れていってしまいます。
 アパマンを購入するとき、御主人は攻めることを考えますが奥さんが家族を守る役をしたらいかがでしょうか。そんなことを考えた一日でした。

投稿者 yuriko : 08:30 | コメント (0)

2008年02月05日

朝は静かです。

 昨日は一日、バタバタしていました。雑誌の取材の方が雪の影響でAM9:00が11:30過ぎになりまして夜8:00までバタバタしていました。主人も雪のためリホームがストップしてしまい、入居者様が待ってくださっているのに仕事が進まないため、少しでもと思い一人でペンキをぬっていました。(火の気が無いためすごく冷えていました。可愛そうでした、ありがとう)
 今朝はまだ誰もお店にいませんし外も静かです。(路面が凍っているため、車が静かに走っています。
いつも私をはじめ皆さんそうですが今朝みたいに静かにスピードを出さずに車の運転をすれば少し静かになるのですねキット・・・
 お店に出てくるとき、お日様が出てきて道路の上の氷が溶け出し、湯気になり畑や田んぼの中の道路は朝もやで前がよく見え無いほどもやっていました。後、1~2ヶ月もすると道端の草も動き出し、田んぼにはせりが生え(今はまだ小さいです)のびるや蓬つみや菜の花も咲いて(菜の花摘みでよく辛し和えを作りました)春に移っていきます。こんな景色が毎日、変わっていく様子を見える、感じられると言うことは幸せですね。
     後、何回、春を感じられることができるのか50回は無理ですね・・・キット・・・
 そう、思うと一日一日が大切に思います。
     現実は忙しさにかまけてゆとりが無くなり、季節を感じる余裕がなくなります、忙しいという字は心を亡ぼすと書きます、全く、そのとうりです。一日の内のたとえ10分でも心のゆとりを感じて季節をめでるようにします。そうすると心が穏やかになりますね。田舎、大好きでーす。

投稿者 yuriko : 09:00 | コメント (0)

2008年01月31日

今日で一月が終わりですね。

 今日で一月が終わりですね。この間年末で、新しい年が来ると思っていましたら、あっという間に新年は終わり、一月も終わってしまいました。早いですねー。さびしいですねー。
 私ぐらいの年を重ねると後、何回お正月を迎えられるのか指で数えられてしまいます。数えたくないのですが大切な数回の(自分では後50回と思っていますが?無理ですね)うちの一回が終わってしまったと思うともっと時間を大切にすればよかったとと思いながら1月が過ぎてしまったのです・・・・
明日から2月です。2月は1日、今年は得をしています、うるう年なので一日多いいのです。
 その一日をどんな風に過ごすのか考えて見ませんか、一日、本来なら、無い一日ですので好きなことに使いましょう。私はできれば一日寝ていたいです。電話と、携帯電話の無いところで枕もとにラジオをおいてウツラウツラとしていたい。
 私のささやかな希です。

投稿者 yuriko : 19:26 | コメント (0)

2008年01月28日

脳みそがギシギシいっています・・・

 昨夜は明け方5時に寝ました。6時半におきて上里に8時につくために出かけました。お客様の案内です。いろいろありまして、事務所に帰ってきましたのがお昼前でした。
今、浦田健先生の試験を受けるために提出書類を仕上げています。(コンサルタント契約をしたときのお客様への提案書をだします。)それが半端なものでなく家系図から始まり、資産内容、宅地評価、1次相続、相続後の相続税計算・・・etc・・・・・・オバチャンにはたいへんです・・・・・
 脳みそがギシギシいっています。今日、全部曲がりなりにも仕上げて提出しないと落第です。
2/3が講演の仕方の試験です。浦田先生その他先輩の方、一般の方の前でお話しをさせていただき審査があります。お話しの方はオバちゃんですから井戸端会議で鍛えてありますので試験が受かる受からないはべつですが何とかなるかなと思っています。(のんきすぎますか。勉強に対して浦田先生は厳しい方です、)
 学校に行かなくなって何が良かったかというと試験がなくなったのが一番嬉しかった。
それが今になって悩ませられるとは・・・・?脳みそがギシギシいって今夜はチエ熱がでそうです・・・・

投稿者 yuriko : 20:41 | コメント (0)

2008年01月19日

野口塾に行ってきました。

 1/19、16:00~川崎に行ってきました。私の尊敬する方の一人である相続の先生、野口塾です。
TBSのラジオ番組にも出演しまして相続のことについてお話ししました。先生が良くお話しになることを書かせていただきます。(野口レポートより)
 
                驕りはありの一穴
   謙虚さが無くなる兆候
 ○ 時間に遅れだす
 ○ 約束を自分の方から破りだす
 ○ 挨拶が雑になり出す
 ○ 他人の批判や会社の批判をしだす
 ○ すぐに怒り出す(寛容さが無くなる)
 ○ 他人の話しを上っ調子で聞きだす
 ○ 仕事に自信出てきて、勉強をしなくなる
 ○ ものごとの対応が緩慢になってくる
 ○ 理論派になり出す。(屁理屈を言う)
 ○ 打算的になり出す(損得勘定がしみつく)
 ○ 自分が偉く思えて、他人が馬鹿に見えてくる
 ○ 目下の人にぞんざいになる
 ○ 言い訳が多くなる
 ○ 「ありがとうございます」という言葉が少なくなる(感謝が無くなる)
 
 素心塾の池田繁美塾長の「謙虚さが無くなる兆候」です。実に的を射ている14の項目です。
   
  再読してみてください。

投稿者 yuriko : 23:59 | コメント (2)

2008年01月17日

1/17から遊びに行くはずがったのに・・・

 今日から(1/17)ベトナムに行くことになっていました(料金は払込済み)。それが私の先生の浦田健さんと一緒(その他3人)の視察旅行でした。大きい売買契約がありまして急に昨日キャンセルしました。ガッカリです。なぜ、私が仕事を始めたのかといいますと旅行がしたくて働き始めたというのもあります。(動機が不純ですか?)仕事が忙しくなり旅行もいけなくなりました。
 明日は私がコンサル相談(有料)をしています方のアパートの契約後のリホームの下見を兼ねて山梨まで言ってきます。息子の運転で購入する方と3人でドライブです・・・・?
 今日、二件、講演のお話しがありました。2月、3月の講演です。講演は富山と岩手です。
羽生に昨年11月に開店しましたイーオンは200店の協力店が入っている北関東一番の大きさですが私の周りのおばちゃんたちの興味といえばイーオンは時給1300円にもなっていると言うことが一番の気がかりのようです。(隣組集まりの時)私には大きすぎて3階まであるようでは行ってみる前にくたびれてしまいます。羽生もイーオンが出来たことで今までにないほど町全体が電気ショックを受けているようです。口には出しませんが・・・    今日はここまで・・おやすみなさい。

投稿者 yuriko : 21:32 | コメント (1)

2008年01月10日

初めて女性専用列車に乗りました。

 今日、朝、羽生駅から7時前の電車で出かけ、初めて女性専用車両に乗りました。初めてのことなので興味しんしんで回りの女性の方たちを見ていました。もちろんあたりまえなのですが女性しか乗っていませんでした。気のせいかその車両は少しおしろいの臭いが他の車両よりもにきついように感じました。又、このごろはめずらしくもなくなりましたがお化粧をしている方が何人もいました。(5~6人位かな)
 クシで髪の毛を溶かしている女性、鏡で顔をジーと見ている女性、いろいろな方がいて男性の目を気にしなくても良いので皆さん割とリラックスしているように感じました。(いまどき気にしている人はいないですか・・・?)もちろんキチンとした方がほとんどです。
 私の横に座っていた方がイスに座るとすぐお化粧を始めましたので(膝の上に大き目のバックを開けて鏡を取り出してお化粧を始めました。)私は見るとは無しに見ているとその方が「なんですか。」と言われたので余計なことかと思いながらも「お化粧をするのでしたらお手洗いの鏡の前などでおやりになったらいかがですか。」といいましたらフンという顔でソッポを向かれてしまいました。その方は最後までお化粧を終わらせました。特にスゴイ技術だと感心したことは電車が揺れているのにまつげのカールをする器具でカールをするのには拍手です、(本当に起用です)後、アイラインもきっちりひきますし、又、マスカラもきれいにつけてもいました、もちろん口紅も・・・電車が急ブレーキをかけたらどうなるのか心配してしまいます。
 降りていくときは皆さんの顔はオフイスガール(古いですねー)になっています。
我が家に帰ってきてすぐ娘にそのことを聞きました。「あなたはお化粧を電車の中などでやってはいないでしょうね」と・・・してはいないということですがそのことで子供達とひとしきり話しの花が咲きました。
 今はおかしなこともみんながやるようになるとそれが常識になってしまいますね。なんともしがたいことでしょうか・・・・?

投稿者 yuriko : 23:38 | コメント (3)

2008年01月03日

新年明けましておめでとうございます。

 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
今年は今日、初めて事務所に来ました。12/31から今日まで久しぶりのお休みでした。(昨年はお店の場所決め、開店、本の出版、講演などで休み無しでした)
 鳥取から長男も正月休で帰ってきました。明日(1/4)には帰ります。私も明日は事務所を朝早く出かけます。年末にまた問題が起きまして私もはじめての経験ですので体当たりの本番です。(このことは時間がたちましたらお話しできるときも来ると思います。)
 息子が帰ってくるとやはり私も親ですので嬉しく息子の周りをいつもはウロウロするのですが今年は私も久しぶりのお休みなので1日は部屋の片付け、1日は庭の草取り、あとの2日は寝てました。年賀状は今書いています。息子はというと一日部屋で何をしているのか・・・私のうるさい声が無くのびのびしていたようです。
 いつもは私が台所の掃除などするのですが今年は私が忙しく、何も言わなくても娘がしてくれました、毎年やることをちゃんと見ているものですね・・・助かりました。
 昨年は私にとって激動の一年間でした。今年も忙しくなると思いますが、(私は忙しいと言う言葉が好きではありません。忙しいと言う字は心を亡ぼすと書きますので。)心を無くさないように一歩、一歩前に進みます。おばちゃんですので要領よく出来ませんが、よくふみ固めて又一歩、又一歩とすすみます。
 今年もよろしくおねがいいたします。

投稿者 yuriko : 22:54 | コメント (1)

2007年12月27日

もういくつ寝るとお正月・・・

 もういくつ寝るとお正月・・・本当に新年が後4日ですね。
今日は久しぶりに一日お店にいました。(娘がお休みのためです)我が家も年末の大掃除をしなくてはと思っていますがどうなることやら・・・?
 私が子供の頃(中学生頃)学校が冬休みになると年末は家のなかの畳を外に出して細い棒で畳をたたいて掃除をしたものですが今はそこまでやる家はほとんどありませんね。
 又子供の頃、30日は我が家は繭玉をおコメの粉で作り、木の枝の先にその繭玉をきれいにさして神棚や外の外神様などに飾りました。お餅も・白いお餅だけでなく草もち入りや赤いお餅など(赤、緑、白、黄色)色のついたお餅を作りました。
 お餅つきやお正月の飾り物は29日は苦とつながると父親はよく言っていて飾りませんでしたよ・・・
31は一夜飾りといい嫌われこれもだめです。30日に飾れない時は元旦になった日の早い時間に(夜中の12時を過ぎればよいと父は言っていました)飾ります。山から松の枝と竹を切ってきて門松を作りました。家の周りや我が家のお墓までの道まできれいに掃き清めたような記憶があります。
 着る物もみんな(靴下から下着や上着までみんなです。)新しいものを用意してあり、元旦の朝、目がさめたらその新しい着る物に着替え親の前や家族の前に言って「おめでとうございます」と言い、お年玉をもらいそれからおせちをたべてと順序が決まっていましたので子供心にも正月がきたと感じたものです。もちろんお店も3日間ぐらいは休みでしたね。今は年中無休ですね。12/31の次は1/1になるだけで新年も何もあまり関係ないようになりましたね・・・・
 私のお店も30日から1/3までお休みです。その休みの間に大掃除と年賀はがきを書きます。
休みでもあまり嬉しくありませんねー(広島にいる息子が帰ってくるのは嬉しいです。)
 仕事をしているほうが楽だったりします・・・?

投稿者 yuriko : 20:59 | コメント (0)

2007年12月23日

クリスマスですね・・・

 明日はクリスマスイブですか・・・?明後日がクリスマスですね。
 一年の経つのは本当に早いですね、後何日かで今年も終わりです。又一つ年(とし)をいただける(年をとる)時期がきました(生きとしいけるもの全てですね)。本音はもうこのぐらいでいらないかナーというのが正直なきもちです。
 今日、娘が鍋を食べに行くのだといいながら出かけました。若いと言うことはそれだけで楽しいことですね。我が家のクリスマスはいつものとうりの夕飯の後、家族でお茶を飲みながらケーキを食べるくらいでしょうか(特に主人が甘いものが大好きです)これといって何もありません。
 子供達が小さいときはケーキ屋さんに行ってケーキの切り端を買ってきて、オレンジマーマレードやイチゴジャムとマーガリン(食パン用)を何段にもぬって丸いカステラのような台を10センチぐらいの高さまでつくりホイップクリームを泡立ててケーキの回りに塗りつけ後はイチゴを飾ったりチョコレートの裏は平らなのでそこにホイップクリームで字を書いて飾り付けたクリスマスケーキをよく作りました。(子供達の誕生日ケーキも同じです)1個作るのに(直径20センチ、たかさ10センチくらい)金額はイチゴ代を入れても500円ぐらいでした。イチゴ1パックでクリスマスケーキは2個ぐらい作れるのでイチゴジャムとオレンジマーマレードのケーキは定番でした。1000円で家族みんな、クリスマスを楽しみました。
 今ではケーキを買ってきたよといっても主人が喜ぶぐらいです。今の子供達は普段からおいしいものを食べていますのであたりまえになってきているのですね。(子供といっても働いています)
 考えようでは不幸せですよね・・・?おいしいご馳走を食べて(家族みんなで)幸せと言う気持ちが無いですね、私達が子供のときはお正月、クリスマス、誕生日、お盆、子供の日・・・などはご馳走が楽しみでした、「わーいッ、嬉しいな、ケーキが食べられる、ご馳走が食べられる。」と喜びました、本当に指折り数えて待っていました。普段は質素な生活でしたがメリハリがあり、大げさに言うと感動がありましたが、今の子供達は毎日がご馳走で感動があるのでしょうか・・・?
 本当に豊になりました、というより豊になりすぎましたと私は思います、そして貧富の差が出てきていますね(矛盾ですね)、ケーキ1個のことでいろいろ考えてしまいました。

投稿者 yuriko : 17:15 | コメント (1)

2007年12月07日

投稿者のコメントを読んで・・・

 高安様のコメントを読ませていただきました。最後に思わず吹き出してしまいました・・・・
ホントにそうですね、携帯会社にづーと使っても使わなくても基本料金は支払いつづけるのですね?
 私もよく皆様にお話しするのですが私の場合は賃貸ですので土地や建物(自宅、アパマンその他)は国が胴元ですよと、税金と言う名目(固定資産税、取得費、登記、印紙)家賃(地代)を支払います。
 国には勝てませんと・・・・ もちろん売却したときも税金がかかります。
持つということは高安様のおっしゃるとうりですね・・・・・携帯までは気が付きませんでした。
 朝から楽しいコメントありがとうございました。
 
 

投稿者 yuriko : 08:29 | コメント (0)

2007年12月04日

私の心のあり方として尊敬する・・・・

 私の心のあり方として尊敬する師の一人に野口先生と言う方がいます。その方は不動産業をしていますが相続関係のお仕事が多いかたです。
 そのかたを囲んで勉強会を毎月1回、川崎でしています。毎回10人から20人くらいの仲間が集まり(不動産業では東京初め横浜、埼玉、千葉、関東一円で大きく、しっかり、信頼のある方(社長)たちばかりです。勉強会の後は懇親会で近況報告や楽しい本音の勉強会をしています。懇親会には女性はいつも私一人です。(回りの男性には私はおんなでなくへんなになっているんです・・・・・笑)
 野口先生は口癖のように私達塾生に言います。
  「相続は譲った方が必ず幸せになります。親からもらうのはあたりまえと思わず長男がゆずる、(家督を継いだ人が他のみんなにも譲る)譲った人が必ず幸せになる。
  「どちらにするか迷ったら自分が損をするほうをとりなさい。間違いがなくなります。」
 野口先生はいつもニコニコしています。損得で仕事はしません。相続を受けた人が幸せになるように考えます。もらった人(相続を受けた人)が必ず幸せになるとは限らない、もらわない幸せもあるといいます。私もそうだとおもいます。(最初はもらったほうが(財産)しあわせになるものと思っていました。)
 幸せはたらいの水です。モットモットとこちらへ手で寄せれば寄せるほど脇から逃げます。向こうへ(相手へ)やればやるほどこちらへ帰ってきます。
 なかなか難しいことですが野口先生のお顔をみて何時間かはそんな気持ちになります。でもまたいつもの強欲の私に戻ります。そんなことを何回か繰り返していますと心やさしき時がほんの少しづつ伸びていくのがわかります。でも家に着く前にいつもの強欲の私にもどり主人にきついことをいってしまいます。(ゴメンナサイ)
 今月も勉強会に行きます。我が家までやさしい気持ちが続いて主人にありがとうの一言がいえますように・・・・?いつも思っているのですが・・・・・感謝、感謝ですね。
 
 

投稿者 yuriko : 20:52 | コメント (1)

2007年11月28日

消えてしまいました・・・・

 今、2時間かけて書いたブログを操作を間違って全て消してしまいました。
 何ででしょう、モーいやです。向いでネットを見ていた息子が、一言「バカが、又、同じことやっている。」   なんど同じことをやっているか・・・?(自分がいやになります)
 アナログ人間には難しすぎます。今日は終わりにします。又明日きょう、書いたことををかきます。
   尊敬する野口先生の野口レポートを書き写します。
         くたびれました。

投稿者 yuriko : 00:31 | コメント (1)

2007年11月18日

電車のなかで

 平間に相続の勉強に行って来ます。羽生~平間の間の電車の中で色々なことが出来事がおきています。女子学生の楽しそうな大きな笑い声が聞こえたり、おばちゃんたち(私の年代の方達が多いように感じます)大勢の話し声、男の方が股を開いて(2人分ぐらい)ドカット座っていたり、あまりよいことは無いように感じています。若い方だけでなく私ぐらいのお年の方もマナーは良くないですね。(私も気をつけないといけませんね。)
 その日はチョッと違いました。電車が駅に止まり、杖をついた、おばあちゃんが2人と若い(40?才位)女性が(合計3人)乗ってきました、座っていた若いカップルの方がすぐ席を立ち、どうぞと席を譲りましたので(このカップルも見たところいまどきのファッションでジーパンの膝は穴があいていて、女性はお臍がみえるのではと思うような洋服でした。)おばちゃんは「ありがとう。」といってすわり、そうしたら近くに座っていた鼻ピアス、耳ピアスの若い男の子がおばあちゃんの荷物を持っていた女性の方に「どうぞ。」と席を譲っていたのです、それがすごく自然な感じで(この若い方はいつも自然に譲っているんだなと思いました。)席を立って声をかけ、譲ったのです。また、譲られた女性の方も
 「ありがとうございます。」と丁寧に御礼を言って座りました。この光景を見ていて、わたしもこの方たち6人にありがとうと心の中で御礼を言いました。人間格好ではない、若い人はと言うけれど、この方達の周り(電車の)にはパッリとした背広を着たビジネスマンやブランドのバックをもった老若男女がたくさんいましたがみんな見てみぬふり、(私も含めてです)まだまだ、日本も捨てたもんではないと思い、電車のなかがなんとなくやさしい気持ちにつつまれていたような気がしました。

投稿者 yuriko : 10:53 | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月17日

「扶養家族が増えました。」に猫(カイ)の画像UPしました。

「扶養家族が増えました。」に猫(カイ)の画像UPしました。
すごく元気です。男の子でやんちゃです。おすましした画像も後日UPします。
初めてですので、皆さんに画像がうまく見れるか心配です。

投稿者 yuriko : 20:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日

扶養家族が増えました・・・

 10日ほど前に主人が今リホームをしています、アパートの近くでうずくまっていた子猫を拾ってきました。死んでいるのかと思ったそうです。
 子猫は尻尾の半分が腐っているらしく腐った臭いがしていました。体にのみがいっぱい、水を飲む力もないほど弱っていました。次の日にあおぞら動物病院(羽生市)に連れて行きましたが体力がなく尻尾の切断手術は出来なく、3~4日、点滴をしてからの手術となりました。手術をしてからしばらくたちますが今はカラーを首に巻いたまま元気にじゃれています。今日、病院にいってきましたところ、16日の金曜日に抜糸になります。そこから2~3日で首のカーラーがとれます。
                名前は海(かい)と命名、オスです。
 娘が「人間に生まれたということは幸せなことなんだね。」といっていました。
同じ地球の上に生まれたのに人間に生まれたのと動物に生まれたこととの違い、又同じ人間でも生まれるとき国を選ぶことは出来ません。国によっては生まれたときから戦争をしていたり貧しかったり自分の力ではどうしようもないことです。地球も地球の上に生きとし生けるものを乗せていますが人類が他の動物より少しばかり知恵があるために人類の作ったおきてで動いている・・・?
  娘の一言で考えさせられた一日でした。 

投稿者 yuriko : 11:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日

電車にのっていて・・・

 ここのところ電車に乗って出かけることが多くなりました、そんな時、電車に乗っていて気になることがいくつかあります。
 一つは携帯電話です。本当に多いですね、電車の中で携帯で話しをする人が・・・?携帯電話をかけている人は社会人の立派な(?)大人が多いですね、携帯をかけている人の自分の子供にも同じことをしなさいと教えるのでしょうか?
 二つ目は特に男の方に多いのですが、座席で足を組む人です、隣に座っている人に靴の裏側を向けていますね、向けられている人はどんな気持ちでしょうか・・・?
 三つ目はこの前、電車に乗っているときに目にしたことです、席に座っていた中学生の男の子(見たところ特別学級の学生さんに見えました)が前に立った50歳ぐらいの男性に席をどうぞと席を立って譲った所、男性の方が手を振っていいよ、いいよと断わりました、譲った中学生の男子も席にすわることなく気まずくなり別のところに行ってしまいました。私は見ていて、譲られた男性もまだ若いと思ったのでしょうが学生さんの気持ちを汲んで座ってあげたらナーと思いました。、この席を譲った学生さんもこれに懲りて二度と席を譲らなくなるのではないでしょうか・・・?なんとなく割り切れない気持ちがしました。
 四つ目は女性です。電車の中でお化粧をする人です、若い人が多いいように思いますが、このあいだは親子で電車の中でお化粧をしていたのにはビックリしました。朝、グリーン車に乗るとお化粧をしている若い人が多いですね、当てはまらない人もいますが。(笑)
 お化粧をしている人に、お聞きしたいですね、人前で下着をつけますか?と、それと同じように恥ずかしいことですよと・・・?今は恥じらいがなくなってきたのですね・・・?
 まだまだありますが又書いてみたいと思います。
   マナーは私も気をつけたいと思います・・・?  でも電車に乗ると眠くなりますね。(私だけですか・・・・?)
  

投稿者 yuriko : 21:37 | コメント (0) | トラックバック (0)