プロフィール

鈴木 ゆり子(すずき・ゆりこ)
1950年、群馬県生まれ。東武伊勢崎線の羽生駅西口前に、不動産の賃貸・売買・仲介・管理を行う店舗をオープン。

2007年8月ダイヤモンド社より「専業主婦が年収1億の大家さんに変わる方法」出版

INDEX

最新記事一覧

月別アーカイブ

リンク

コメント


« 鈴木ゆり子のチョコット一言 | BlogTop | NO3 おばちゃん大家の鈴木ゆり子です。 »

2017年02月28日

NO2 おばちゃん大家の鈴木ゆり子です。

ふと思いついた独り言 

少し時間が空きましたが続きを書いていきます。
NO2
アパートの草取りや掃除をしていて少し入居者さんと親しくなってくると「大家さんていいね、すごい儲かって?」とよく言われます・・・そこで自分の身支度を見てください・・・高そうな車に乗って、アパートの点検や用事を済ませに行っていませんか・・・入居者さんはそれを見て「アッ、俺の家賃がいい車になった。」とか「大家さんはいいよな・・・家賃であんなにいい生活ができるんだ。」とおもわれるのです。そうすると、トラブルが起きた時にうまくいく話がうまくいかなくなることもあるのです・・・だからそれなりの身支度で行ってください。入居者さんと同じくらいの身支度・・・格好をしていくかちょっとしたくらいの身支度が一番です。私みたいに「割烹着」に「麦わら帽子」が一番です、この支度ならただ立っていているだけでも仕事をしているように見えます。トラブルの時も割烹着で行きます。割烹着で入居者さんのところに「どうしたの・・・何かあったの?」と行くだけでも「アッ、おばちゃん」となってわりと話がスムーズにいきます。・・・NO3に続く。

投稿者 yuriko : 2017年02月28日 11:55

コメント



コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)