プロフィール

鈴木 ゆり子(すずき・ゆりこ)
1950年、群馬県生まれ。東武伊勢崎線の羽生駅西口前に、不動産の賃貸・売買・仲介・管理を行う店舗をオープン。

2007年8月ダイヤモンド社より「専業主婦が年収1億の大家さんに変わる方法」出版

INDEX

最新記事一覧

月別アーカイブ

リンク

コメント

  • 風邪を引いてしまい・・・
    めぐこ(05/07)
  • Kさんからメールが来ました。
    Tsuruya(04/15)
  • 先ほど野口塾から帰ってきました。
    武本真樹夫(03/23)
  • 今日もいろいろな方が来店しています・・・
    香川県ママ(02/13)
    さゆみ(02/23)
    カレラクーペ(02/26)
  • 今から浦和へゆきます。
    Mi(02/17)

« 2/24はNHK(BS)のスタジオ収録に行ってきました。 | BlogTop | 金魚の子供が・・・・ »

2010年01月28日

今日のお客様は何年か前の競売で落札したお客様です。

仕事関連 

 今日の19:00過ぎに一戸建てのお家の賃貸の更新に来店した方は4年前に私のところで一戸建てを落札しましたお家の持ち主だった人です。その方にズーっと借りていただいています。
 とてもよい方で仕事やその他色々なことが重なってしまい競売にお家がなってしまい私の所が落札したのです。そのままお家を借りていただいているのですがもう4年になりましたので(更新のために来店しました)私がそれとはなしに話をしました。
 「〇〇さん・・・どうですか。生活はうまく行っていますか・・・」と言うと「はい、おかげさまで・・・」
私が「〇〇さん、4年前にお話しした家を買い戻すと言う話は覚えていますか」と言うと「ハイ、忘れません」と言うのです。話の中であと2年ぐらいしたら何とかしたいとのこと、お陰様で競売のことは子供にも近所の方にもきずかれずに特に子供に嫌な思いをさせずに済んだことが本当に良かった・・・「鈴木さんに落札されたことがもう一回のチャンスをもらえたと思っている」と言われたことが最高のご褒美です。私にすれば競売と聞くと汚く金亡者が集まると思われがちの事にも少しは世の中のお役に立ててもらえることが本当に嬉しいです。「〇〇さん・・・2年後にはお家をぜひ買いもどしてくださいね・・・楽しみに待っています。」 
 本当は競売になった物件全部を落札したいのですがそんなお金も時間ももありません・・・少しのお金と時間でご縁のあった方が先ほどの〇〇さんのように何年かしたら又もとのさやに戻ってもらえることになったら本当に嬉しいことです。「相手にも喜んでもらい、私も少し儲けさしてもらう」こんな良い仕事はないですね・・・〇〇さんありがとう・・・もう少し頑張ってくださいね、奥様にもよろしくお伝えください、・・・

投稿者 yuriko : 2010年01月28日 22:20

コメント

大家さん冥利に尽きますね。
ゆりこさんや旦那様の人徳のなせる業だと思います。
私もゆりこさんのような誰かの役に立ったり幸せを手助けできる大家さんになるのが目標です。
外はまだまだ寒いですが心の温まるお話で私もやる気が出ました。

投稿者 大家ママ : 2010年02月04日 23:21



コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)