プロフィール

鈴木 ゆり子(すずき・ゆりこ)
1950年、群馬県生まれ。東武伊勢崎線の羽生駅西口前に、不動産の賃貸・売買・仲介・管理を行う店舗をオープン。

2007年8月ダイヤモンド社より「専業主婦が年収1億の大家さんに変わる方法」出版

INDEX

最新記事一覧

月別アーカイブ

リンク

コメント

  • 風邪を引いてしまい・・・
    めぐこ(05/07)
  • Kさんからメールが来ました。
    Tsuruya(04/15)
  • 先ほど野口塾から帰ってきました。
    武本真樹夫(03/23)
  • 今日もいろいろな方が来店しています・・・
    香川県ママ(02/13)
    さゆみ(02/23)
    カレラクーペ(02/26)
  • 今から浦和へゆきます。
    Mi(02/17)

« 昨日はMD市まで行って来ました。 | BlogTop | 朝、早くの掃除はさすが・・・ »

2009年12月19日

やっと出来上がってきました。

仕事関連 

 競売で戸建を落札したのが去年・・・落札したもののいつものようにおとうちゃんは大反対・・・オレは絶対やらないぞー(リホーム)と言いながら見に行くと「何だ、あの物件は部屋の中がひどすぎる・・・」「臭いがすごすぎ・・・」その他言いたい放題でした・・・でもここはジッと我慢我慢・・・と思い、色々の手続きをやっていました。やっと解決してお家の中の片付けです・・・もちろん主人は手伝ってくれません・・・私と何人かで片付けます・・・やっと部屋の中はきれいになって今度はリホームです、ここからは主人が居てくれないとどうにもなりません・・・何とか、かんとか(おだてたりすかしたり)こちら側に引っ張り込んで文句がぶーぶーですがリホームをやってくれはじめたら結構思っていたより良い物件に仕上がって貸すのではなく売ったほうが良いと主人は言い始めました(それほど思っていたより良い物件になりました)。でも私の仕事は大家ですので私は貸すことに決めています・・私も貸すのにはもったいないと思うほど良く出来上がりました・・・。
 いつも思います・・・私だけではうまくいかないことも主人が居ることでうまく行きます(結構疲れる所もありますが)。一人でやったらもっと楽かなと思う時もありますとくに喧嘩したときなどはそう思ってしまいます・・・リホームは今の仕事をしている限り絶対必要です、リホームが要(かなめ)です・・・その要のりホームを安心して任せることができるお父ちゃんが居ることでうまく行きます・・・こうして物件がきれいに出来上がってきますとやっぱりおとうちゃんだなと思います(なんて現金な私でしょう・・・さっきまで一人が楽なんて思っていたのに・・・)。
 いつもお父ちゃんは私に言います、「お前は何にも出来ない・・・パソコンはからっきしだし、計算もミスってばかり・・・できることはおしゃべりだけだ・・・スズヨシのことをどうもって行くのか考えたことがあるか?」と・・・あと何日かで新年になりますね・・・おとうちゃんは又必ず言います「スズヨシの今年の目標を作れ」と・・・40年間会社づとめをしてきた主人は毎年目標を会社で作ってきたのでしょうね・・(作らされたのでしょうね)・・・でも主婦だった私は40年間家庭で主婦の専門職です。家庭の主婦には目標はありませんでした、(ひとつの目標をクリヤしたら又その上の目標を目指すのでしょう・・・家庭でそんなことしてたらクタビレてしまいます・・・だれも家に帰ってこなくなります・・・)しいて言えば「家族の健康と笑顔」でした。毎年毎年、主婦は同じ目標です・・・会社員の主人とは考えがそこの所では合うわけがありません・・・主人がまた一人でカリカリするんでしょうね・・・それを見ていた娘が一言・・「あなた達、夫婦は割れ鍋に閉じ蓋だね・・・」と・・・

投稿者 yuriko : 2009年12月19日 18:00

コメント



コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)