プロフィール

鈴木 ゆり子(すずき・ゆりこ)
1950年、群馬県生まれ。東武伊勢崎線の羽生駅西口前に、不動産の賃貸・売買・仲介・管理を行う店舗をオープン。

2007年8月ダイヤモンド社より「専業主婦が年収1億の大家さんに変わる方法」出版

INDEX

最新記事一覧

月別アーカイブ

リンク

コメント

  • 風邪を引いてしまい・・・
    めぐこ(05/07)
  • Kさんからメールが来ました。
    Tsuruya(04/15)
  • 先ほど野口塾から帰ってきました。
    武本真樹夫(03/23)
  • 今日もいろいろな方が来店しています・・・
    香川県ママ(02/13)
    さゆみ(02/23)
    カレラクーペ(02/26)
  • 今から浦和へゆきます。
    Mi(02/17)

« アパマンに掃除に行ってきました。 | BlogTop | 契約書をよく読んでいますか・・・・ »

2008年12月22日

今でもいるんですねーこんな業者さんが・・・・

仕事関連 

 この方は何回かお店に訪ねてきていただいていたのだそうですがいつも私は出ているものですから会えずにいましたが昨日はやっと会えましたと言い、相談事を話し始めました。お話を聞いていて思ったことはまだこんなことをしている不動産業者がいるのかと言うのが正直な気持ちです・・・次が大まかな話しです。
 この方には息子さんがいて結婚して子供さんが生まれ、色々なことはあったものの飲食店関係の仕事をしていて真面目に働いていたと思っていたら先日息子さんが入居している不動産業者(管理会社)から電話があり「お宅が連帯保証人になっている息子さんが家賃滞納がありますので支払ってください。」と言うことで聞いたところなんと400万円以上たまっているとの事、保証人のこの方はビックリ、シャックリしてどういうことかと聞いてみたら5年以上も家賃を払っていなかったとの事その間一度も連帯保証人であるこの方に滞納の連絡もなく、まして金額のことも知らされなかったとの事、ある日突然滞納金が払えないのなら公正証書(支払いのための)を作るから○○日に公正証書役場に書類をそろえて来いとのこと、気が動転してしまい私の噂を聞いて何とか力になってくれないかとたづねてきたのだそうです。「更新の時に滞納があるとか金額はこのぐらい滞納があるとか、何か言われましたか。」と聞きましてもこの方は「今の今まで何も聞いていない、初めて聞いたこと。」ということです。相手の不動産業者が言うことには「同じ同姓同名の人がいて気が付かなかった。」ということです。
 ひどい話ですね・・・息子さんも不動産業者さんもです・・・・小説か不動産業者用の試験問題になりそうな本当の話しです・・・何はともあれこの方に公正証書役場には行かないことと、息子さんの入居している所の入居契約書を初回から更新した分の今までの全部の契約書を一枚も残さず(コピーでOK)送ってもらってくださいと伝え又来てもらうことになりました。
 しかしすごいことがおこるものですね・・・このことはまた報告します・・・・

投稿者 yuriko : 2008年12月22日 20:03

コメント

すごいですねー。
400万円ですか。

投稿者 加藤 隆 : 2008年12月23日 20:11



コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)